プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Neusoft Corporation

Neusoft Reach、再びKPMGの『中国オートテック50』にランクイン

AsiaNet 91202

【瀋陽(中国)2021年8月19日PR Newswire】2021年8月4日、KPMG中国より第4回KPMG『中国オートテック50』ランキングが発表され、Neusoft Reachはここ数年においてカーテクノロジー分野、特に自動車用ベーシックソフトウェア、自動運転、スマートコネクティビティなどの領域における革新的な実績により、トップ50へのランクインに成功し、2年連続『中国オートテック50』に選ばれました。

今回のランキングは過去1年間のリサーチを基に決められたものです。中心となる評価基準は、技術とビジネスモデル、従来の自動車産業に対する変革とエンパワーメント、財務状況の健全さと成長レベル、市場の認知度と専門分野における発展性、市場価値と資本市場における信頼度、チーム能力及び企業の革新メカニズムという6項目となり、自動車業界の将来の主な構成要素を表しています。

ソフトウエア・ディファインド・ビークル(Software Defined Vehicles,SDV)という時代背景において、Neusoft ReachはNeuSARベーシックソフトウェア製品群とビッグデータ技術を戦略の中心とし、完全なる技術エコシステムを構築し、顧客に対して便利で敏速かつ高効率な現地サポートと共に、これら製品とサービスを提供しています。

自動運転分野向けに、Neusoft Reachは約20年の自動運転分野での研究開発経験を活かし、L0からL3までの自動運転製品とサービス、L4+の自動運転技術に関する研究開発を提供できます。それと同時に、SOA(Service Oriented Architecture)フレームワークに適合する自動運転ドメインコントローラとオープンなソフトウェアプラットフォーム製品を提供し、クラウドプラットフォームとビッグデータアプリケーションを組み合わせ、常に進化できるインテリジェントドライブ体験を実現しています。

スマートコネクティビティ領域向けに、Neusoft Reachは独自のソフトウェアテクノロジーでの優位性を活かし、SDV向けの自動車クラウドサービス一体化プラットフォーム製品、技術とデータ運営サービスを提供し、パーソナライズドクロスボーダービークルクラウドコラボレーション機能と革新的なユーザー体験を築き上げています。

Neusoft Reachは技術イノベーションと経験の蓄積を基に、来たる8月下旬にて上海で全く新しい次世代走行・駐車一体式自動運転ドメインコントローラとユニバーサルドメインコントローラを正式にリリースする予定です。

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ