プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Big Data Exchange(BDx)

Big Data Exchange(BDx)がRed Dot Analyticsとアジア太平洋地域におけるデータセンターの持続可能性向上に関する契約に調印

AsiaNet 91364 (1967)

【香港2021年9月1日PR Newswire=共同通信JBN】アジア全域のデータセンタークラスターBig Data Exchange(BDx)は、Red Dot Analytics(RDA)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3272157-1&h=193308337&u=https%3A%2F%2Fwww.rda.ai%2F&a=Red+Dot+Analytics+(RDA) )と、BDxの施設をデジタル変換して、BDxの効率性と持続可能性を後押しする契約を締結した。シンガポールを拠点とする産業用人工知能(AI)分野のパイオニアであるRDAとの3年間のプロジェクトの第1段階では、中国本土、香港、シンガポールにあるBDxの施設(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3272157-1&h=770500352&u=https%3A%2F%2Fwww.bdxworld.com%2Flocations&a=facilities )での冷却とPUE(電力使用効率)の最適化に取り組む。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1086297/BDx_Logo.jpg

この契約によりBDxは、AI主導のアプリケーションと自動化を統合するRDAのデータセンターソリューション (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3272157-1&h=2598844005&u=https%3A%2F%2Fwww.rda.ai%2Fdata-centres%2F&a=Data+Center+Solution )を活用することで、自社の施設全体の非効率性を特定することができる。その結果、BDxは自社のデータセンターのライフサイクル管理について深いインサイトを得ることになり、エネルギーコストの削減、人的エラーの低減、設備稼働率の向上を実現する。最終的に、BDxは炭素排出量とフットプリントを削減できることになる。これはデジタルのニーズがデータセンターの必要性を増大させ続ける中で重要だ。

BDxのデータセンターの1つがあるシンガポールでは、技術の進歩が特に求められている。シンガポールは、アジア太平洋地域全体でデータセンターのニーズの約60%に対応しているが、政府当局者がデータセンターの持続可能性への懸念に対処する中、データセンターのモラトリアム (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3272157-1&h=3347212774&u=https%3A%2F%2Fdgtlinfra.com%2Fsupply-constrained-data-center-markets%2F&a=moratorium )が実施されている。データセンターは、シンガポールの総電力消費量の7%(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3272157-1&h=2846290256&u=https%3A%2F%2Fwww.datacenterdynamics.com%2Fen%2Fanalysis%2Fcracking-green-conundrum-singapore-amid-data-center-moratorium%2F&a=7%25 )を占めている。これは主に、高温多湿の環境から機器を保護するために使われる、データセンターを冷却するコストが主な原因である。

BDxのJeremy Yew最高執行責任者(COO)は「RDAの人工知能ベースのテクノロジーは、当社のシステムに可視性を提供し、ミッションクリティカルなインフラストラクチャーに必要な安全基準を損なうことなくパフォーマンスと持続可能性を向上させる方法を特定する。エネルギーと運用効率に注力できることは、当社の運用を前進させ、サービス品質を向上させるのに役立つ」と述べた。

RDAは、同社のデジタルツインテクノロジーモデルを通じて、物理的な世界に重要なインフラストラクチャーを構築し、AIベースのアプリケーションを使用してそれを最適化している。 持続可能性と予知保全での同社の進歩により、BDxのようなミッションクリティカルなデータセンター事業者は、より効率的な環境で必要なコネクティビティーを提供し続けることができる。

RDAのチーフサイエンティストであるYonggang Wen教授は「BDxは、データセンター内の潜在的なホットスポットやその他の熱安全性の懸念を特定して防止する、より強力な能力を備えることになる。冷却規制と最適化により、最大5%のPUE最適化を図れることになる。効率の向上により、より持続可能な環境でBDxと同社の顧客のさらなる節約につながるだろう」と述べた。

BDxについての詳細は、www.bdxworld.com を参照。

▽BDxについて
Big Data Exchange(BDx)は、香港、中国本土、シンガポールに施設のあるアジア全域のデータセンタークラスターである。当社独自のハイブリッドクラウド、コネクティビティーとコロケーション・ソリューションは、地域とグローバル顧客のミッションクリティカルなITインフラに比類のないセキュリティーと信頼性を提供している。BDxはキャリア中立なプロバイダーとして、革新的な接続ソリューションを備えたセキュアなハイブリッドエコシステムを企業、OTTサービス、金融サービスなどに提供している。自動化モジュールの使用により、BDxは比類ないレベルのカスタム化を顧客に提供しつつ、物理ラックをパブリッククラウドの作業と同様の容易さで管理できるようにしている。BDxは2019年に設立され、香港に本社がある。詳細については、www.bdxworld.com を参照するか、Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3272157-1&h=2567864125&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fbdxworld&a=Twitter )やLinkedIn(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3272157-1&h=3268541916&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fbdx-data-centers%2F&a=LinkedIn )で当社のフォローを。

▽Red Dot Analytics Pte Ltdについて
Red Dot Analytics Pte Ltd(RDA)は、シンガポールの南洋理工大学から派生した。RDAは、受賞歴のある認知デジタルツインソリューションの商用化に重点を置き、事業継続性と持続可能性のためにデータセンターの運用と管理をデジタル化、最適化、自動化している。詳細については、www.rda.ai を参照。

▽メディア問い合わせ先
Jaymie Scotto & Associates (JSA)
pr@jsa.net

ソース:Big Data Exchange(BDx)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ