プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FEI

東京2020オリンピック – 総合馬術プレビュー

AsiaNet 90832

馬術競技は試練の連続になりそうだ

スイス・ローザンヌ市, 2021年7月25日 /PRNewswire/ — 2020年の東京大会は史上最も話題になったオリンピックの一つだ。1年遅れで開催されたこの大会は様々な課題がある中、世界の馬術競技界のスターたちが抱える疑問は明らかだ。 

3人のライダーによるノー・ドロップ・スコア方式がチームのメダル争いにどのように作用するのだろうか。そして、2018年のFEI世界馬術大会で個人戦で銀メダルを、その1年後にヨーロッパの個人タイトルを獲得した、Martin Fuchsと彼のスーパーホースであるClooneyのペアに個人戦金メダルで邪魔する者はいないのだろうか。

本大会に向けた団体戦の機会が少なかったため、予想は難しいが、先月行われたディビジョン1のネーションズカップを参考にすると、調子のよい国はスウェーデン、スイス、ドイツ、オランダだ。

8月3日に馬事公苑で開催される個人戦では、75名の選手がそれぞれの夢を追いかけ、8月6日の団体戦では、19カ国の選手が全力で戦う。オリンピック馬術競技では魅力的な4日間となる。

チーム・フランスは、2016年のリオ大会でオリンピック史上2度目となる金メダルを獲得したディフェンディング・チャンピオンのPenelope Leprevostが東京2020年の大会に再び参加する唯一のメンバー。これに加えてMathieu BillotとNicolas Delmotteが参加する。5年前の銀メダルはアメリカが、銅メダルはドイツがカナダとのスリリングなジャンプを制して獲得した。

リオ五輪では、16年前に転倒して首を骨折した58歳のニック・スケルトンが、ビッグスターとともに英国初のオリンピック個人戦タイトルを獲得しカムバックし、驚異的かつ感動的な成績を残した。銀メダルはスウェーデンのPeder Fredricsonと華麗なオールインのペアで、2017年にヨーロッパの個人戦で金メダルを獲得している。東京ではMalin Baryard-Johnson(Indiana)とHenrik von Eckermann(King Edward)が加わる。

英国は、2012年のロンドンオリンピックで60年ぶりに自国に金メダルをもたらしたチームの2名が選出されており、Scott Brash(Hello Jefferson)とBen Maher(Explosion W)の両選手も個人メダル獲得に向けてチャレンジする。

続きを読む [ https://inside.fei.org/fei/your-role/media ]

画像

画像は FEI Flickr [ https://www.flickr.com/photos/gallery_fei/albums/72157708780958282 ] で編集用にのみご利用いただけます。

FEI ソーシャルメディア

Facebook [https://www.facebook.com/the.fei/ ]、Instagram [ https://www.instagram.com/fei_global/?hl=en ]、Twitter [ https://twitter.com/FEI_Global?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor ]、FEI-YouTube [ https://www.youtube.com/channel/UCb3uedNKWKG7gGDYQJ1VsWg ]
#EquestrianShowjumping #Showjumping #Equestrian #Tokyo2020 #Olympics

動画コンテンツ
すべての映像は、次のログイン情報で https://fei.broadcast-content.tv/ で見ることができご覧いただけます。media@fei.org パスワード: FEI2018

メディアツールキット 
FEI Equestrian Media Toolkitは こちら [ https://inside.fei.org/system/files/EQUESTRIAN%20MEDIA%20TOOL%20KIT_TOKYO2020.pdf ]

大会期間中のすべてのメディアの最新情報 [ https://inside.fei.org/fei/your-role/media ] や 競技結果 [ https://tokyo2020.live.fei.org/ ]をご覧いただけます。

オリンピック [ https://olympics.com/en/sports/equestrian/ ]における馬術競技の詳細は こちら [ https://olympics.com/tokyo-2020/en/sports/equestrian/ ]をご覧ください。

FEI [ https://inside.fei.org/fei/about-fei ] について

メディア連絡先:

Shannon Gibbons
FEI メディアリレーションズ & メディアオペレーションズマネジャー
Shannon.gibbons@fei.org 
+41 78 750 61 46

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1580472/FEI_Nick_Skelton.jpg
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1578235/Logo.jpg 

Source: FEI

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ