プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FEI

2020東京五輪 – 障害馬術個人の決勝

AsiaNet 91036

東京、2021年8月4日/PRNewswire/ — 個人金メダルに輝いた結婚間近のベン選手(記者:Louise Parkes)

今夜、馬事公苑で行われた2020東京五輪の障害馬術個人で獲得した金メダルを握りしめながら、イギリスのベン・マーハー選手は、「今回のオリンピックと2週間後に結婚することと、どちらがプレッシャーだったか自分でもわかりません!」と語った。

「夢かなと、信じられません。今夜か明日、目が覚めたときには実感できるのだと思います」と38歳のアスリートはコメントした。

12歳のエクスプロージョンW(Explosion W)をパートナーに持つマーハー選手は、昨日の予選大会ですでに集団をリードしていたため、今夜の最初のラウンドでは最終出場となってもベストな演技を引き出し、そして6人馬で行われたジャンプオフでは、他の人馬を圧倒した。スウェーデンのペデル・フレドリクソン(Peder Fredricson)選手は、オールイン(All In)と共に2大会連続で出場し銀メダルにとどまり、オランダのマイケル・ファンデルブレーテン(Maikel van der Vleuten)選手とボービルZ(Beauville Z)が銅メダルを獲得した。

ジャンプオフ
勇気、視野、スピードが試される最初のラウンドをデザインしたコースデザイナー、スペインのサンティアゴ・ヴァレラ(Santiago Varela)氏は再度称賛を浴び、30人の出場者のうち、スウェーデンの3人を含む6人がジャンプオフへの出場権を獲得した。

トーマス・バッハIOC会長は、今夜、馬術競技場にいた多くのIOC要人の一人で、ジャンプオフを選手を来賓席から見守ることができて非常に満足していた。

6人馬全員がジャンプを成功させ、パスファインダーを担当した福島大輔選手とチャニオン(Chanyon)を43秒76でゴールし、当初の目標を達成したときには、日本のスポーツ界に大きな衝撃を与えた。続いてスウェーデンの マリン・バルアルドヨンソン( Malin Baryard-Johnsson)選手が、気性の荒い牝馬インディアナと出場し、3秒早くビームを突破したが、同胞のペデル選手とオールインは、見事な走りで38秒02でラインを通過し、全体的なレベルを引き上げた。

続いて登場したマーハー選手に注目が集まった。2012年のロンドンオリンピックの団体で金メダルを獲得し、4度のオリンピックに出場しているこの選手は、手強いライバルであり、エクスプロージョンWでは別格の存在となっている。大きな期待を寄せられていたが、不屈の精神がプレッシャーを力に変え、12歳の優秀な馬と共に37秒85でゴールした。この記録は破ることは不可能と思われた。

スウェーデンの最後の選手、ヘンリク・フォンエケルマン(Henrik von Eckermann)選手は、キング・エドワード(King Edward )をというパートナーと共に全力を尽くし、39秒71でゴールした。この記録は銅メダルに十分だと思われたが、次に出場したオランダ人のマイケル選手が、妥協を許さない固い決意とともにもとスタートし、ボービルZを38秒90でゴールさせたことで、ヘンリク選手が表彰台に上ることを阻止した。

マーハー選手の金メダルは、イギリスにとって2020東京五輪で5つ目の馬術競技のメダルとなり、1900年に障害馬術がオリンピック種目に加わって以来、イギリスが個人種目で獲得した2つ目の金メダルでもある。同胞のニック・スケルトン選手は、5年前のブラジル大会でイギリスが初めて個人種目で金メダルを獲得した選手である。

結果 ココhttps://tokyo2020.live.fei.org/
リポート全文ココhttps://inside.fei.org/fei/your-role/media
画像は
FEI Flickrhttps://www.flickr.com/photos/gallery_fei/albums/72157708780958282 )で編集用にのみご利用いただけます。
FEI ソーシャルメディア
Facebookhttps://www.facebook.com/the.fei/ )、Instagramhttps://www.instagram.com/fei_global/?hl=en )、Twitterhttps://twitter.com/FEI_Global?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor )、FEI-YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCb3uedNKWKG7gGDYQJ1VsWg
#Equestrian #Showjumping #Tokyo2020 #Olympics #Teamcompetition #Individualcompetition
動画コンテンツ
すべての映像は、次のログイン情報でhttps://fei.broadcast-content.tv/ で見ることができご覧いただけます。media@fei.org パスワード: FEI2018
メディアツールキット
FEI Equestrian Media Toolkitは ここをhttps://inside.fei.org/system/files/EQUESTRIAN%20MEDIA%20TOOL%20KIT_TOKYO2020.pdf
大会期間中のすべてのメディアの最新情報https://inside.fei.org/fei/your-role/media )や 競技結果https://tokyo2020.live.fei.org/ )をご覧いただけます。
オリンピックhttps://olympics.com/en/sports/equestrian/ )における馬術競技の詳細はこちらhttps://olympics.com/tokyo-2020/en/sports/equestrian/ )をご覧ください。
FEIhttps://inside.fei.org/fei/about-fei )について
メディア連絡先:
Shannon Gibbons
FEI メディアリレーションズ & メディアオペレーションズマネジャー
Shannon.gibbons@fei.org
+41 78 750 61 46

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1588532/FEI_Ben_Maher.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1578235/Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ