プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Xinhua Silk Road

Xinhua Silk Road:湿地保全の取り組みが中国南西部・昆明の生態系改善に寄与

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202109069673-O2-2A4d22ES

AsiaNet 91490 (2037)

【北京2021年9月6日PR Newswire=共同通信JBN】昆明は10月に開催予定の国連生物多様性(CBD)条約第15回締約国会議(COP15)の開催都市となり、Dianchi(テン池)湖畔湿地のうちBaofeng(宝豊)湿地が野外展示される。

中国南西部の雲南省は、近年、昆明の湿地を保全するための根気の要る取り組みで大きな生態学的成果を上げてきた。

2003年、昆明は生態環境保護とテン池の生態湿地の総合管理を狙いとする計画を採用した。

2020年までに、昆明市の湿地の総面積は6万2403.27ヘクタールに達し、このうち天然湿地の面積は4万8249.31ヘクタールで、それぞれの保護率は最大69.53パーセントと78.44パーセントだった。

この期間中に、幅200メートルの自律的生態系ベルトが建設され、33.3平方キロメートルの面積をカバーし、その80パーセントは植生で覆われていた。

テン池の生態系の改善は、この地域の生物多様性にも恩恵をもたらし、植物種は232種から300種に増加し、一定の魚類や渡り鳥が戻ってきたことが記録された。

「地球の腎臓」と呼ばれる湿地は、生態系と環境の不可欠な部分である。テン池湿地は、昆明の水保全、生物多様性、地元の経済発展に極めて重要な寄与を果たしてきた。

原文へのリンク:https://en.imsilkroad.com/p/323623.html

ソース:Xinhua Silk Road

画像添付リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=399903
(画像説明:中国南西部の雲南省省都の昆明のテン池のそばにあるYongchang Wetland Park(永昌湿地公園)で働く維持管理作業員の空中写真)

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=399905
(画像説明:中国南西部の雲南省省都の昆明市の盤竜区甸尾村の霧に覆われたメタセコイヤの湿地。2019年1月5日撮影)

中国南西部の雲南省省都の昆明のテン池のそばにある永昌湿地公園で働く維持管理作業員
中国南西部の雲南省省都の昆明市の盤竜区甸尾村の霧に覆われたメタセコイヤの湿地。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ