プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

VFSグローバル(VFS Global)

VFSグローバルがフィリピンのePassport Renewal Centreのネットワークを新たな9カ国に拡大

AsiaNet 91370 (1969)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2021年8月30日PR Newswire=共同通信JBN】
2021年第3四半期までにアフリカ、米州、アジア、欧州、中東のさらに13都市で、フィリピン国民にePassport(eパスポート、電子旅券、IC旅券)更新サービスを提供

VFSグローバル(VFS Global)は現在、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイとアブダビ、サウジアラビアのリヤド、ジッダ、アルコバールでフィリピン外務省に代わってePassport Renewal Centre(eパスポート更新センター)を運営している。

海外に居住するフィリピン国民のeパスポート更新手続きを容易にするため、フィリピン外務省とVFSグローバルは2021年8月6日、キプロス、エチオピア、フランス、アイルランド、クウェート、シンガポール、英国、米国、ベトナムでePassport Renewal(eパスポート更新)サービスを提供する契約を締結した。

2019年11月のUAEのドバイでのVFS Global ePassport Renewal Centres(VFSグローバルeパスポート更新センター)発足は、フィリピン外務省が海外に住む自国民のためにeパスポートの更新手続きを初めて外部委託したことを記すものであった。毎日12時間稼働するこの試験的な地域での更新センターの運用の成功を受け、VFSグローバルは、パンデミックの最中の2020年、UAEのもう1つの都市とサウジアラビアの3都市に成功裏にサービスを拡大した。

VFS Globalの事業開発部門責任者のChris Dix氏は「われわれは、フィリピン外務省が当社を主要なパスポート・領事サービスのプロバイダーとして継続的な信頼を寄せてくれたことに感謝したい。当社のパスポート・領事サービスはますます強力に成長し続けており、キプロス、エチオピア、フランス、アイルランド、クウェート、シンガポール、サウジアラビア、英国、UAE、米国、ベトナムに居住するフィリピン国民にeパスポートの更新手続きを容易にする世界クラスのサービス体験を提供していることをうれしく思う。このサービスをさらに多くの場所に拡大することにより、フィリピン国民が世界中でファーストクラスのeパスポート更新サービスの恩恵を受けることを確実にするために、今後さらに何年にもわたる実りある協力が続くことを楽しみにしている」と述べた。

Philippine ePassport Renewal Centre(フィリピン・eパスポート更新センター)の主要な利点
*海外に居住するフィリピン国民へのパスポート・領事サービスの向上
*生体認証データ収集の精度を確保するための厳密で検証可能なプロセス
*選択した場所での柔軟な「プライムタイム」サービス

VFSグローバルは現在、163のセンターを運営しており、世界31カ国で、12の政府にパスポート・領事サービスを提供している。

Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1603946/VFS_Global_DFA_addendum_signing.jpg

▽問い合わせ先
Yasser Zeriz
Yasser.zeriz@mslgroup.com

ソース:VFS Global

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ