プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Nexteer Automotive

Nexteerが2020年持続可能性リポートを発表、同社のESGジャーニーの前進を明示

AsiaNet 90870 (1719)

【オーバーンヒルズ(米ミシガン州)2021年7月27日PR Newswire=共同通信JBN】直感的モーションコントロールの世界的リーダーであるNexteer Automotive(https://www.nexteer.com/ )は、2020年における同社の持続可能性の成果を強調する年次の環境・社会・ガバナンス(ESG)/持続可能性リポートを発表した。リポートに概説されているように、製品と技術の専門知識に加え、Nexteerは企業の社会的責任に対するコミットメントを通じ、選ばれるビジネスパートナー、選ばれる雇用主として業界リーダーシップを実証し続ける。

Nexteer AutomotiveのSustainability Steering Committee(SSC、持続可能性委員会)議長でもあるTao Liu社長兼グローバル最高執行責任者(COO)は「Nexteerの2020年持続可能性リポートは、前例のない時代を経験する中でNexteerのグローバルチームが従業員の健康と安全の重視を強調し、より強い企業の社会的責任感を抱いて行動し、同時に事業を運営し前進させる新しい方法を学ぶことにより、いかに迅速に適応したかを強調する」「当社のイノベーションとテクノロジーを電気化など業界メガトレンドに一致させることや、倫理的で透明性の高い手法で事業を行うというコミットメントを維持することなどによって、Nexteerを差別化する要素として持続可能性を活用するための機会を見極め続ける」と語った。

Nexteerの2020年持続可能性リポートのハイライトには以下を含む:

*米Newsweek誌「米国の最も責任ある企業」リストへの2年連続の選出を評価
*EcoVadisより持続可能性評価を認定するシルバーメダルを獲得
*複数の「最高の雇用者」賞および多数の地域で「Great Place to Work(働きがいのある会社)」認定を取得
*Global Reporting Initiative(GRI)に言及した初のリポートで、国連の持続可能な開発目標(UN SDGs)を達成するための同社の貢献が含まれた第2のリポート
*7000時間の従業員コミュニティーサービスの貢献
*3層の持続可能性ガバナンス構造の重要な一部として、同社の社長兼グローバルCOOが議長を務めるSSCを設置
*Respect(尊重)、Inclusion(包摂性)、Support(支援)、Equity(公平性)(RISE)プログラムを策定し、全社的な多様性、公平性、包摂性を促進
*グローバルな部門横断的Climate Change Task Force(CCTF、気候変動タスクフォース)を正式化し、気候変動関連の影響と行動を評価する企業レベルの取り組みを調整

2020年、Nexteerは同社の環境管理システムの強化にも注力し続け、ISO 14001認証取得率93%を達成し、同時に、省エネ、温室効果ガス(GHG)排出回避と節水のプロジェクトを実施し、同社の環境フットプリントの管理に役立つ機会を模索し続けた。

このリポートで強調されているように、ビジネス倫理、サプライチェーン、環境・健康・安全、価値創造、コミュニティーというNexteerの5つの主要な重点領域は、持続可能性のマインドセットを同社のグローバル事業戦略と文化に融合するためのフレームワークを提供している。

Nexteer AutomotiveのRobin Milavec上級副社長兼最高技術責任者(CTO)兼最高戦略責任者(CSO)兼執行取締役兼SSCメンバーは「NexteerのESGの取り組みを前進させるジャーニーに従って進み、持続可能性を不可避のメガトレンドとして重視し、会社の包括的なStrategy for Profitable Growth(収益性の高い成長への包括的な戦略)との連携機会を模索し続ける」と述べた。

Nexteerは、香港証券取引所上場規則附則27「環境・社会・ガバナンスに関するリポーティングガイド」に従って、年次ESG/持続可能性リポートを発行している。

Nexteer Automotive 2020 Sustainability Reportの全文はhttps://www.nexteer.com/wp-content/uploads/EW01316-17.pdf を参照。

▽Nexteerについて
直感的モーションコントロールの世界的リーダーであるNexteer Automotive(HK 1316)は数十億ドル規模の世界的なステアリングおよびドライブライン企業であり、電動・油圧式パワーステアリングシステム、ステアリングコラム、ドライブラインシステム、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転技術を相手先ブランドの受託製造業者(OEM)に供給している。同社は北・南米、欧州、アジア、アフリカに27の製造工場、4つの技術・ソフトウエアセンター、13の顧客サービスセンターを戦略的に配置している。同社はBMW、フォード、GM、Stellantis、トヨタ自動車、フォルクスワーゲンや、インドと中国の自動車メーカーを含む世界のあらゆる主要地域の60以上の顧客に納品している。www.nexteer.com

Nexteerメディアセンターへのリンク(https://www.nexteer.com/media-center/

ソース:Nexteer Automotive

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ