プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

レッドヒル・バイオファーマ株式会社(RedHill Biopharma Ltd. )

レッドヒル・バイオファーマ社のオパガニブが新型コロナウイルス感染症(COVID–19)のデルタ株を強力に阻害することを示す

AsiaNet 91338

ヒト気管支上皮細胞モデルにおいて、オパガニブがCOVID–19のデルタ株を強力に阻害することを示し、これまでに試験されたすべてのCOVID–19の変異株を強力に阻害するという先行データが追加

COVID-19に対するオパガニブのユニークな経口投与による、宿主因子を標的とした抗ウイルスおよび抗炎症のデュアルアプローチは、新たに出現する変異株に対しても効果が発揮されることを期待

COVID-19で入院した患者を対象としたオパガニブ経口錠剤を用いた475人の患者のグローバル第2/3相試験は、治療とフォローアップの段階を終え、トップラインの結果が出る予定

イスラエル・テルアビブ、ノースカロライナ州・ローリー、2021年8月30日/PRニュースワイヤー/ –バイオ医薬品を専門とする、レッドヒル・バイオファーマ株式会社https://www.redhillbio.com/RedHill/ )(ナスダック:RDHL)(「レッドヒル」または「当社」) は、本日、新しい前臨床試験の予備的結果を発表し、オパガニブ(ABC294640)[1]が、関連する濃度で細胞生存率を維持しつつ、デルタ株の複製を強力に阻害することを明らかにした。

ルイビル大学の予測医学センターと共同で、ヒト気道上皮細胞(EpiAirway(TM)) の3D組織モデルを用いて、阻害しているSARS-CoV-2の変異株であるデルタ(インド型)株においてオパガニブのin vitro試験の有効性を評価した。今回の成果は、オパガニブがアルファ(ワシントン型)、ベータ(南アフリカ型)、ガンマ(ブラジル型)のSARS-CoV-2変異株も阻害することを示した既報の研究成果に追加される。

レッドヒルの研究開発担当シニア・バイスプレジデントであるレザ・ファティ博士は次のように語った。「スパイクタンパクの変異の有無にかかわらず、SARS-CoV-2などのRNAウイルスの複製においてスフィンゴシンキナーゼ-2が重要な役割を果たしている可能性を裏付ける証拠が増えています。そのため、この細胞内酵素を阻害することで、COVID-19感染症を治療するための有望なターゲットとなります。オパガニブは、前臨床試験において、懸念されているSARS-CoV-2のデルタ株などの変異株を強力に阻害する能力があることを示す広範な証拠が蓄積されており、新たに出現する変異株にも適用されると期待しています。オパガニブの強力な抗ウイルス作用と抗炎症作用により、COVID-19の原因となるウイルスと炎症作用の両方に対処できる可能性があります。」

オパガニブは、開発中のCOVID-19の治療薬として新しい経口治験薬で、COVID-19の原因と結果に作用するユニークなホストターゲットの抗ウイルス/抗炎症デュアル制御剤である。COVID-19は、ヒトの細胞内で産生され、ウイルスの複製を促すために補充する可能性のある重要な酵素であるスフィンゴシンキナーゼ2(SK2)を選択的に阻害することにより、抗ウイルス効果を発揮する。COVID-19で入院した患者を対象としたオパガニブ経口錠剤を用いた475人の患者のグローバル第2/3相試験は、治療とフォローアップの段階を終え、トップラインの結果が出る予定である。

第2/3相試験における盲検混合気管挿管および死亡率の評価は、「リカバリー」(回復)などの大規模なプラットフォーム試験や同様の患者集団を対象とした他の試験で報告された死亡率と比較して有望な結果となった[2]。さらに、オパガニブの第2/3相試験は、実用新案審査を含む4つのデータ安全性監視委員会の審査にも合格し、オパガニブの安全性データベースは460例以上に拡大している。オパガニブは、重症のCOVID-19患者を対象とした米国第2相試験で良好なデータが得られ、これは6月に開催された世界微生物フォーラム(WMF)2021で発表された。さらに、イスラエルとスイスでは、オパガニブのコンパッショネート使用(人道的使用)が奨励されている。

オパガニブ(ABC294640)について
オパガニブは、経口投与が可能なファーストインクラスのスフィンゴシンキナーゼ-2(SK2)選択的阻害剤で、抗炎症作用と抗ウイルス作用を併せ持ち、宿主を標的としているため、新たに出現したウイルスの変異株にも有効であると期待される。オパガニブは宿主を標的としており、デルタ株を含む懸念されているウイルスの変異株に対して強い阻害効果を示すことから、新たに出現するウイルス変異株に対しても有効であると期待されている。また、オパガニブは抗がん作用も示しており、複数のがん、ウイルス、炎症、消化器系の適応症のターゲットとなる可能性がある。

オパガニブは、COVID-19肺炎の治療薬としてグローバル第2/3相試験で評価され、患者の治療とフォローアップの段階を終え、トップラインの結果が出る予定である。オパガニブは、重症のCOVID-19患者を対象とした米国第2相試験で良好なデータが得られ、これは6月に開催された世界微生物フォーラム(WMF)2021で発表された。
オパガニブは、胆管がんの治療薬としても米国FDAから希少疾病用医薬品の指定を受けており、進行性胆管がんを対象とした第2a相試験および前立腺がんを対象とした第2相試験で評価されています。

オパガニブは、COVID-19感染症の原因ウイルスであるSARS-CoV-2に対して強力な抗ウイルス活性を示し、ヒト肺気管支組織のin vitroモデルにおいてウイルスの複製を完全に阻害した。さらに、前臨床の in vivo 試験では、オパガニブが肺炎などの炎症性肺疾患を改善する可能性が示されており、インフルエンザウイルス感染による致死率の低下や、気管支肺胞洗浄液中のIL-6およびTNF-αのレベルを低下させることによる緑膿菌誘発性肺傷害の改善が確認されている[3]。

オパガニブを用いた現在進行中の試験は、米国国立衛生研究所のウェブベースのサービスであるwww.ClinicalTrials.gov に登録されており、公的および私的に支援された臨床試験に関する情報を一般に公開している。

レッドヒル・バイオファーマ社について
レッドヒル・バイオファーマ株式会社(Nasdaq: RDHL)は生物医薬品を専門とする企業で、主に胃腸疾患および感染症に注力している。レッドヒルは、モバンティック(R) (成人のオピオイド誘発性便秘治療薬)[4]、タリシア(R) (成人のヘリコバクター・ピロリ菌 (H. pylori) 感染症治療薬)[5]、およびAemcolo(R)(成人の旅行者下痢症の下痢治療用)[6]を販売している。レッドヒルの主要な臨床後期治験用開発プログラムには次のようなものがある。(i) RHB-204:肺の非結核性抗酸菌(NTM)疾病による感染症に対する第III相試験を実施中、(ii) オパガニブ(ABC294640):COVID-19の第2/3相試験および前立腺癌と胆管癌に関する第2相試験で、複数の症状を対象とするファースト・イン・クラスSK2選択的阻害薬、(iii) RHB-107(ウパモスタット):有症状のCOVID-19感染症および他の複数のがん・炎症性消化器疾患を対象とした経口セリンプロテアーゼ阻害剤の第2/3相試験を米国で実施中、(iv) RHB-104:クローン病を対象とした初の第3相試験で良好な結果を得ている、(v) RHB-102:急性胃腸炎および胃炎の第3相試験ならびにIBS-Dの第2相試験で良好な結果を得ている、(vi) RHB-106:カプセル化された腸製剤。当社の詳細は、www.redhillbio.com / https://twitter.com/RedHillBioをご覧ください。

本プレスリリースには、1995年私募証券訴訟改革法で定義される「見通しの記述(forward – looking statement)」が含まれる。本記述は「意図する」、「かもしれない」、「する予定である」、「計画する」、「期待する」、「予想する」、「予測する」、「推定する」、「目指す」、「信じる」、「希望する」、「可能性がある」と言った表現または、それに類似した表現に先行する。見通しの記述は、特定の仮定に基づいており、様々な既知および未知のリスクと不確実性の影響を受ける。その多くは当社の管理の及ばないものであり、予測または定量化することはできない。それ故、実際の結果は、見通しの記述に関する記述によって表明または暗示されているものとは大きく異なる場合がある。このようなリスクと不確実性には、第2/3相 COVID-19試験のトップラインデータが遅れるリスク、このような試験が成功しない可能性がある、オパガニブが新たなウイルス変異株に対して有効ではない、リスク、(i)当社の研究、製造、前臨床試験、臨床試験、およびその他の治療薬候補開発取り組みの開始、タイミング、進捗状況および結果、ならびに当社の市販製品および将来取得または開発する可能性のある製品の商業的発売のタイミング、(ii) 治療薬候補を臨床試験に進める、または前臨床試験または臨床試験を成功させる(完了)当社の能力、 (iii)当社が実施する必要のある追加研究の範囲、回数および種類、治療薬候補の規制当局による承認の受領、およびその他の規制当局への提出、承認、フィードバックのタイミング、 (iv) 当社の治療薬候補およびTalicia®の製造、臨床開発、商品化、および市場における受け入れ、 (v)Movanti®、 Talicia® 及び Aemcolo®の商品化と宣伝を成功させる当社の能力、 (vi) 事業提携を確立および維持する当社の能力、(vii) 米国における製品販売の承認を取得し、それらの製品で商業的成功を収め、独自のマーケティングおよび商品化機能を構築および維持する当社の能力、 (viii) 当社の治療薬候補の特性と特徴の解釈、および研究、前臨床試験、または臨床試験において治療薬候補から得られた結果の解釈、(ix) 当社のビジネスモデル、事業および治療薬候補の戦略的計画の実施、 (x) 当社が治療薬候補および商品を対象とする知的財産権を確立および維持できる範囲、ならびに他者の知的財産権を侵害することなく事業を運営する当社の能力、 (xi)当社の知的財産の使用許可を付与したが、当社に対する義務を履行しない当事者、(xii) 当社の経費、将来の収益、資本要件、および追加の資金調達の必要性の見積もり、(xiii) 当社のコンパッショネート使用プログラムに基づく治験薬を使用して有害事象を被る患者の影響、及び (xiv) 他企業との競争および当社の業界内の技術に関連するリスクと不確実性も含まれる。当社および将来の見通しに関する記述の実現に影響を与える可能性のあるリスク要因に関する詳細情報は、証券取引委員会(SEC)への当社の提出書類に記載されている(2021年3月18日にSECに提出された当社のFORM 20-F 年次報告書も含む)。本プレスリリースに含まれるすべての将来の見通しに関する記述は、発行日の時点で作成されたものである。当社は、法律で義務付けられている場合を除き、新しい情報または将来の出来事が発生した際に、書面または口頭によって将来の見通しに関する記述を更新する義務を負わないものとする。

お問い合わせ:
アディ・フリッシュ
コーポレート&ビジネス開発責任者
レッドヒル・バイオファーマ
+972-54-6543-112
adi@redhillbio.com

メディア関係お問合せ先:
米国: ブライアン・ギブス、フィン・パートナーズ
+1 212 529 2236
bryan.gibbs@finnpartners.com
英国アンバー・フェネル、コンシリウム
+44 (0) 7739 658 783
fennell@consilium-comms.com

[1] オパガニブは治験薬であり、市販されていない製品である。

[2] 463人の患者の予備盲検ブレンドデータに基づく。当社は、同一患者集団を対象とした直接比較(head-to-head)試験を実施していない。オパガニブのグローバル第2/3相試験と、回復の大規模なプラットフォーム研究から報告された死亡率、および同様の患者集団における他の研究との間の理論的比較は、一般的なベンチマークとして機能し、当社がヘッドツーヒアー比較研究を実施したかのように、直接的および/または適用可能な比較として解釈されるべきではない。

[3] 文献:Xia C. et al.Transient inhibition of sphingosine kinases confers protection to influenza A virus infected mice.(スフィンゴシンキナーゼの一過性阻害は、A型インフルエンザに感染したマウスを保護します。)Antiviral Res.2018年10月、158:171-177.Ebenezer DL et al.Pseudomonas aeruginosa stimulates nuclear sphingosine-1-phosphate generation and epigenetic regulation of lung inflammatory injury.(緑膿菌が核内のスフィンゴシン1リン酸産生と肺炎症障害のエピジェネティックな調節を刺激します。)Thorax.2019年6月、74(6):579-591.

[4] モヴァンティク(R) (ナロキセゴール) の詳しい処方情報は www.Movantik.com をご覧ください。

[5] タリシア(R)(オメプラゾールマグネシウム、アモキシシリン、リファブチン)の詳しい処方情報は、www.Talicia.com をご覧ください。

[6] アエンコロ(R)(リファマイシン)の詳しい処方情報は www.Aemcolo.com をご覧ください。

ロゴ- https://mma.prnewswire.com/media/1334141/RedHill_Biopharma_Logo.jpg

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ