プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GAC MOTOR

インテリジェントシステム|テクノロジーが「Fortune 500」におけるGACの176位への飛躍をサポート

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108168815-O1-k5291LG8

AsiaNet 91147 (1857)

【広州(中国)2021年8月13日PR Newswire=共同通信JBN】約25年間にわたりGACは、合弁事業と協力に基づき、そしてまたGAC R&Dセンターへの広範な資金投入を通じて、独自のイノベーションを強化してきた。このテクノロジーへの投資は素晴らしい結果をもたらした。すなわち2021年8月2日の時点でGACはFortune 500の番付において一気にランクを30位上げ、176位へと飛躍した。

世界的な景気後退にもかかわらず、GACは2020年に収益で5%を超える成長を達成し、200万台以上の販売を達成した。2021年上半期の数字は特に素晴らしく、総売上高は25%以上増加した。

GAC Group 2021 Investors’ Day(GAC Group2021年投資家デー)で、GACは世界的な一流自動車メーカーになるための将来の成長の基盤を形成する驚異的な技術的成果のいくつかを発表、提示した。

▽コネクティビティー(接続性)、新エネルギー|今後数年のGAC

「No technology, no GAC(技術なければGACなし)」:このモットーは、GACとその子会社の開発戦略を如実に網羅している。

GAC計画の中心にあるのは、スマート接続と新エネルギーの2つの信条である。

GACグループは最近、複数の車両テクノロジーを開発およびアップグレードした。それにはL2++ 運転支援システム、L4自動運転車であるRobotaxi、GACが開発した印象的なコンセプトカーのMagic Box、および中国で最も先進的なインテリジェントコックピットの1つであるGIECが含まれている。

今後5年間に、GAC Groupは、独自のイノベーションを包括的に向上させ、電化、スマートコネクティビティー、デジタル化、公共化、国際化の5つの分野で高品質の開発を実現することに重点を置いて取り組む方針である。

その一面としては、EV(純粋な電気自動車)+ ICV(インテリジェントコネクテッドビークル)の生産に焦点を当てる新しいGAC New Energy Vehicle Industrial Park(GAC新エネルギー車工業団地)であり、これはより環境に優しく、低炭素で、持続可能な車両および生産への移行において非常に重要である。素晴らしいことに、GACは、2023年までにメインストリームの生産に入る予定であるため、民間市場向けのハイエンドの自動運転車の生産に関してハイテク大手のファーウェイ(Huawei、華為技術)とも緊密に協力している。

▽より良いものを希求して

Fortune 500で176位にランクしたことは、多角的なGAC Group全従業員の努力と結束を示すものである。これは誇るべき成果だが、GACはさらにより良いもの目指し、従来の限界を超えて、世界の舞台でさらにさらに高く登っていくよう取り組んでいる。

GACは今後5年間に向けすでに準備を整えた。さあ出発しよう!

ソース:GAC MOTOR

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=398454

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ