プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Erickson Incorporated

Erickson Inc.が航空事業とMROの成長を加速するため、戦略提携候補先の評価を開始

AsiaNet 91066 (1821)

【ポートランド(米オレゴン州)2021年8月7日PR Newswire=共同通信JBN】Erickson Inc.は同社の成長を加速して業界の指導的立場を維持するため、戦略提携の候補先を検討するようHoulihan Lokey, Inc.に依頼したことを発表した。

Doug Kitani最高経営責任者(CEO)兼ディレクターは「当社は、われわれのビジョン、顧客と従業員へのコミットメントを共有し、航空と航空宇宙産業における戦略と運用の価値をもたらしてくれる戦略的パートナーを求めている」と述べた。

1971年に創業したEricksonの製造、保守・修理・点検(MRO)サービスには、相手先ブランド製造(OEM)としてS-64 Air Crane(R)ヘリコプターの製造と共に、航空宇宙OEMに向けた重要な航空宇宙用部品の製造がある。商用航空サービスにはEricksonが所有・展開する20機のS-64 Air Cane(R)ヘリコプターの運用が含まれ、消防、送電線建設、木材収穫、HVAC(冷暖房空調)、石油・ガスのための特殊重量物運搬を行う。

Kitani氏は次のように付言した。「当社の目的は、S-64 Super Air Craneの技術的進歩を含むEricksonの優れた資産を次の段階へと高め、MROの能力を拡大することだ。新しい戦略パートナーは当社の強みを補完し、Ericksonを次のレベルへと前進させ、こうしたレガシーと専門知識を持つ当社を、最も要求が厳しい航空事業とOEMレベルのMROサポートにおいて最初に選ばれるリーダーとして位置付けるだろう。実績と回復力を備えた企業として、当社の従業員とパートナーシップは最高の基準を追求するわれわれの使命を実現し、力を与えてくれる」

われわれはErickson。Tested and Trusted(R)(試され、信頼される)

▽Ericksonについて
Ericksonは国防・国家安全保障、製造、保守・修理・点検(MRO)、商用サービスに特化した航空サービスの大手グローバルプロバイダーである。Erickson ManufacturingおよびMRO サービスには、航空宇宙の相手先ブランド製造(OEM)のための重要パーツの製造だけでなく、OEMとしてのS-64 Air Crane(R)ヘリコプターの製造も含まれている。また、EricksonはBell 214ST & B/B1ヘリコプターの型式証明も保有している。商用航空サービスには、Ericksonが所有、展開するS-64 Air Crane(R)ヘリコプター20機の運用が含まれ、消火活動、送電線建設、木材収穫、HVAC(冷暖房空調)、石油・ガスのための特殊重量物運搬を行う。Ericksonは1971年に設立され、米オレゴン州ポートランドに本社を置き、北米、南米、欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋、オーストラリアで事業を展開している。

当社の製品およびサービスの詳細はウェブサイトericksoninc.com を参照。

▽問い合わせ先
HL@ericksoninc.com

ソース:Erickson Incorporated

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ