プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Echion Technologies

英Echion Technologiesが1000万ポンドのシリーズA資金調達ラウンド完了を発表

AsiaNet 91272 (1922)

【ケンブリッジ(英国)2021年8月24日PR Newswire=共同通信JBN】Echion Technologies(「Echion」)は次世代リチウムイオン電池材料の主要開発者で、その製品は急速充電機能、コスト効率、高エネルギー密度の独自の結合を達成している。電化の浸透による脱炭素化への世界の転換のために極めて重要である。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1600336/Echion_Technologies_co_founders.jpg

シリーズA資金調達ラウンドは、ニオブ製品の世界的大手サプライヤーCBMM、英国とアイルランドで最も活動的でダイナミックな成長経済企業の自己資本投資家BGFが主導し、ケンブリッジ大学やOrigin Capital、その他の既存株主も参加した。

BGF投資家でEchion取締役のRichard Pugh氏は「Echionには、最先端の電池化学技術を使って、広範な用途への電池採用を加速する大きな可能性がある。BGFは電池がエネルギー転換で重要な役割を担うと確信し、Echionの技術が急速充電や高電力用途などの重要分野で大きな利益をもたらすと見極めた」と語った。

「今回の資金調達ラウンドは、卓越した経営陣が商業利用の最後の一押しするのをサポートする。最近のジョンソン・マッセイ(https://echiontech.com/echion-joint-project-johnson-matthey-commecialisation-niobium-elno/ )との共同プロジェクトなど、極めて質の高い利害関係者や多くの他の知名度の高い国際顧客と並行して行う」

これは、炭素削減とエネルギー転換に関わる企業に対するBGFの投資を2億3000万ポンドに増額し、ケンブリッジのブラウン男爵夫人が議長を務めるClean Growth Advisory Boardの発表直後に行われた。

Echionの材料は、現在大規模な試作に向かっている世界の主要な電池セル・電池材料メーカーから高い評価を受けた。この資金調達でEchionはマルチトン規模の材料生産に拡張し、高出力とコスト効率の高い製造可能性を示し、増大する試作材料の需要に応えることができる。

CBMMのRodrigo Amado戦略・新事業責任者は「このパートナーシップはBattery Materials Business(電池材料事業)前線の市場化、世界の動き方を真に変革する革新的なニオブ応用技術売り出しの時間を早めるわれわれのグローバル戦略の一環である。CBMMとEchionはともに、優れた安定性と長寿命の超高速充電電池を提供して、持続可能なモビリティーに向かって前進する。われわれは楽観的であり、これら新製品が来年までに入手可能になると考えている」と語った。

資金は顧客サポート、商業・研究開発活動の強化にも使われる。

EchionのJean de La Verpilliere最高経営責任者(CEO)は「Echion Mixed Niobium Oxide製品を市場に出す旅の次の段階を始めることに、とても興奮している。投資家ベース内には大きな相乗効果があり、顧客に卓越した成果を提供する世界トップレベルのチーム構築を継続する。パートナーに価値を創出し、超高速充電電池の実現に寄与することを楽しみにしている」と話した。

Echionはその製品を評価したい各セル・電池材料メーカーからの連絡を熱望している。

Cambridge EnterpriseのChris Gibbs投資マネジャーは「斬新なリチウムイオン電池技術の商業化を図る旅の当初からEchionをサポートしてきて、Cambridge Enterpriseはこの重要な資金調達ラウンドの完了を喜んでいる。Echionは今や、チームの強力な商業的けん引力を実現し、業界に大きな影響力を及ぼす極めて強い立場にある」と述べた。

▽Echion Technologiesについて
Echionは先進的なリチウムイオン電池材料の世界的主要開発者である。電池メーカーはその製品によって、高コスト効率、急速充電、高エネルギー密度、長寿命の動力電池を自動車、輸送、プレミアム家電、グリッド蓄電アプリケーションなど広範な市場に提供することが可能になる。

Echionは材料、電池メーカーにさまざまなエンドユーザー市場向けの保護された知的財産、カスタマイズオプション、素材合成、セル統合ノウハウのパッケージを提供する。

www.echiontech.com を参照。

▽CBMMについて
CBMMはニオブ製品の生産と商業化の世界的大手で、40カ国に400超の顧客を持つ。ブラジルに本社を置き、中国、オランダ、シンガポール、スイス、米国に事務所と子会社があり、インフラストラクチャー、モビリティー、航空宇宙、エネルギー各部門に製品と技術を供給している。ミナスジェライス州アラシャで1955年に創業したCBMMには、ニオブの用途を拡張し、この市場の成長と多様化に寄与する技術プログラムがある。

https://www.cbmm.com/products を参照。

▽BGFについて
BGF(https://www.bgf.co.uk/ )は2011年に設立され、400を超える企業に25億ポンド以上を投資し、英国で最も活動的な成長資本投資家になった。BGFは、寛大な投資見通しの少数派かつ非支配的な株式パートナーで、支援する経営陣と長期目標を共有している。BGFはオフィス16カ所のネットワークを通じて、英国とアイルランドの成長企業に投資している。2018年にはカナダが同様のCanadian Business Growth Fundを立ち上げ、2020年にはオーストラリアも追随した。ともにBGFの手法と資金調達モデルをベースにしている。

www.bgf.co.uk を参照。

▽Cambridge Enterpriseについて
ケンブリッジ大学の一部であるCambridge Enterpriseは学者、研究者、スタッフ、学生の知識移転と研究成果の達成をサポートする。

社会、経済、自身、大学のために、商業手段を使ってアイデアや専門知識を発展させるイノベーター、専門家、起業家を支援して、知識移転を促進している。

保護、開発、アイデアのライセンス化、新企業や社会的企業の設立・資金調達を含む学問的コンサルティングサービス支援など、内外組織と連携して専門的助言を与え、商業化と社会的事業をサポートしている。

www.enterprise.cam.ac.uk を参照。

▽問い合わせ先
Ben Ting
Ben.Ting@echiontech.com

ソース:Echion Technologies

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ