プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Happy Plugs

Happy Plugs(R)が子ども・青少年世代を難聴から守るPlayを発表

AsiaNet 90826 (1698)

【ストックホルム2021年7月21日PR Newswire=共同通信JBN】
*スウェーデンのファッションテックブランドが抗菌加工を施したビーガンフレンドリーの子ども・青少年向けヘッドフォンを発表、安全で上質な音響を提供する

Happy Plugs(R)は、子どもや青少年のエンターテインメントへのニーズと両親の安全と品質への期待を完全に一体化した、子ども・青少年向けヘッドフォンのPlayを発表する。Playは3歳から15歳までの、より若いオーディエンスに向けて特別設計された有線と無線のエクスペリエンスで、彼らの繊細な耳に安全な音量レベルで最大の楽しみを提供する。

大音量で聞き続けると、時の経過とともに騒音性難聴を発症することがある。Playは世界保健機関(WHO)が推奨する85dBを上限とする音量を遵守し、有害な音量を制限することでわれわれの次の世代の聴覚を守る。WHOの最近の研究によると、12歳から19歳までの19.5%、つまり青少年の5人に1人は難聴を患っている。

PlayはBiomaster(R)抗菌技術を採用している。この技術は極めて効果的であり、劣化、変色、退色、においの原因となる迷惑な細菌の増殖を最大で99.99%抑える。この添加剤は製品の表面を常時保護する。Playに備わった抗菌保護機能は製品寿命を通して効果を発揮し、有害な影響は発生しない(注)。

Happy Plugsの創設者Andreas Vural氏は「子ども・青少年オーディエンス向けヘッドフォンの設計方法を革新できたことに興奮している。ヘッドフォン業界は大人の好みに合わせることに重点を置いており、より若いユーザーは大人と同じ質の体験を享受できないことが多かった。Playは子ども・青少年のために作られた。そのため、両親に安全面で安心してもらいながら、彼らはエンターテインメントを体験できる」と述べた。

Happy PlugsのTobias Ekman最高経営責任者(CEO)は「私はヘッドフォン企業のCEOとして、そして4歳児の親として、世界中の子ども・青少年に安全なリスニングをもたらすことが私の義務と思っている。彼らの聴覚を守ることに加え、当社は全世界の15歳未満、約20億人の子どものオーディエンスのために、比類のないデザイン、抗菌技術、ビーガンフレンドリーの素材を付加した」と述べた。

Playを使えば、音楽、ビデオ、ゲームを25時間聞くことができる。10分間の充電で、さらに5時間の体験が延長される。Playは通話やオンラインビデオ授業のマイクを搭載している。それに加え、USB-Cまたは3.5mm AUX出力を介して、友人のヘッドフォンと一緒に音楽や映画を共有するためのインスタントオーディオ共有が付属している。また、Playは最新のデザイン、柔らかくて高級なビーガンフレンドリーレザーを備え、82%のパッシブ・ノイズ・キャンセリングを実現している。

Happy Plugs Playの小売価格は僅か79.99米ドル、79.99ユーロ、69.99ポンドで、カラーはホワイト、ブラック、ピンクゴールドの3色。PlayはHappy Plugsの全世界の小売店、ならびにhappyplugs.com(https://happyplugs.com/ )で7月27日から入手できる。より詳しい情報はhttps://happyplugs.com/ を参照。

メディアルーム
https://bit.ly/Play-Media-Room

技術仕様
https://bit.ly/Happy-Plugs-Play-Specifications

(注)Biomaster(R)抗菌技術は病気の原因となる有機物からユーザーやその他を保護するものではなく、適切な衛生および/または洗浄の方法に代わるものではない。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1580199/Happy_Plugs_Play.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1580198/Happy_Plugs_Logo.jpg

ソース:Happy Plugs

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ