プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

「AI電話サービス」金融業界向けのパッケージプランの提供開始

~データ暗号化で情報を守りつつ、コールセンター業務の自動化を加速~

2021年8月30日
株式会社NTTドコモ
株式会社NTTデータ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)は、ドコモが提供する AIによる自動応答電話ソリューションサービス「AI電話サービス※1」に、新たに金融業界向けパッケージ(以下、本パッケージ)を追加し、2021年8月30日(月)から提供を開始します。

 

 電話でのお客さまからの問い合わせ対応などが多い金融業界は、コールセンターでの応対時間増加やオペレーター不足などの課題を抱えており、電話対応をAIで自動化する「AI電話サービス」のニーズも高く、多くの企業から業界に合ったサービス提供のご要望をいただいていました。

 本パッケージでは、コールセンター業務の中でも特にニーズの高い「手続き資料送付のご案内」や 「未納のあるお客さまへの架電」業務に対応した会話シナリオを用意しました。銀行、証券、クレジットカード、生命保険、損害保険会社それぞれのユースケースに対応した定型シナリオをそのまま使用いただくことで、導入期間の短縮や導入コストが軽減されます。また、業務にあわせた定型シナリオのカスタマイズにもシナリオ開発チームが対応※2します。

 

 本パッケージを活用することで、例えば、口座開設やクレジットカード再発行などの手続き書類送付に  必要な確認を「AI電話サービス」がお客さまと会話をしながら、自動で完了※3することができます。さらに、 業務管理システムであるCRM(「Salesforce※4」)や業務プロセスを自動化するRPAツール※5「WinActor®※6」との連携で、架電リストの作成から自動架電、対応結果の保存、再架電など電話応対だけにとどまらない一連のコールセンター業務の効率化も可能です。

 なお、「AI電話サービス」では、お客さまとの会話で生じた情報をドコモの国内データセンタにて暗号化のうえ管理しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108279313-O1-YjOKuj7a

 

 ドコモとNTTデータは、今後も「AI電話サービス」の充実をはかるとともに、「音声」を利用した業務の効率化による生産性の向上に貢献してまいります。

 

※1 ドコモの研究開発部門・法人部門が組織横断的に混成チームを構成し、法人のお客さまの課題解決を図る「トップガン®」の取り組みを通じて創出したサービスで、2020年12月から提供開始しました。「トップガン」詳細は以下のホームページをご確認ください。

   https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/topgun/

※2 会話シナリオのカスタマイズには別途費用が必要です。

※3 資料送付作業は人による対応となります。

※4 米国セールスフォース社が提供する業種や規模を問わず、世界中で最も使われている業務管理アプリです。

※5 「RPA」とはRobotic Process Automation (ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、デスクワーク(主に定型作業)をルールエンジンやAIなどの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念です。

※6 「WinActor」は、2010年にNTTアクセスサービスシステム研究所で生まれた技術をベースに、2013年にNTTアドバンス テクノロジ株式会社が製品化に成功した、純国産のRPAソリューションです。定型的なパソコン業務を自動化することができます。(https://winactor.com/)

* 「Salesforce」は、米国セールスフォース・ドットコム社の商標または登録商標です。

* 「WinActor」は、NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

* 「トップガン」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

 

 

 

別紙

金融業界向けのパッケージプランの概要

 

1.サービス内容

 「AI電話サービス」にて提供するパッケージの一つとして、銀行、証券、クレジットカード、生命保険・損害保険会社といった金融企業の電話応対業務に特化してあらかじめ作成された会話シナリオをご利用いただけるプランで、「手続き資料送付のご案内」と「未納のあるお客さまへの架電」業務に特化したシナリオをご用意しております。お客さまごとに電話応対用の会話シナリオを作成する必要がないため、導入期間の短縮や導入コストの軽減ができます。

 

2.パッケージ内容

 ■銀行、証券、クレジットカード会社向けパッケージ

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202108279313/_prw_PT1fl_i31E124I.png

 

 ■生命保険、損害保険会社向けパッケージ

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202108279313/_prw_PT2fl_86JKi8aT.png

 ※1 資料送付業務は、AI電話サービスでの自動化対象外のため、人による対応となります。

 

3.利用シーン例

 (1)手続き資料送付のご案内(受電)

  口座開設、キャッシュカード・クレジットカードの新規申し込みや紛失、保険契約者の変更、保険証券再発行の際の情報や理由の確認を行います。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108279313-O3-Gk34kwaC

  

 (2)料金未納のお客さまへの連絡(架電)

  ・架電リストに基づき、RPA(「WinActor」など※2)と「AI電話サービス」が連携し、対象者に自動で架電を行います。本人確認、お支払い意思、お支払日などを確認し、確認結果をCSVにて出力します。

  ・電話に出ない債権者は自動で再架電話リストとして登録し、再度架電を行います。

   

  ※2 「AI電話サービス」のAPIをRPAから呼び出していただきます。お客さまがご利用中のRPAとの連携など詳細については、お問い合わせください。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108279313-O4-gO2AQB6T

 

4.パッケージ利用料金

  ・初期費用:100万円~   (「AI電話サービス」初期設定、定型シナリオを含む)

  ・月額料金:10万円/月~  (トラフィック、最大同時接続数に応じてお見積り)

  ※ オプションとしてシナリオのカスタム化や席数の追加、有償サポートも可能です。

  ※ Salesforce、RPAのライセンス費、カスタマイズ費(AI電話との連携設定等)は含まれておりません。別途費用、契約手続きが発生いたします。

  ※ 記載の金額はすべて税抜価格です。詳細については全国の法人営業担当者または、「ドコモのホームページ法人のお客さま」お問い合わせページからご確認ください。

 

5.お申込み・お問い合わせ先

  ・全国のドコモ法人営業担当者

 

  ・「ドコモのホームページ 法人のお客さま」お問い合わせページ

   URL:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

 

  ・株式会社NTTデータ テレコムユーティリティ事業本部 モバイルビジネス事業部

   前田 裕太郎

   TEL:050-5546-9213

   E-mail:Yutaro.Maeda@nttdata.com

 

6.その他

  「AI電話サービス」サイト

  URL:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/aitelephone/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ