プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

Sustainable BX チームをドリームインキュベータと発足、サステナビリティ経営時代の企業変革と成長を実現

第1弾として「カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラム」を提供開始

2021年8月30日
株式会社 電 通 

「Sustainable BX チーム」をドリームインキュベータと共同で発足 サステナビリティ経営時代を市場構造変革の契機と捉え、企業変革と成長を実現 ―第1弾として「カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラム」を提供開始 -

 
 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐 博、以下「電通」)は、株式会社ドリームインキュベータ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO:三宅 孝之、以下「ドリームインキュベータ」)と共同で、サステナビリティ経営時代において、サステナビリティと事業成長の両立の実現を支援するBX※1専門チーム「Sustainable BX チーム(サステナブルBXチーム)」を発足いたしました。電通の強みである「生活者・顧客接点・顧客体験」起点の統合ソリューション力と、ドリームインキュベータの強みである「社会課題×(政策・戦略・技術)」起点で新事業を生み出すビジネスプロデュース力を生かし、企業の変革と事業成長を支援します。

〈 「Sustainable BX チーム」のアプローチとユニークネス〉

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108279275-O2-qOpJJtUM

 本チームの発足に伴い、第1弾として、「カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラム」の提供を開始いたします。

 近年、カーボンニュートラル(以下、CN)は重要な経営アジェンダとして関心が高まっており、国内でも多くの企業がCN経営の実現に向けた声明を発表しています。一方、その実現に向けては、「電力調達」や「素材・取引先の見直し」といった既存事業の枠組み内での対応にとどまり、「既存事業のコストアップ・利益の削減」と捉えられることが多く、CN経営が進まないという課題が顕在化しています。

 本プログラムは、既存事業の枠組み内で、社会的責任を果たすためにCO2削減を行う「- → 0」の対応のみならず、CN社会への移行を「市場構造変革(ゲームチェンジ)の契機」と捉え、新事業創出や事業ドメインの見直し・再構築(=トランスフォーメーション)をする「0 → +」の積極的な対応を支援することで、再生可能エネルギー関連で数京円※3ともいわれる投融資マネーへアプローチを行い、新たな企業価値の創造と企業変革、本質的なCN経営実現を支援していきます。

〈カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラムの目指す姿とサービス概要〉
目標設計・戦略策定・戦略実行・モニタリングとPDCAまで、CNへ積極的な対応を目指す企業の変革と成長を支援。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108279275-O3-xH3G7h0z】 

 
〈カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラムの特徴〉
特徴 ① 両社の強みを生かし「0 → +」の積極的な対応による企業の変革と成長を支援
既存事業の枠組み内で、社会的責任を果たすためにCO2削減を行う「- → 0」の対応のみならず、「0 → +」の積極的な対応を目指し、企業の変革と成長を支援。

特徴 ② R&D・事業部・財務(コーポレート)・広報/IR横断で経営支援
ESG、CN、SDGs、その発信と領域によって担当部署が分断され、個々で取り組みがされている課題を解決するため、CEO・経営と向き合いながら各領域の横断組織を組成し、その伴走パートナーとして実行を支援。

特徴 ③ 企業間をつないだネットワーク、共同事業運営の設計
CN経営を一企業での活動でとどめず、政府・自治体、他企業との連携や、複数の企業群を束ねるコンソーシアム・プラットフォーム・共同事業の設計支援も行います。

 今後、本チームは、CN以外の領域においても、両社の強みを生かしたアプローチとユニークネスをもって、電通グループのSDGsに関する情報収集/アクティベーション支援組織である電通 Team SDGsや、大学/専門機関や専門家、各領域の企業とも連携しながら、ソリューションの幅を強化・拡大していく予定です。

※1 BXは事業変革を意味するビジネス・トランスフォーメーションの略。
※2 AXはアド・トランスフォーメーション、CXはカスタマー・エクスペリエンス・トランスフォーメーション、DXはデジタル・トランスフォーメーションの略。
※3 IRENA(国際再生可能エネルギー機関)「Global Renewable Outlook」参照。

【ドリームインキュベータ 会社概要】
社名  :株式会社ドリームインキュベータ
所在地 :東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング4F
創業  :2000年6月1日
代表者 : 代表取締役社長COO 三宅 孝之 
事業内容:戦略コンサルティングスキルと、インキュベーションで培われる“リアル”かつ“当事者”的な経営力の融合で、顧客企業へのサービス展開だけでなく、社会のあり方を変え、日本経済を元気にする“ビジネスプロデュース”に取り組む
URL  :https://www.dreamincubator.co.jp/

 以上

「Sustainable BX チーム」のアプローチとユニークネス
カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラムの目指す姿とサービス概要
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ