プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KDDI株式会社

通信のチカラでボーダレスに北斎に浸る新感覚アート体験 「HOKUSAI REMIX」をGINZA 456で開催

20210826

KDDI株式会社

通信で日本文化が世界とつながって150周年。
通信のチカラでボーダレスに北斎に浸る新感覚アート体験
「HOKUSAI REMIX」をGINZA 456で開催
~音で波や山を操り、北斎風アバターになって世界とつながる~

KDDIは、通信で日本文化が世界とつながって今年で150周年を迎えることを記念して、葛飾北斎の浮世絵でサイバー(仮想)空間とフィジカル(現実)空間を融合するアート体験「HOKUSAI REMIX」を、KDDIのコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」(以下 GINZA 456)にて、2021年10月上旬に開催します。
「HOKUSAI REMIX」は、新型コロナウイルス感染症の流行によって、世界と日本、都市と都市、人と人の交流が難しい状況の中、通信とテクノロジーによってGINZA 456の現地だけでなく、遠隔からご参加いただくことも可能なため、世界中の人々とつながることができます。

「HOKUSAI REMIX」

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202108259203-O1-38jVsDd8

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202108259203-O2-WtW3f8A0

2021年は1871年(明治4年)に長崎に海底ケーブルが敷設され、通信のチカラで日本が世界とつながって150周年を迎えます。世界とつながったことで、世界中の文化が日本へ、そして日本文化が世界へ大きく広がるきっかけとなりました。

(参考)日本の国際通信のはじまりは明治時代!約1,000kmの海底ケーブル敷設方法は?通信料は?

この150周年を記念して、今も昔も文化の発信地である銀座に位置するGINZA 456にて、日本文化の象徴であり世界的にも高く評価されている「葛飾北斎の浮世絵」を、インタラクティブ性を伴ったボーダレスな新感覚アート体験「HOKUSAI REMIX」として提供します。
「HOKUSAI REMIX」では、GINZA 456に現れた葛飾北斎の浮世絵の作品空間の中で、「想像を体験に変える」2つのプログラム「BEAT HOKUSAI」と「HOKUSAI ME」を提供します。

「BEAT HOKUSAI」は、古くから通信手段の1つとされてきた「音」によって、葛飾北斎作品の代表的な波や山などを操り、作品同士をリミックスさせることができる体験です。
お客さまご自身が電子楽器で繰り出す音の種類や大きさによって作品の動きが異なり、また、同時に複数人でもお楽しみいただけるため、毎回異なる演出のオリジナリティのある作品が生み出されます。なお、この「BEAT HOKUSAI」のシステム開発・制作はKDDIのクリエイティブチームである「au VISION STUDIO」が担当しました。

「HOKUSAI ME」は、自身の分身を葛飾北斎の作品の中に入り込ませ、自分と作品とをリミックスさせることができる体験です。
お客さまご自身の顔写真を元に葛飾北斎風のアバターを作成すると、北斎作品の中に作成したアバターが登場して自由に波に乗ります。また、GINZA 456の現地だけでなく、世界中どこからでもアバターとなって参加でき、GINZA 456壁面や5Gで配信するYouTube Live上のリミックスされた北斎作品の中に登場し、世界中の人々とつながることができます。

イメージ動画

KDDIは、今後も、au 5Gをはじめとした通信テクノジーを使って、「Tomorrow,Together」のスローガンのもとパートナーの皆さまとともに想像を体験に変えていく活動を提供していきます。

■「HOKUSAI REMIX」について
1.開催期間
2021年10月上旬から2022年1月中旬頃まで

2.会場
GINZA 456 Created by KDDI(東京都中央区銀座4丁目5番6号)

3.参加料金
無料

4.予約方法
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全予約制です。
予約開始日、予約方法などはGINZA 456公式サイト内HOKUSAI REMIXページやGINZA 456のInstagramおよびTwitter公式アカウントで改めてお知らせします。

5.その他店舗での体験について
「HOKUSAI REMIX」は、「au Style OMIYA」「au Style SHIBUYA MODI」「au Style YOKOHAMA」「au Style FUKUOKA」「au Style NAHA」の店頭でも体験いただけます。お客さまご自身が葛飾北斎風のアバターとなって、北斎作品の中に登場して波に乗る姿をお楽しみいただけます。
※「au Style OMIYA」「au Style SHIBUYA MODI」「au Style YOKOHAMA」「au Style FUKUOKA」「au Style NAHA」では、楽器を使った体験はいただけません。

■「北斎づくし」チケットプレゼントキャンペーンについて
新感覚アート体験「HOKUSAI REMIX」開催を記念して、葛飾北斎生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」チケットプレゼントキャンペーンを実施します。GINZA 456メールマガジンにご登録いただくか、InstagramおよびTwitterにて「HOKUSAI REMIX」情報を投稿いただいたお客さまに、抽選で「北斎づくし」のチケットをプレゼントします。
詳しくはGINZA 456の公式サイトやInstagramおよびTwitter公式アカウントにてご確認ください。

(参考)
■葛飾北斎生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」との連携について
生誕260年を迎える、浮世絵師・葛飾北斎の代表作である《北斎漫画》《冨嶽三十六景》《富嶽百景》の全頁・全点・全図を一堂に会した特別展です。北斎作品によって埋め尽くされた北斎ワールドが楽しめます。「HOKUSAI REMIX」の展開にあたり、画像の提供や相互の体験展示のご案内などで連携予定です。

会期:2021年9月17日まで
会場:東京ミッドタウン・ホール[東京ミッドタウンB1]
開館時間:11:00~19:00(入場は18:30まで)
休館日:2021年8月10日、8月24日、9月7日
「北斎づくし」公式サイト

■「山野楽器」との連携について
「楽器」を楽しむ新しいキッカケとなる「HOKUSAI REMIX」の体験に、総合音楽専門店の山野楽器から共感と賛同をいただき、「BEAT HOKUSAI」へ楽器の提供で連携します。
「山野楽器」公式サイト

■「au VISION STUDIO」との連携について
「BEAT HOKUSAI」の開発・制作は、2021年3月に発足した先端テクノロジーとアイデアによって、お客さまに数年先の未来の体験を提供するKDDIのクリエイティブチーム「au VISION STUDIO」が担当しました。GINZA 456とau VISION STUDIOは今後も連携し、お客さまの期待を超える新たな体験価値の提供を加速・推進していきます。

■「GINZA 456 Created by KDDI」について
au 5Gや先端テクノロジーを活用しお客さまの想像を体験に変え「おもしろいほうの未来」が体感できるコンセプトショップです。1階では、最新の5Gスマートフォンやau公式アクセサリー、KDDIが提供する5G関連アイテムを楽しめ、地下1階ではau 5Gや先端テクノロジーを活用したコンテンツをご体感いただけます。また、2階ではau/UQの最新ラインアップの展示や、商品購入に関するご相談やご契約、アフターサービスの手続きが可能です。
「GINZA 456 Created by KDDI」公式サイト
Instagram:@ginza456_official
Twitter:@GINZA456_KDDI

※コラージュ作品は「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」「冨嶽三十六景 山下白雨」「冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見」 いずれも山口県立萩美術館・浦上記念館 蔵(浦上コレクション)、「冨嶽三十六景 凱風快晴」「冨嶽三十六景 深川万年橋下」「冨嶽三十六景 相州梅沢左」「冨嶽三十六景 江都駿河町三井見世略図」「冨嶽三十六景 上総ノ海路」「冨嶽三十六景 東海道江尻田子の浦略図」「冨嶽三十六景 相州箱根湖水」
いずれも山口県立萩美術館・浦上記念館 蔵(チコチンコレクション)、「冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷」「冨嶽三十六景 隅田川関屋の里」「冨嶽三十六景 東海道品川御殿山の不二」いずれも山口県立萩美術館・浦上記念館 蔵を使用しています。
※「YouTube」は、Google Inc. の商標または登録商標です。

以上

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ