プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」を刷新

No.2021-67

発行:2021年8月31日

 

住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」を刷新

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、昨年9月に開催されたGPSNR※1(持続可能な天然ゴムのためのグローバルプラットフォーム)第2回総会にて議決された参加企業に求められる方針に準拠すべく、住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」を刷新しました。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103622/202108319383/_prw_OT1fl_9C9ihx41.png

 当社は、これまでも持続可能な社会の実現に貢献する企業を目指し、2016年10月にIRSG※2(国際ゴム研究会)が提唱するSNR-i※3(天然ゴムを持続可能な資源とするためのイニシアティブ)、2018年10月にGPSNRに参画し、各種活動に取り組んで参りました。

 

 今回、天然ゴムの生産地域における森林破壊による環境問題や、労働環境における人権問題などへの取り組みを更に推進するため、GPSNRのポリシーフレームワークの内容を住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」に反映、刷新しました。

▷住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」掲載ウェブサイト

https://www.srigroup.co.jp/sustainability/genki/integrity/05_3.html#initiative

 

 刷新に際して、GPSNRプラットフォーム・ディレクターのStefano Savi氏から「住友ゴムがGPSNRのポリシーフレームワークに賛同し、公正、公平で持続可能な天然ゴムのバリューチェーンへのコミットメントを制度化したことを喜ばしく思っています。GPSNRには天然ゴムに関係するステークホルダーの50%が加盟しており、住友ゴムをはじめとする加盟企業がGPSNRのポリシーフレームワークを採用したことは、業界全体にとって一歩前進となります。今回の取り組みに他企業が続くことを期待しています」とコメントを頂いています。

 

 当社グループは「持続可能な天然ゴム方針」に沿って、サプライチェーンをはじめとしたステークホルダーの皆様と連携した取り組みを積極的に推進し、天然ゴムの持続可能な社会の実現を目指して参ります。

 

※1:Global Platform for Sustainable Natural Rubber

※2:International Rubber Study Group

※3:Sustainable Natural Rubber Initiative

(ご参考)

■2018年11月16日発行ニュースリリース「「持続可能な天然ゴム方針」を策定」

 https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sri/2018_090.html

 

住友ゴムグループ「持続可能な天然ゴム方針」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ