プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FEI(国際馬術連盟)

2020東京五輪 - 障害馬術団体予選

AsiaNet 91072 (1822)

【東京2021年8月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*目を見張らせるスウェーデンが楽々と障害馬術団体の決勝進出

2020東京五輪の障害馬術団体予選が6日、馬事公苑で多くのチームが参加して行われ、オフィスは大変な1日を過ごした。しかし、スウェーデンチームにとってはありふれたたやすいものだった。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1590292/Malin_Baryard_Johnsson_Sweden_Indiana.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1578235/Logo.jpg

障害馬術個人の初日が3日に始まってから、ヘンリク・ボンエチェルマン(Henrik von Eckermann)のKing Edward、マリン・バーヤート・ヨンソン(Malin Baryard-Johnsson)のIndiana、ぺデル・フレドリクソン(Peder Fredricson)のAll Inはいずれもバーを1本も落としていない。

フレドリクソンと15歳のAll Inは素晴らしい記録を出した。2016リオ五輪個人種目の完璧な騎乗で銀メダルを手にしたが、4日夜再び、この東京で個人の銀メダルを獲得した。

7日の障害馬術団体決勝は、6日夜の予選を通過した上位10チームが全てゼロスコアから競技を再開し、全く新しい大会になる。とはいえ、スウェーデンはその対決を控えて自信満々に見える。決勝で彼らは、ベルギー、ドイツ、スイス、米国、フランス、英国、ブラジル、オランダの挑戦を受ける。

ドラマチックな退場

日本を含む多くの国がドラマチックに退場した。個人で6位に入った福島大輔とChanyonは日本チーム1番手として減点8で終えたが、斎藤功貴とChilenskyが棄権して失権になり、決勝進出はならなかった。

次いで、アイルランドの先陣、シェーン・スウィートナム(Shane Sweetnam)とAlejandroが第10フェンスの垂直ウォータートレイで転倒した。彼らはけがなく退場したが、スウィートナムはチームと普段とても信頼できる馬のことを考えて、大きなショックを受けていた。

イスラエルのテディ・フロック(Teddy Vlock)は2回目の騎乗中、水濠障害リバプールオクサーで落馬した。11歳の牝馬はすでに第2フェンスを拒否し、途中2つのフェンスを落としていた。フロックは歩いて競技場を退出、医師の診断を受けてホテルに戻ることを許された。しかし、母国のメダルレース脱落も知らされた。

その対極にあるスウェーデンの選手団は、実に軽やかに会場を後にした。ベルギーとドイツのチームもとても快適に見えた。

スコアボード上で、スイスは減点10、米国は13、ディフェンディングチャンピオンのフランスは15になり、英国は17でランクアップした。予選通過の最終3チームには、減点25のブラジル、26のオランダ、27で終えたアルゼンチンが入り、トップ10からエジプトを押し出した。

2020東京五輪の障害馬術団体チャンピオンは間もなく決まる。

結果:https://tokyo2020.live.fei.org/
リポート全文:https://inside.fei.org/fei/your-role/media

画像
編集専用の画像は以下のFEI Flickrから入手可能。https://www.flickr.com/photos/gallery_fei/albums/72157708780958282

FEIソーシャルメディア
Facebook、Instagram、Twitter、FEI-YouTube
#Equestrian #Showjumping #Tokyo2020 #Olympics #Teamcompetition
#Individualcompetition

ビデオコンテンツ
ビデオ映像はhttps://fei.broadcast-content.tv/ で閲覧可能。ログイン情報はmedia@fei.org 参照。パスワード:FEI2018

メディアツールキット
FEI Equestrianのメディアツールキットは以下で閲覧可能:
https://inside.fei.org/system/files/EQUESTRIAN%20MEDIA%20TOOL%20KIT_TOKYO2020.pdf

大会期間中の各メディア最新情報と競技結果は以下参照:
https://inside.fei.org/fei/your-role/media
https://tokyo2020.live.fei.org/

五輪馬術の詳細は以下参照:
https://olympics.com/tokyo-2020/en/sports/equestrian/

FEI(国際馬術連盟)については以下参照:
https://inside.fei.org/fei/about-fei

▽メディア問い合わせ先
Shannon Gibbons
FEI Media Relations & Media Operations Manager
Shannon.gibbons@fei.org
+41 78 750 61 46

ソース:FEI

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ