プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HotForex

世界的に選ばれているHotForexが5つの新しい賞を受賞

AsiaNet 91135

マルチアセットブローカーであるHotForexは、比類泣き取引サービスを提供する姿勢により、世界の信用機関から評価され続けています。

モーリシャス、ポートルイス, 2021年8月16日 /PRNewswire-AsiaNet/ — 新谷授与された賞は、「ベスト・フォレックス・ブローカー」から「ベスト・カスタマー・サービス・エクスペリエンス」まで、世界的に選ばれているブローカーが提供する多様な商品やサービスを反映しています。

ロゴ- https://mma.prnewswire.com/media/830182/HotForex_Logo.jpg

HotForexの広報担当者はこうコメントしています:「私たちは、このような幅広い層のお客様に継続してご利用いただけることに感激しています。  私たちは常に誠実で、オープンで、透明性の高いものであることを約束してきました。そして、同じレベルの優れたものを提供し続けることに専念しています。受賞した新しい5つの賞は:

— グローバル・ビジネス・レビュー・マガジンのベスト・フォレックス・ブローカー・アジア

— グローバル・バンキング・アンド・ファイナンス・レビューのベスト・フォレックス・ブローカー・ラテンアメリカ

— インターナショナル・ビジネス・マガジンのベスト・クライアント・ファンド・セキュリティ – グローバル

— キャピタル・ファイナンス・インターナショナル・マガジンのベスト・マーケットリサーチ&エデュケーション・グローバル2021

— ワールド・ビジネス・アウトルックのベスト・カスタマー・サービス・エクスペリエンス – グローバル 」

HotForexでの取引の利点

HotForexは、素晴らしい取引条件、優れた取引ツール、安全で安心な取引を提供することで、可能な限り最高の取引体験を提供することに尽力しています。  その目標を成しえることで、世界中で250万人以上の口座保有者に選ばれるグローバルブローカーとなりました。 

— 低スプレッドと柔軟なレバレッジ

— 豊富な口座タイプと取引ツール

— すべてのデバイスに対応するMT4およびMT5プラットフォームオプション

— 無料のマイナス残高保護措置

— 市場をリードする最大500万ユーロの保険

— 毎日の市場分析

— 専門家チームによるライブウェビナー

— 週5日24時間、27カ国語以上に対応するサポートチーム

今すぐHotForexのウェブサイト ( https://www.hotforex.com/sv/jp/index.html ) にアクセスして、様々な受賞歴のあるサービスの詳細をご覧ください。 

HotForexについて

HotForexは、世界中で250万を超えるライブ取引口座が開設され、国際的に高く評価されているマルチアセットブローカーであり、10年以上の歴史の中で45を超える業界賞を受賞しています。当社は、個人および法人投資家のお客様がオンラインでFXやCFDを取引できるように、幅広い口座タイプ、革新的な商品、プラットフォーム、ツール、教育リソース、優れた顧客サービス、比類のない取引条件を提供しています。

リスクの警告:

FXやデリバティブなどのレバレッジ商品の取引は、お客様の資金に大きなリスクを伴うため、すべての投資家に適しているわけではありません。 

メディア連絡先:
HF Markets Ltd, marketing@hotforex.com, +44-2030978571

ソース HotForex

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ