プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Dan David Prize

Dan David Prizeが世界最大の歴史賞として再立ち上げ

AsiaNet 91418 (1996)

【テルアビブ(イスラエル)2021年9月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*Dan David Prizeは2022年から、人類の過去を研究する若手と中堅の学者、実務家に対して毎年300万ドルを授与

Dan David Prize(ダン・デービッド賞)は歴史と過去に関する研究を支援する賞として再立ち上げされると、同賞理事会が発表した。この賞は2022年5月から毎年、世界中の若手と中堅の学者、実務家に対して賞金30万ドルを最大で9件授与、人類の過去に関する研究の優れた業績を表彰し、受賞者のその後の取り組みを支援する。これにより、Dan David Prizeは今や世界最大の歴史賞となる。

科学と人文科学における業績を表彰するため、起業家で慈善家の故Dan David(ダン・デービッド)氏が2001年に初めて設立したこの賞は今後、学会の内外で活動する広範な若手と中堅の過去に関する学者を擁護・支援する。

Dan David Foundation(ダン・デービッド財団)理事で同賞創設者の息子であるAriel David氏は「われわれは、科学と人文学における大きな進展を評価、表彰するという過去20年間に行ってきた仕事を誇りにしている。しかし、今は人文学、中でも歴史学分野への投資が減少している。過去を研究することが、現在を理解し未来を構築するためにいかに重要であるかをわれわれは知っているにも関わらずである。こうした理由から、この分野にリソースを集中させ、次世代の学者を育成する触媒として支援することを決定した」と述べた。

Dan David PrizeはDan David Foundationにより授与され、本部をテルアビブ大学に置いている。

2006年のDan David Prize受賞者でチェロ奏者のヨーヨー・マ氏は「われわれの歴史の保全、研究、コミュニケーションはこれまで常に人類文化の中心的な部分であった。私は、Dan David Prizeの新たな道が、次世代の歴史家や活動的な市民の跳躍台となり、彼らが21世紀のこの分野を再定義し、われわれが共有している人間性をよりよく理解できるようにするのに役立つことを願っている」と語った。

新たな賞への推薦は2021年11月1日まで受け付け中。

Dan David Prize(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3274974-1&h=1216097748&u=https%3A%2F%2Fwww.dandavidprize.org%2F&a=Dan+David+Prize )は、世界最大の歴史賞であり、Dan David Foundationにより授与され、テルアビブ大学に本部を置いている。

▽メディア問い合わせ先
dandavidprize@berlinrosen.com

ソース:Dan David Prize

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ