プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

リフィニティブ・ジャパン株式会社

【XNET×REFINITIV】株式会社沖縄銀行に対するT-Waveの提供開始について

株式会社エックスネット
リフィニティブ・ジャパン株式会社

株式会社沖縄銀行に対するT-Waveの提供開始について

株式会社エックスネット(代表取締役社長:茂谷武彦、以下 「エックスネット」という。)および リフィニティブ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:富田秀夫、以下 「リフィニティブ」という。)は、 証券管理を効率化するT-Wave・XNET連携ソリューションを、地域金融機関向けに提供開始     しました。
地域金融機関の経営環境は、低金利の継続や新型コロナウイルス感染症の影響を受け、厳しさを増しています。将来に渡って地域経済の発展を支えていくために、経営基盤の強化に向けた取り組み、 とりわけ収益力の強化 と 経費削減 が経営課題として注目されています。このような中で、地域金融 機関の証券運用には、運用手法の多様化・高度化による収益拡大と、業務効率の改善による経費削減の両面が求められています。
「T-Wave」は、リフィニティブが提供する株式・デリバティブ等のトレーディング機能をサポートする取引執行管理システムで、エックスネットが提供する有価証券管理システム 「XNET」とシームレスにデータ連携を行うことができるサービスです。T-Wave・XNET連携ソリューションを導入することで、多くの地域金融機関がこれまで電話・FAXを使ってやりとりしていた証券会社への受発注業務がシステム化されると同時に、証券会社から受信したトレーディングデータをバックオフィスシステムであるXNETにそのまま記帳することで、フロントからバックオフィスまでの各処理を一体として管理する ことができます。その結果、業務効率の改善とオペレーションリスクの低減につながり、運用手法の多様化・高度化に備えたオペレーション・フローを構築できます。
エックスネットの第一金融サービス本部長である和田和輝は次のように述べています。「T-WaveとXNETの連携はフロントオフィスとバックオフィスをシームレスに結合し、証券管理の利便性・効率性の向上に大きく寄与します。このソリューションは、投信運用会社や生損保会社においてはすでに豊富な採用実績があるもので、厳しい外的環境に置かれた地域金融機関のお客様に対しても、価値を提供できるものと確信しています。」
リフィニティブの上席執行役員 笠井康則は次のように述べています。「トレーディングにおける電子化や高度化は、複雑化するワークフローを効率化し、人的コストを含めたリソースの有効活用を実現するだけではなく、将来にわたる規制対応においても重要な意味を持ちます。また、重要な社会テーマであるサステナビリティ領域においても貢献するものです。」

またエックスネットおよびリフィニティブは、このT-Wave・XNET連携ソリューションの地域金融 機関におけるファーストユーザーとして、2021年8月2日より株式会社沖縄銀行(取締役頭取:     山城正保、以下 「沖縄銀行」という。)にサービス提供を開始しました。
沖縄銀行の宮城毅 証券国際部長は次のように語りました。「T-Wave導入のポイントは、これまでの発注業務の電子化と、XNETとの連携で有価証券業務の各処理を一体化する事であると考えております。有価証券運用業務の効率化とオペレーションリスクの低減を図ることで担当者の負担軽減につながり、将来的に運用環境の多様化・高度化へ対応していくことができると期待しております。」
エックスネットおよびリフィニティブは、両社のソリューションを統合することで、今後も地域金融機関の証券運用の高度化に貢献していきます。

エックスネットについて
エックスネットは、1991年6月の創業以来、一貫して資産運用管理システムをサービス型で提供するアプリケーションベンダーです。生命保険・損害保険会社、投信投資顧問会社を始めとした機関投資家を中心に、現在180社を超えるお客様にご利用いただいております。お客様のあらゆるご要望にソリューションを提供できる「ワンストップ・ソリューション・カンパニー」を目指し、資産運用業界の効率化を通じて日本国民全体の財産の形成に貢献して参ります。詳しくはウェブサイトをご参照ください。https://www.xnet.co.jp

リフィニティブについて
Refinitiv(リフィニティブ)はロンドン証券取引所グループ(LSEG)のグループ企業として、金融市場のデータとインフラストラクチャを提供する世界有数のプロバイダーです。Refinitivは、190カ国で4万余りの企業・機関、40万を超える利用者を擁し、世界全体で金融にかかわる市場参加者を支えています。お客様が自信を持って重要な投資や取引、リスク判断を実行できるように、情報とインサイト、テクノロジーを提供しています。独自のオープン・プラットフォームとクラス最高のデータおよび専門知識を組み合わせることで、選択と機会に結び付け、お客様とパートナーの皆様のパフォーマンス、革新、成長を促進してまいります。 詳しくはウェブサイトをご参照ください。https://www.refinitiv.com/ja

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ