プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

シルクスホテルグループ

リージェント台北新型コロナ感染対策    UVC紫外線抗菌ライトの新規導入

AsiaNet 91328

【台北2021年8月26日PR Newswire】
台北市と新北市におけるレストランの利用制限が緩和され、リージェント台北は世界的に有名なLEDTECH Electronics Corporationと提携しBioLED 365 Careを設置した。エレベーター、レストラン、トイレ、ジム等、主要公共エリアの給気口付近に設けホテル館内の空気が抗菌される仕組みになっている。飛沫感染防止のアクリル板やソーシャルディスタンスによる席の配置、スタッフの防護マスク着用や定時の消毒等目に見える対策から、ホテル内部の食品安全部による食材と調理工程の管理、また最も重要な空気の抗菌清浄等、ひと目に触れない対策まで力を入れ、顧客と従業員に最高水準の健康衛生環境を提供している。

レストランの利用制限緩和後、当ホテルは台湾中央感染症指揮センターの定める規定を遵守するだけでなく、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が公共施設に向けて推奨する健康衛生の項目にも目を向け、清掃、消毒、換気の3点において感染防止対策を実施している。公共エリアにて人が触れる可能性のある場所の徹底した清掃消毒や、今最も注目されている空気に関しても、換気機器の清掃とメンテナンスを定期的に行い、またその手順と項目を改善した。施設内の空気を抗菌清浄し衛生的な空気を供給することは、室内の感染リスクを抑ることにつながるとCDCは強調している。

その他の多くの国でも室内の感染リスクを抑えるため、徹底した空気清浄と換気に重きを置いている。例えば香港では室内の換気が一時間に六回未満の場合UVC紫外線抗菌ライト等の設置が求められる。日本やシンガポールでも換気等の対策が進められており、従業員が安全に過ごせる環境の確保が必要となっている。これらの背景から、当ホテルでも従来の対策をより充実させるため、台湾で最先端の光化学技術を取り扱うLEDTECH Electronics Corporationと提携し「非接触式BioLED 365 care UV 抗菌技術」を導入した。館内の公共エリアにこの最新抗菌技術を導入した五つ星ホテルは、全台湾で当ホテルが初めてである。

この最新抗菌技術は、UVC(真空紫外線)の強力な作用によりバクテリア等の微生物のDNAやRNAを破壊する。その効果により断続的に新型コロナを含むウイルスや細菌の活動を抑制、黴菌等の成長も抑えることができる。BioLED 365 careの抗菌作用は99%以上で、空調設備の給気口付近に設置される。給気口から排出される空気は全て抗菌効果が施され、衛生的な空気の供給、細菌の活動抑制だけでなく、この最新技術による人体への悪影響はなく、アレルギーまたは化学汚染物質の心配もない。よってこの最新技術が作動中でも顧客、従業員の行動が制限されることはない。

この最新抗菌技術に加え、メインエントランスには米国軍事用と同等のFLIR T530赤外線温度測定モニター、各出入り口と各フロアーには非接触式自動アルコール消毒器、顧客用エレベーターは一時間に一度の清掃と消毒、客室階廊下は一日二回の消毒を一日四回に変更。レストラン利用制限の緩和後、利用客数の管理や飛沫防止のアクリル板設置、ソーシャルディスタンスによる席の配置の他、一人前セットメニューの提供、従業員の徹底した感染予防対策だけでなく、全ての顧客は入館時に連絡先を登録しなければならない。

当ホテルの「食品安全部」では引き続き厳しいチェックを行っており、入荷される食材や厨房での調理工程を毎日検査している。また当ホテルに入館する全ての従業員や関係者は体温測定とマスクの着用が義務付けられている。リージェント台北では新型コロナの情勢に合わせ柔軟に対応し、最高水準の感染予防対策により顧客と従業員の安全を守っている。

シルクスホテルグループ住所:中山北路二段39巷3号 電話:+886-2-2523-8000

Silks Hotel Group シルクスホテルグループ
1990年に創業したシルクスホテルグループ(元FIHリージェントグループ)はアジアで屈指のホテル経営グループのひとつであり、台湾株式市場で最大のホテルグループでもあります。
現有のホテルブランドは、ラグジュアリー「リージェント台北」、ライフスタイル「シルクスプレイス」、ビジネス「ジャストスリープ」の3つ。リージェント台北では台湾のホテルでは唯一となる高級ブランドショッピングモール「リージェントギャラリア」も運営しています。ホテル事業の他にも、台湾で人気の高い観光スポット故宮博物院に隣接する「シルクスパレス」を始めとするレストラン展開、また台湾で最大のピザチェーン「ドミノピザ」も運営しています。
当グループは東洋のシンプルさと西洋の優雅さを融合し、洗練された細やかなサービスと施設を通し、共生共栄と卓越した経営理念を追求していきます。訪れる皆様と世界を結ぶ文化交流の場として、また非日常の宿泊及び飲食体験を提供していきます。
現在グループが運営管理をしているホテルは台北、宜蘭、花蓮、台南、高雄などに位置しており、業績とサービスの評判は現地市場において模範的な役割を果たしています。詳しくはこちらよりご覧ください。www.silkshotelgroup.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ