プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

PingPong Payments

PingPong Paymentsは、{sp}専用のサプライヤー決済ソリューションにより、グローバルなeCommerceブームをリードします

AsiaNet 91284

2021年8月25日、ニューヨーク/PRNewsire/ — eMarketerhttps://www.emarketer.com/content/worldwide-ecommerce-will-approach-5-trillion-this-year )によると、世界のeコマースの売り上げは2022年までに53億ドル、2024年までに63億ドルに達すると予想。

新たな新型コロナウイルスの変種株の出現により、世界では更なるロックダウンや移動制限に直面している国もあります。その結果、消費者は新たなデジタル消費行動を継続することが見込まれており、つまり、販売者が事業を成長させ世界的に拡大する機会がさらに増えることを意味しています。

サプライヤーや業者は、進化する業界の傾向に対応するために、多くの企業が成長するために国際的なチャンネルを求めています。

PingPongのSupplier Payhttps://usa.pingpongx.com/supplier-payment )機能は、オンラインマーチャントとグローバルサプライヤーが国際的なサプライチェーントランザクションと支払いをリアルタイムで安全に処理できるように戦略的に位置付けられています。

これまでに世界中で利用されてきたサプライヤーの決済方法では処理が遅すぎました。そして、支払いの送受信にかかる目に見えないコストを両当事者が負担するケースが多くあります。PingPongを利用すると、サプライヤーは買い掛け債務滞留日数が長くなるのを避け、入金の遅延を避けることができます。現在、中国のサプライヤーは請求書の支払いを最大92日待ちますが、その他の国では平均66日です。Supplier Payは、国内通貨での即時の口座間支払いを容易にし、両当事者が仲介業者を除き、外国為替手数料を節約することで課題を解決して、インフレや通貨変動などの経済的リスクを回避します。

PingPongは、2015年の設立以来、世界中のeコマース顧客向けに900億ドル以上を処理しており、そのプラットフォームは100万を超えるオンラインマーチャントの信頼を得ています。

現在、世界においてオンラインでの購入者が最も多いのは、中国と米国であり、その他の国々が後を追っています。PingPongのサプライヤーへのサポートと専門知識により、売り手は、精査された中国や世界のサプライヤーに価値あるアクセスができるようになります。つまり、売り手は、PingPongが提供するスピード、効率、信頼により、サプライヤーに対してより好条件で価格交渉を進めることができます。これにより、サプライヤーとマーチャントは、グローバルな支払いや売掛金はもとより、本国送金を1つのハブで管理ができます。

現在、フィンテック企業Unicornの総合的なサプライヤー決済機能は、今年5月の米国における初めてのローンチでの成功に引き続き、グローバルな支払いの送金ならびに着金、給与、仮想通貨口座、VATの支払いなど、顧客のニーズに合わせた堅牢な一連の製品に加ながらベトナムとインドに拡大しています。 

Mr. Yunhong International Trade CompanyのShui氏は、次のようにコメントしています。「PingPongには、海外に12以上のオフィスがあり、非常に優れたローカリゼーションサービスを提供しています。現地のチームの助けを借りて、コミュニケーションの問題なしに円滑に支払いが行われます。

弊社はまた、決済分野における優れた先駆者でもあります。PingPongは、サプライヤーとバイヤーを結び付け、コミュニケーションを促しながら、支払いと情報の障害を解決します。つまり、国際ビジネスの成長を加速させることができるのです。」

Yuca LTDのKeith Mander氏のコメント:「PingPongのプラットフォームは最終的にはセルフサービス商品であり、残高を確認し、サプライヤーを追加し、一つのプラットフォームから即座に支払いを行うことができます。」 とても簡単です。PingPongのようなプロバイダーは、国際的なビジネスの成長を身近にします。多くの問題点を取り除き、私のニーズをすべて1か所にまとめてくれたことで、資金の受け取り、競争力のある料金を確保して、すべての取引相手に期日通りに支払いを行うことができるようになりました。」

PingPong Paymentsについて 

PingPong Paymentsは、従来の銀行が提供するレートに打ち勝つことにより、グローバルなeコマースセラーがより多くの利益を確保できるよう支援することを使命として2015年に設立されました。現在、同社は世界中の750,000を超えるオンラインセラーの多面的な成長パートナーとして機能し、これまでにeコマースマーチャントに対して900億を超える国境を越えた支払いを処理し、国際的なeコマースセラーに対して1日あたり1億5,000万件を超える送金を行っています。世界中のグローバルマーチャントからは、国境を越えた支払い、VATおよびサプライヤーの支払いなどの節約について、PingPong Paymentsに信頼が集まっています。PingPongは、効率的に運用するためのライセンスを取得し、米国、ヨーロッパ、アジア全土で厳しい規制や監督下にあるCitibank、J.P. Morgan、Wells Fargoなどの信頼の高いブランドと連携しています。

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ