プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

50 Best

The World’s 50 Best Restaurants、ドミニク・クレンさんにIcon Award 2021授与

AsiaNet 91430

Icon Awardは、世界中で認められるという、レストラン業界に類まれなる貢献をした人に送られる賞です

ロンドン、 2021年9月1日/PRNewswire/– 本日、50 Best は、Icon Award 2021をフランス人シェフ、ドミニク・クレンさん に授与します。クレンさんは、ホスピタリティの分野で類まれなる貢献を果たしただけでなく、自身のプラットフォームで認知度を高め、積極的に変革を推進しました。クレンさんはThe World’s Best Female Chef in 2016に指名された他、キャリア全体で記録を残し、将来後に続く仲間の草分け的な存在となりました。

ドミニク・クレンさんは、10月5日、フランドル地方アントワープで開催されるThe World’s 50 Best Restaurantsの公式授賞式(S.Pellegrino & Acqua Panna後援)で表彰されます。

フランス生まれの、サンフランシスコに拠点を置くシェフの尽きることのないグルメへの興味・関心は、24歳で米国に引っ越した後に正式に修行をするようになるまでに、両親から受け継いだものでした。2011年、クレンさんはサンフランシスコでAtelier Crennをオープンし、数カ月のうちに、そのレストランが初めて星を獲得します。2012年、クレンさんはレストランで2つ星を獲得した米国初の女性シェフとなりました。また、Atelier Crennが3つ星を獲得した2018年に、自身が持つ記録を更新します。2019年には、Atelier CrennはThe World’s 50 Best Restaurantsリストの35位にランクインしています。

2019年に乳がんと診断されて以来(現在は寛解中)、クレンさんは、病気の認知度を高めるために自身の健康について公表してきました。ヨーロッパ人とのハーフであるという自己認識に基づいて、クレンさんはBlack Lives Matter in 2020以降、情熱的に活動しています。

The World’s 50 Best Restaurantsのコンテンツディレクターであるウィリアム・ドリュー氏は次のように述べています。「ドミニク・クレンさんは、優れたシェフであり、レストランの店主ですが、それ以外にも、そのリーダーシップ、人柄、もてなしの分野や、社会正義のための無限の運動を通じて人生のあらゆる面で権力に対して真実を語る一人の例です。

ドミニク・クレンさんはこう述べています。「今年、50 Best Icon Awardの受賞者に選ばれましたが、これは非常に素晴らしい名誉です。私の仕事が仲間に認められたということで、誇りと感謝の気持ちでいっぱいです。このプラットフォームを、恩返しをし、次の世代に良い影響を与え、自分自身に正直に過ごし、常に旅を楽しむための機会として活用したいと思います。

メディアセンターの登録およびアクセス先:
https://www.theworlds50best.com/mediacentre/media-contacts

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1601759/50_Best_Icon_Award_2021.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1556362/50_Best_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ