プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Gordon & MacPhail

「オークの芸術性」:Gordon & MacPhailが世界最古のシングルモルト・スコッチウイスキー用のデービッド・アジャイ氏作品を公開

AsiaNet 91291(1934)

【エルギン(英国)2021年9月2日PR Newswire=共同通信JBN】ウイスキーメーカーGordon & MacPhail(ゴードン & マクファイル)は2日、グレンリベット蒸留所製の世界最古の瓶詰め80年ものシングルモルト・スコッチウイスキーの発売を祝って、世界的名声のある建築家でデザイナーのデービッド・アジャイ(David Adjaye)氏(大英帝国4等勲士=OBE)がデザインしたユニークな宝石のようなデカンターとオーク製パビリオンを公開した。

デザインは、このシングルモルトに込められた芸術性、技巧、気配りを称賛するものである。そのユニークな形状は、実験、忍耐、品質が1895年以来の前進の基盤であり続けた長期のウイスキー熟成の面で限界を繰り返し押し広げてきたGordon & MacPhailの歴史を表現している。

この画期的な発売に関する創作テーマ「Artistry in Oak(オークの芸術性)」は、Gordon & MacPhailを所有する一族の4世代によってオークカスクで丹念に熟成された貴重で希少なウイスキーとその驚くべき発売の両方に対する賛辞を込めている。オークとシングルモルト・スピリッツが80年も一体化していたことはこれまでになく、この歴史的ウイスキーは著名なウイスキーライターのチャーリー・マクリーン(Charlie MacLean)氏が「私がこれまでに出会った実に最高の1つ」と表現していた。

Gordon & MacPhailのEwen Mackintoshマネージングディレクターは「超長期のウイスキー熟成は科学というより芸術だとよく言われる。デービッド(アジャイ氏)が当社の歴史的発売のために生み出したデカンターとオークパビリオンはこの芸術の真の反映だ。プレゼンテーションそのものが芸術品だ。グレンリベット蒸留所のスピリッツを自分たちの生涯の後で楽しめるように、特注のGordon & MacPhailのカスクに蓄えておくという非凡な先見性のあったジョージ・アーカート(George Urquhart)と父親のジョン(John)は、このデザインを気に入っただろう。これは彼らの技術とビジョンに敬意を表するものである」とコメントした。

デービッド・アジャイ氏は「オークは地球から生み出された原材料だ。私はウイスキー作りの不可欠な部分としてその貴重な真価を認めている。この液体をほとんど魔術のような特性を持つ霊薬に変えるオークの役割に敬意を払うデザインを創作したかった」と説明した。

宝石のようなデカンターにはレンズが入っており、濃厚な色の液体に焦点を合わせている。ボリュームたっぷりのクリスタルは重量感と繊細さのバランスをとり、魅力的な立体感を提供している。

アジャイ氏は「液体、重量、形状の穏やかな組み合わせは気配り、責任、緩慢さの感じを引き出す。注ぐと、時間の感覚は消え、分かるのは1滴ずつの貴重さだけとなる」と付け加えた。

クリスタルの単一ブロックから削り出したように見えるデザインで、デカンターの曲線を描く中心部は、超高級デカンターの専門家で同じくスコットランドの同族企業Glencairn Crystal Studioの監督下で熟練職人が個別に手吹きする必要があった。

アジャイ氏は「Gordon & MacPhailの独自の経験と伝統が伝わり、組み込まれる容器を生み出す気でやった。パビリオン外部の垂直の支柱は、オリジナルのカスクの樽材が切り出されたオークの森の木々を反映している。デザイン説明の重要な側面は光と影の関係である。自然の森ではオークの木々を通して陽光が輝き、外装はその陽光を再現するからだ。パビリオンを開く行為は、儀式的で感覚的な過程となる」と言う。

似ているとはいえ、全く同じデカンターは2つとない。工程の複雑さとその有機性の反映である。

オークパビリオンは、南西イングランドのドーセットにある別の同族企業Wardour Workshopsが、そこから5マイル足らずの場所で育ち、持続可能な方法で調達されたオーク材で組み立てた。

WardourのDom Parish共同創業者は「オークは永久的に長持ちする、この素晴らしく耐久性のある品質のものだ」とコメントした。

70clデカンター250個だけが作られた。デカンターの第1号は2021年10月7日、香港のサザビーズ(Sotheby’s)で、枠に入れたオリジナルカスクのカスクエンド、デービッド・アジャイ氏のサイン入りのオリジナル概念図のリトグラフとともに競売される。競売の収益(経費控除)はカレドニアの森林の野生復元を使命とするスコットランドの慈善団体Trees for Lifeに寄贈される。

Ewen Mackintosh氏は「寄付は、オークを含む10万本の希少な土着の木を毎年、種から育てているTrees for Lifeの種苗事業に役立てられる。このウイスキーが何世代にもわたって続くみんなのための遺産を提供するのはふさわしい」と述べた。

デカンターとオークパビリオンの一般展示は、2021年9月上旬からサザビーズのロンドン、ニューヨーク、香港のギャラリーで行われる。サザビーズの2021年Hong Kong Autumn Sales Series内覧会の一環として、Hong Kong Convention and Exhibition Centre(香港会議展覧中心)でも公開される。

GORDON & MACPHAIL GENERATIONS 80 YEARS OLD FROM GLENLIVET DISTILLERY:2021年9月3日に発売

価格相談はgordonandmacphail.comで:http://www.gordonandmacphail.com/

Sotheby’s香港のデカンター第1号競売の詳細はsothebys.com参照:https://www.sothebys.com/en/

Video – https://youtu.be/sSoAVR_8JFc
Video – https://youtu.be/zKzx8h4DLDQ
Video – https://youtu.be/ySw5MhQhDUw
Video – https://youtu.be/8DvUtR-3Q9s
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1600981/Jewel_like_decanter.jpg
Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1600982/Generations_80_Years_Old_from_Glenlivet_Distillery_decanter.jpg

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1600983/Sir_David_Adjaye.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1531008/Gordon_MacPhail_Logo.jpg

ソース: Gordon & MacPhail

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ