プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社Pocket RD

Pocket RDと豊島が協業。採寸済アバターを活用しバーチャルフィッティング、洋服とデータの同時購入を研究

2021年秋、サービスの提供開始を予定

2021年8月17日
株式会社Pocket RD

XR技術により世界中の人々のあらゆるコミュニケーションをより表現豊かにするソリューションを提供する 株式会社Pocket RD(本社:東京都渋谷区、代表取締役:籾倉宏哉)は、快適なライフスタイルの提案を目指す豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区)と協業致します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O2-P883j2h2

Pocket RDが展開する完全自動・無人バーチャルヒューマン生成システム「AVATARIUM(商標出願中)」が提供可能にする「採寸済のご本人のアバター」と、豊島が展開する 3DCGを活用しアパレルの生産工程の効率化に取り組む「VIRTUAL CLOTHING™(バーチャルクロージング)」 が連携し、バーチャル空間においてアバターが着用する洋服データの製作と、その洋服データをバーチャルファッションやリアルな購入に繋げていくサービスの研究を開始します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O11-7uH7P59p

この研究によるサービスの提供開始は、2021年秋を予定しています。アパレルメーカー様やキャラクターグッズなどを手掛ける企業様、キャンペーンを企画される代理店様・販促会社様と連携し、来るデジタルツイン※の時代に新しいビジネスを切り拓いていくことを目指していきます。

※デジタルツイン:フィジカル空間の情報をIoTなどを活用してほぼリアルタイムでサイバー空間に送り、サイバー空間内にフィジカル空間の環境を再現すること。

             
■VIRTUAL CLOTHING™とAVATARIUMの協業で目指すこと
アバターに着せる服と、実際の衣服を同時購入する文化を「GET BOTH(商標出願中)」「BOTH BUY(商標出願中)」といい、「VIRTUAL CLOTHING™」のデータを、「AVATARIUM」で作成された バーチャルアバターに着用させ、「GET BOTH」「BOTH BUY」を メタバース※ やゲーム内で楽しむことができる、新しいファッションの価値をユーザーに提供してまいります。また製作したデータをバーチャルフィッティングにも同時活用することで、ファッション業界のDX推進への貢献も目指していきます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O16-dkPVxyTp

※メタバース:インターネット上に構築される仮想の三次元空間。利用者はアバターと呼ばれる分身を操作して空間内を移動し、他の参加者と交流すること。

 
■AVATARIUM SCANNERのメジャーメント機能と精度について
完全自動・無人バーチャルヒューマン生成装置である「AVATARIUM SCANNER」はメジャーメント機能を搭載しております。リアルサイズとは若干の誤差はありますが、アバターの衣服の着せ替えには問題ないと範囲と考えております。またこの採寸データをベースに「裸体推定AI」を現在開発中です。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O15-S6A0F2z5
※撮影環境や、衣服の着用状態によって影響を受ける可能性もあります。

 
■豊島株式会社について

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O14-jWu48FP0
1841年創業。180年の歴史の中で、時代の変化に応じて事業領域を拡大。現在では世界各地から原料・糸・生地の買付け・販売や、最終製品の企画から生産管理、納品まで一連のプロセスを手掛けファッション産業のあらゆる過程において総合的に事業を展開しています。また、持続可能なライフスタイル提案企業としてさまざまなサステナブル素材の開発と提供、そしてテックベンチャーへの投資やスマートウェアの開発を推進しています。2019年より、「MY WILL(マイ・ウィル)」をステートメントとし、サステナブル&テクノロジーに対する当社の姿勢を打ち出しています。
https://www.toyoshima.co.jp/

 
■豊島「VIRTUAL CLOTHING™」について

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O17-TA1xK2xT

パターンデータを読み込み3Dモデリングし、データを蓄積して実績を増やすことで作業を大幅に短縮し、アパレルの生産工程の効率アップに取り組んでいます。また、企画、サンプルチェック、フィッティングをバーチャルで確認し、早い段階から店頭及びEC販売まで検討できます。生産面では、仕上がり精度を高めることでサンプルコスト、配送代などのロスを削減し、各所でのサステナビリティを実現していきます。当社は製品の特徴に合わせて3Dソフト「BROWZWEAR」「CLO」「APEX4」を使い分け、より実物に近いサンプル提案に取り組んでいます。

 
■Pocket RDについて

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O10-cQnZuTc0

Pocket RDは世界中の人々のあらゆるコミュニケーションをより表現力豊かにするために、産声をあげました。3D技術の向上は5G、6Gが整備される中、コンテンツビジネスを充実化するために全世界的に必須と考えます。ゲーム、スポーツ、フィットネス、ヘルスケア、ファッション、映画、広告…活用の幅は広がり、その中核のすべてのコンテンツは、3Dによる知を得ることにより、画期的なビジネスが生まれると思います。私たちは未知のミライへのステップとして、世界中の既存の3D技術の粋を集め、より新しく、より面白いを革新的な技術により、不可能を可能にし、ひとつひとつそのミライをカタチにしてまいります。
会社名 : 株式会社PocketRD
代表者 : 代表取締役 籾倉 宏哉
所在地 : 東京都渋谷区東3-14-15 MOビル9F
URL   : https://pocket-rd.com/

 
■AVATARIUM(商標出願中)について

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108058550-O9-4DXB6K8J

完全自動・無人バーチャルヒューマン生成システム 「AVATARIUM」は撮影から用途に合わせたアバターを全て同時に自動生成することを可能とし、外部環境へもシームレスなエクスポートを実現。エクスポート時の対応ファイル形式は、OBJ、FBX、PLY、glTF、VRMを実装。特殊なアバターを活用するメタバースの対応も完了しており、今後も業界ニーズに合わせて順次機能追加して参ります。

 

※撮影環境や、衣服の着用状態によって影響を受ける可能性もあります。
AVATARIUM_ロゴ黒
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ