プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Runway Innovation Hub

エプソンがRunwayと提携し、デジタル変革を推進してイノベーションエコシステムを構築

AsiaNet 91345 (1858)

【サンフランシスコ2021年8月31日PR Newswire=共同通信JBN】セイコーエプソン株式会社(以下、エプソン)は、イノベーションの発想を育み、パイロッティングとパートナーシップのための最先端の技術スタートアップ企業を見定め、世界的なイノベーションエコシステムと強力な関係を構築するため、サンフランシスコを拠点とするRunway Innovation Hub (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3271236-1&h=1797618708&u=https%3A%2F%2Fbit.ly%2F3zMu3R4&a=Runway+Innovation+Hub )と協力する。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1602230/ThisIsEngineering_from_Pexels.jpg

エプソンは同社のオープン・イノベーション・プログラムを通じて、満たされていない顧客のニーズに対応することを使命としている。Runwayは、企業のイノベーションコンサルティングとスタートアップ企業エンゲージメントで豊富な経験を持つパートナーであり、世界的なトレンドをビジネスチャンスに変え、スタートアップ企業を見いだすために選ばれた(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3271236-1&h=836785488&u=https%3A%2F%2Fbit.ly%2F3zTv2z3&a=scout+startups )。

エプソンの執行役員でプリンティングソリューションズ事業本部長の吉田潤吉氏は「Runwayとのパートナーシップにより、当社は、シリコンバレーの考え方を理解し、革新的なスタートアップ企業に効率的にアピールする機会が得られる」と述べた。

エプソンのDX戦略推進部長である中見至宏氏は「Runwayは、エプソンの世界的なイノベーションネットワークにおいて重要な役割を果たしている。Runwayのエプソン向けのイノベーションプロセスの構築に関する専門知識と幅広いスタートアップ企業とのつながりにより、パイロットのスピードが加速した。パートナーシップを継続することを楽しみにしている」と述べた。

Runwayの経験豊富なアナリストと技術研究者のチームは、パンデミックの期間を通してエプソンのスタートアップ企業パートナーシップのパイプラインを育成してきた。この2020年の世界的な出来事にもかかわらず、RunwayとエプソンDXオープンイノベーションチームは、次のような力強い成果をあげた。

*スタートアップ78社を見いだし、分析、評価
*世界6カ国以上のスタートアップ企業と22回以上のミーティングとデモセッション
*11回以上のパートナーシップディスカッション

エプソンのシニアエキスパートでDX戦略推進部課長の小原秋寿氏は「エプソンとRunwayは信頼できるパートナーシップを構築してきた。当社はRunwayのチームと緊密に連携しており、Runwayは当社の戦略的なビジネス目標を理解している。われわれはともに、エプソンの将来のビジネスとともに社内的な考え方も段階的に変革している」と述べた。

成功例の1つは、スタートアップ企業Avatourとの協力だ。同社は研修や検査など特定サイト専用のミーティング向け会議を実施するように設計された遠隔コラボレーションプラットフォームを開発している。同社のソフトウエアを使用すると、ユーザーは環境全体を360度見ることができて相互に対話する実際の場所の共有が可能になるため、遠隔ユーザーはサイトの会議に効果的に参加し、時間と費用を節約できる。

Epson Americaのデジタルイノベーション・ディレクターであるJack Rieger氏は「われわれはそこにあるすべてのものを十分に見ているわけではないこと認識しており、Runwayのような会社と協力することによって未知の可能性がもたらされた。われわれは、新しい市場を開き、当社の製品の価値提案を強化し、ビジネスを大いに成長させる助けとなるスタートアップ企業や企業パートナーを特に探している」と述べた。

エプソンは、グローバルなパンデミックの恒久的な影響を世界が受け続ける中、現在および将来の同社の顧客をサポートするために、リモートワーク、遠隔教育、デジタルコラボレーション、自宅待機、リモート製造のソリューションを共同開発するイノベーターとの協力を模索している。

エプソンとRunwayは2021年まで強固なパートナーシップを継続しており、パイロッティングとビジネスユニットの統合を成功させるために高品質のスタートアップ企業とテクノロジーを調達することを楽しみにしている。コラボレーションを希望の場合は、以下のリンクから詳細の参照を。

▽エプソンについて
エプソンは日本に本社を置く製造会社であり、プリントソリューション、ビジュアルコミュニケーション、ウエアラブル製品、産業用ソリューションを提供している。1942年以来、エプソンのDNAは、効率性、コンパクト、精密技術のアイデアを具現化し続けており、さらに今日ではエプソンのIoTハブにより、顧客はいつでもどこにいてもそこにアクセスできる。エプソンは、教育、観光、医療、防災の顧客が課題に取り組むことを支援している。課題へのソリューションをタイムリーに提供することで、顧客中心の長期的な関係を築き、社会問題の解決を継続的にサポートしている。詳細については、https://openinnovation.Epson.com/en/ を参照。

▽Runwayについて
Runwayはシリコンバレーのイノベーション企業で、グローバルな企業イノベーターとテクノロジー起業家の成功を加速している。Runwayは、40以上のグローバル企業と協力して、新しいトレンドと機会を発見し、戦略的パートナーシップ、投資、買収のために最先端のスタートアップ企業を見つけ出し、新しいビジネスコンセプトを成功裏に導くことによってイノベーションの成果を推進してきた。Runwayは、コンサルティング業務に加えて、20を超える業界の初期段階のスタートアップ企業を育成している。Runwayの350以上のスタートアップ企業は極めて好調で、ベンチャーキャピタル資金で合計25億ドルを調達し、53社の利益回収に成功した。詳細については、https://runway.is/corporate-innovation/ を参照。

ソース:Runway Innovation Hub

▽問い合わせ先
Liz Palisin, +1 (415) 935-8122, liz@runway.is

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ