プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Mobileum Inc.

Mobileumが2021年版Gartner(R)Hype Cycle(TM)リポートでサンプルベンダーに指名される

AsiaNet 91366(1964)

【クパチーノ(米カリフォルニア州)2021年9月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*同リポートのタイトルは「2021年プライバシーのハイプサイクル2021」と「CSPネットワークインフラの将来のハイプサイクル」

5Gネットワークセキュリティーは重要なテクノロジーであるとこのリポートは言及し、「5Gネットワークの保護はCSPと企業の優先事項である。それはプライベート展開、垂直アプリケーション、クラウドアーキテクチャー、5Gの大規模なIoT接続が高まることにより、潜在的なDDoS攻撃ベクトルやエントリーポイントといった新たな脆弱性と課題が生じるため」としている。

ローミングとネットワークのサービス、セキュリティー、リスク管理、テスト、監視に向けた分析ソリューションで世界をリードするプロバイダーのMobileum Inc.(「Mobileum」)は、同社が「2021年プライバシーのパイプサイクル2021(Hype Cycle for Privacy, 2021)」(出典1)と「CSPネットワークインフラの将来のハイプサイクル2021(Hype Cycle for the Future of CSP Network Infrastructure, 2021)」(出典2)と題された2021年版のガートナーリポートでサンプルベンダーに指名されたことを発表した。

ガートナー(Gartner)によると、「5Gネットワークの保護はCSPと企業の優先事項である。それはプライベート展開、垂直アプリケーション、クラウドアーキテクチャー、5Gの大規模なIoT接続が高まることにより、潜在的なDDoS攻撃ベクトルやエントリーポイントといった新たな脆弱性と課題が生じるため」であり、さらに「テクノロジー、情報、レジリエンスのリスクを管理するセキュリティーならびにリスク管理の指導者は、プライバシーを最優先事項と考えている」。ガートナーは「2023年末までに、現在より25%増となる世界人口の75%の個人情報が最新のプライバシー規制の下に置かれる」と予測している(出典1)。

MobileumのAvnish Chauhan最高技術責任者(CTO)は「スマートシティーのように、より要求の厳しい5GのユースケースをCSPが収益化するには、セキュリティーレベルを保証する必要がある。これにはコアネットワーク、ネットワークスライス、エッジをはじめとして、強化された加入者IDの保護に至るまで、真のエンドツーエンドな5Gネットワークセキュリティーが必要になる。われわれは、5Gネットワークセキュリティーの分野でガートナーからサンプルベンダーとして指名されたことは通信セキュリティーとリスク管理分野の市場におけるMobileumの指導的地位を高めるものと考えている」と述べた。

MobileumのActive Intelligenceプラットフォームは通信に重点を置いた優れた分析テクノロジーで、ローミング、ネットワークサービス、セキュリティー、リスク管理、テストをサポートする。Mobileumのネットワークセキュリティー製品は5Gネットワーク、サービス、加入者のエンドツーエンドな安全と保護をCSPに提供する。Mobileumのソリューションにより、5G、4G、3G、2G MNOネットワークにわたる下位互換性を確保しつつ、5Gネットワーク間の安全な相互接続が可能になる。Active IntelligenceプラットフォームはSS7、GTP、Diameter、SIPファイアウオールなどのプロトコル横断的なシグナリングファイアウオールにより、5Gネットワークのセキュリティーを確実にする。Mobileumの高度な分析、侵入テスト、SMS Spam Protect、トラフィック異常検知に支えられ、CSPは脅威が発生する前にそれを検知して安全なIoT接続を提供し、ネットワークスライシングのより高いセキュリティー要件を満たし、保証されたQoSとQoEに必要な5Gのセキュリティーニーズを提供できるようになる。

出典:(ガートナーのサブスクライバーは入手可能)
(出典1)Gartner, Hype Cycle for Privacy, 2021, Bart Willemsen, 13 July 2021.
https://www.gartner.com/en/documents/4003504-hype-cycle-for-privacy-2021

(出典2)Gartner, Hype Cycle for the Future of CSP Networks Infrastructure, 2021,
Sylvain Fabre, 12 July 2021.(https://www.gartner.com/en/documents/4003470-hype-cycle-for-the-future-of-csp-networks-infrastructure-2021

▽ガートナーの免責事項
ガートナー(GARTNER)ならびにハイプサイクル(HYPE CYCLE)はGartner, Inc.および/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用している。

ガートナーは、調査出版物に記載されているベンダー、製品、サービスを推奨しているのではなく、テクノロジーユーザーに、最高評価またはその他の評価をされたベンダーのみを選択するよう勧めてもいない。ガートナーの調査出版物は、ガートナーの調査組織の意見で構成されており、事実の記述と解釈されるべきではない。ガートナーは、商品適格性や特定の目的に対する適合性の保証を含む、本調査に関する明示的または黙示的な一切の保証を拒否する。

▽Mobileum Inc.について
Mobileumは、ローミング、コアネットワーク、セキュリティー、リスクマネジメント、国内外の接続テスト、顧客インテリジェンス向けのテレコムアナリティクスソリューションの有力プロバイダーである。1000以上の顧客は同社のActive Intelligenceプラットフォームに依存している。Active Intelligenceプラットフォームは高度なアナリティクスソリューションを提供し、顧客がディープネットワークとオペレーショナルインテリジェンスをリアルタイムのアクションに結び付け、収益を増大させるとともに顧客体験を向上させコストを軽減することを可能にする。Mobileumは、シリコンバレーに本社を置き、オーストラリア、アラブ首長国連邦、ドイツ、ギリシャ、インド、ポルトガル、シンガポール、英国の世界各地にオフィスを構えている。

より詳しくはhttps://www.mobileum.com/ を参照し、Twitterで@MobileumIncのフォローを。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1431792/Mobileum_Logo.jpg

▽有用な問い合わせ先
QUEXOR GROUP INC.
Barbara Henris
bhenris@quexor.com
Mob. +1-(703)-470-9446

Media and Corporate Communications – Mobileum
Sandra Almeida
sandra.almeida@mobileum.com
Mob. +351-939650229

Product Management and Analyst Relations – Mobileum
Carlos Marques
Carlos.Marques@mobileum.com
Mob. +351-939650124

ソース:Mobileum Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ