プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

IFLYTEK

中国のテクノロジー企業iFLYTEKがスマートソリューションで言語の壁を打ち破る

 

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202108108703-O1-hpd6pkN7

AsiaNet 91078(1830)

【合肥(中国)2021年8月9日PR Newswire=共同通信JBN】インテリジェントな音声と人工知能(AI)技術を専門とし、中国に本社を置く上場企業iFLYTEKは、スマート翻訳・録音製品によって最近日本で注目されている。特に、iFLYTEKスマート翻訳機は、現地でスポーツイベントを楽しもうと世界中から訪れるファンに便利な自動翻訳ソリューションを提供することで言葉の壁をなくすサポートをし、より深い試合観戦体験を促進する。

高度なAIと動画技術は、世界中の何億もの視聴者のため、ライブストリームのスポーツイベントにリアルタイムで導入されている。最大61の言語とリアルタイムのオンライン翻訳をサポートするiFLYTEK翻訳機を使用すれば、他にはないイベントの興奮を直接体験するためにスタジアムに集まったスポーツファンは、互いの言語を話さなくても簡単に楽々と意思疎通することができる。翻訳デバイスは、多言語コミュニケーションをサポートすることを通じて、仕事であれ教育の環境であれ、コミュニケーションの専門性と効率を高めることによって会議、講義、授業など数多くのシナリオで役立つことを証明してきた。

さらに、iFLYTEKのスマートレコーダーSR502は、日本での発売以来、主要な販売促進役を果たしている評判のよい口コミによって、国内のeコマースプラットフォームを通じて好調な売り上げを続けている。レコーダーはノイズを大幅に削減し、複雑なシナリオでのインテリジェントなマッチングを可能にして、人間の音声認識の性能を向上させている。音声からテキストへの変換精度は98%であり、仕事の効率を大幅に改善する。これらのスマート製品は、世界中のユーザーに実証済みの有用性を提供している。iFLYTEKの翻訳デバイスは、話す言語が異なるユーザー間のコミュニケーションの障壁を取り除き、その結果、世界の人々を近づける手段として機能する。

2022年の北京冬季五輪で自動翻訳ソリューションの公式独占サプライヤーであるiFLYTEKは、高度なAI技術を搭載した自動音声テキスト変換ソフトウエアをこの大会に提供し、与えられた任務を果たす計画である。このソフトウエアは、参加者同士、参加者と組織、イベントの最中の参加者とスポーツゲームの間のバリアフリーコミュニケーションに貢献する。

ソース:iFLYTEK

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=398182

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ