プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

OANDA

OANDAが経営陣強化、Philip Holemans氏をCFOに任命

AsiaNet 90866 (1714)

【ロンドン2021年7月27日PR Newswire=共同通信JBN】オンラインマルチアセット取引サービスや通貨データ、アナリティクスのグローバルリーダーであるOANDA(http://oanda.com/ )は、金融サービス界の重鎮であるPhilip Holemans氏を最高財務責任者(CFO)に任命したことを発表した。Holemans氏は同社の金融機能の最適化を担い、グローバル会計基準への準拠を確かなものとし、今後数年間にわたるOANDAの成長戦略の指揮に寄与する。

金融サービス部門で約20年間の経験を持つHolemans氏は、GE Capitalでの長年のキャリアでおそらく最も知られており、ベネルクス、ドイツ、チェコ共和国で同社のCFOを務めた。GE退社後、同氏はプラハ証券取引所上場のMoneta Money BankでCFO兼取締役会副会長の職務を果たした。Holemans氏はOANDAに入社する前は、プライベートエクイティが所有するイベリアのデジタルバンクであるWizinkでも最高財務責任者を務めた。

OANDAのGavin Bambury最高経営責任者(CEO)は「Philip(Holemans氏)は金融サービス業界の重要な専門知識をもたらす。当社が世界最大のマルチアセットブローカーの1つになるためのジャーニーを続ける中、彼の金融プランニングと分析、吸収合併、企業開発の深い知識は、極めて高い価値を持つことになる。Holemans氏を当社に迎えることは大変喜ばしい」と語った。

Holemans氏はさらに「OANDAチームと協力し、効率化を図り、収益性を向上し続け、事業の成長を一層促進する新戦略を見極め、実施するのを助けることを心待ちにしている」とコメントした。

▽OANDAについて
1996年に創立されたOANDAは、インターネット上において為替レートのデータを無料で提供した最初の企業であり、その5年後にFX取引プラットフォームを立ち上げ、ウェブベースの為替取引の開拓に貢献した。今日、同社はオンラインマルチアセット取引や通貨データ・アナリティクスをリテールと企業顧客に提供し、外国為替における他社の追随を許さない専門知識を実証している。世界で最も活発な金融市場の8つで認可組織を有するOANDAは、外国為替ビジネスの変革に尽力し続けている。より詳しい情報はoanda.com(http://www.oanda.com/ )を参照するか、Twitter(https://twitter.com/OANDA )、Facebook(https://www.facebook.com/OANDAfx )またはYouTube(http://www.youtube.com/user/oanda )のフォローを。

ソース:OANDA

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ