プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

東京都公立大学法人

東京都立大学において、ローカル5G環境活用実証フィールド提供事業の公募を開始

~日本最大級のローカル5G環境下で新たな5Gのユースケース創出へ~

 東京都立大学は、東京都の「『未来の東京』戦略」の取組の一環として、キャンパスに整備した日本最大級のローカル5G※を活用する「東京都立大学ローカル5G環境活用実証フィールド提供事業」を実施します。

 このたび、以下のとおり民間企業や研究機関等を対象に、本事業の公募を開始しますので、お知らせします。

※ローカル5G:地域や産業の個別のニーズに応じて、地域の企業や自治体等の様々な主体が自らの事業のために利用できる5Gシステムのこと

 

1 事業概要

 「東京都立大学ローカル5G環境活用実証フィールド提供事業」は、本学のローカル5G環境を活用し、先端的なシーズを有するスタートアップ企業をはじめとする民間企業や研究機関等と積極的に連携を図ることにより、新たな5Gのユースケースを創出することを目的としています。

 プロジェクトが採択された企業等には、5Gを活用した新たな製品・サービスの実証フィールドとして本学南大沢キャンパス及び日野キャンパスのローカル5G環境を提供し、実証実験の実施を支援します。

 

2 対象プロジェクト

 都民生活における課題解決を図るプロジェクトを募集します。本学のローカル5G環境を活用した製品・サービスの実証を行い、5Gの新たなユースケースの認知度の向上、社会実装に向けた課題の抽出、解決策の方針の提示、さらに持続的な事業の在り方を提示することを目指すチャレンジングなプロジェクトを対象とします。

 

3 募集期間

  令和3年8月10日(火)~ 令和3年8月31日(火)正午まで

 

4 プロジェクトに対する支援内容(詳細は「6 詳細及び公募情報」の特設HPに掲載)

(1)学内に整備した日本最大級のローカル5G環境※の無償提供

  ※4.7GHz帯と28GHz帯の特性を組み合わせて、キャンパスの広範囲を効率的にカバー
   (基地局数18局)

(2)実証事業実施に係る事業プロモーターによる支援

(3)その他事業の実施に当たって必要となるキャンパス環境の整備、大学リソースの活用等に係る支援・調整(例:学内イベントを活用した実証モニターの収集等)

 

5 実施期間

  採択日(令和3年9月上・中旬予定)から令和4年1月31日(月)まで

 

6 詳細及び公募情報

  「 東京都立大学ローカル5G環境活用実証フィールド提供事業 」特設HPにて公開しています。

  URL: https://tmu5g.tokyo/

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102495/202108108674/_prw_PT1fl_3RvNSxJo.png

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ