プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FEI

2020東京五輪 – 障害馬術個人の決勝進出選手

AsiaNet 91013

東京、2021年8月5日 /PRNewswire/ — 障害馬術個人 メダルをかけた手に汗握る戦いの幕開け(記者:Louise Parkes)

2020東京五輪の障害馬術は、本日個人戦予選が行われ、波乱に満ちた展開になり手に汗握るスタートとなった。感動的な雰囲気と障害物が設置された素晴らしいコースに魅了されている馬は多いが、明日の個人戦の決勝に進むことができるのは73人馬中、30人馬のみである。プロ中のプロの選手でさえ、予選の第14障害物が一番の難所だったこと認めた。サンティアゴ・ヴァレラ(Santiago Varela)氏のデザインによる色彩豊かな美しいコースは見事というほかなく、障害物もコース上に十分設置した。

スイスのマーティン・フックス(Martin Fuchs)選手は、2年前にロッテルダムで開催されたFEIヨーロッパ選手権で優勝したスーパースター、クルーニー(Clooney)をパートナーに迎えたが、それでも今日の予戦は大きな試練となった。
「コース自体はそれほどトリッキーではありませんでしたが、オリンピックということでプレッシャーがかかり、クルーニーもプレッシャーを感じていて、私もそれを感じていましたので、乗りやすさが今ひとつでした。しかし、たいてい彼は日ごとに調子が良くなるし、今週の最も難しいラウンドを乗り越えられたと思う。」とフックス選手は語った。

日本の福島大輔選手とチャニオン(Chanyon)は、予選7番手で出場し、クリアラウンドで一番乗りで決勝進出を果たした。この他、ベルギー、イギリス、アイルランド、スウェーデンから3名のライダーが出場し、スイスからはフックス選手と同胞のベアト・マンドリ(Beat Mandli)選手も出場し、エジプトとオランダからも2名の代表が出場する予定だ。

イギリスのベン・マーハー(Ben Maher)選手は、予選で最速のラウンドを記録し、明日の決勝に向けて、エクスプロージョンW(Explosion W)から最高の演技を引き出した。「長い間、待ち望んでいたことなので、今からドキドキしています。今日は十分な大きさのコースでしたが、多くの馬が少し神経質になってましたね。新しい障害物のせいなのか、照明のせいなのかわかりませんが、彼も緊張しているようでした。私にとっても今週で一番緊張したラウンドでした。彼はラウンドを重ねるごとに上達する馬なので、今日は少し様子を見ていましたが、もともとスピードのある馬なので、やるべきことはすべてやってくれました」とマーハー選手は語った。

予選で2番目に速かったのは、カルテロ(Cartello)をパートナーに持つアイルランドのダラー・ケニー(Darragh Kenny)選手だった。「この馬を知っている人は少なく、私も5月に新しいパートナーになったばかりです。ここ数ヶ月は素晴らしいジャンプを見せてくれましたが、今週は苦戦を強いられそうです。でも、彼はやる気になっているし、素晴らしいスタートを切ることができました」とケニー選手はコメントした。

結果ココ (https://tokyo2020.live.fei.org/ )
リポート全文ココhttps://inside.fei.org/fei/your-role/media

画像
画像は FEI Flickrhttps://www.flickr.com/photos/gallery_fei/albums/72157708780958282 )で編集用にのみご利用いただけます。

FEI ソーシャルメディア
Facebookhttps://www.facebook.com/the.fei/ )、Instagramhttps://www.instagram.com/fei_global/?hl=en )、Twitterhttps://twitter.com/FEI_Global?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor )、FEI-YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCb3uedNKWKG7gGDYQJ1VsWg
#Equestrian #Showjumping #Tokyo2020 #Olympics #Teamcompetition #Individualcompetition

ビデオコンテンツ
すべての映像は、次のログイン情報で https://fei.broadcast-content.tv/ で見ることができご覧いただけます。media@fei.org パスワード: FEI2018

メディアツールキット
FEI Equestrian Media Toolkitは こちらhttps://inside.fei.org/system/files/EQUESTRIAN%20MEDIA%20TOOL%20KIT_TOKYO2020.pdf

大会期間中のすべてのメディアの最新情報https://inside.fei.org/fei/your-role/media )や 競技結果https://tokyo2020.live.fei.org/ )をご覧いただけます。
オリンピックhttps://olympics.com/en/sports/equestrian/ )における馬術競技の詳細はこちらhttps://olympics.com/tokyo-2020/en/sports/equestrian/ )をご覧ください。

FEIhttps://inside.fei.org/fei/about-fei )について

メディア連絡先:
シャノン・ギボンズ(Shannon Gibbons)
FEIメディアリレーションズ&メディア運営マネージャー(FEI Media Relations & Media Operations Manager)
Shannon.gibbons@fei.org
+41 78 750 61 46

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1587580/FEI_Ben_Maher.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1578235/Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ