プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Straive

StraiveがStraive Data Platform(SDP)を発表:非構造化データソリューションに特化したエンドツーエンドのデータ管理プラットフォーム

AsiaNet 90772 (1668)

【シンガポール2021年7月21日PR Newswire=共同通信JBN】テクノロジー主導のコンテンツとデータソリューションのマーケットリーダーStraive(旧SPi Global)は21日、Straive Data Platform(SDP)の発売を発表した。SDPは、非構造化データソリューションに特化したエンドツーエンドのデータ管理プラットフォームである。クラウドネイティブでマイクロサービスベースのアーキテクチャを備えたSDPは、構造化されていないソースからデータを抽出、濃縮し、企業が全データの力を活用できるようにする。SDPは、市場投入までの時間短縮、データカバー率の向上というメリットのほか、拡張性の高いソリューションと非構造化データ処理に特化した機能により品質の一貫性を企業にもたらす。

コンテンツやデータ(特に非構造化データ)の処理に関し長年の専門知識を有するStraiveは、非構造化データセットから実用的な知見を導き出す包括的ソリューションを企業に提供するべくSDPを開発した。SDPは、事前に構築されたコネクターと複数の取り込み経路を提供し、多様なソースとフォーマット(非構造化および構造化)からデータをキャプチャし、堅ろうで安全なデータ処理環境を提供しつつ、様々なタッチポイントにまたがるデータを統合し活用する。SDPは、人工知能と機械学習機能を使い、桁違いのデータ精度、品質、自動化を実現している。

SDPは、科学コンテンツ、金融サービス、リスクとコンプライアンス、法務、不動産などさまざまな業界のテキスト情報、公開データ情報、映像情報などのStraive使用事例で、以下のようなサービスを提供できるよう設計されている。

*カスタマイズが容易なワークフロー
*データの自動的な収集、抽出、用意
*自動スケーリング
*サードパーティのツールや製品とのシームレスな統合
*エンタープライズグレードのSLA

3-4カ月で1400万以上のウェブサイトから人や企業関連のデータポイントを抽出することから、年次報告書、CSR報告書、規制当局への各種提出物に載っている企業1万1000社の約900万以上の固有データポイントを追跡することまで、SDPは、非構造化データ向けの最も拡張性の高いソリューションの1つである。

StraiveのMurugesh Mayandi最高データソリューション責任者は「Straive Data Platformは、データソリューション分野における当社の数十年の経験とエンドツーエンド機能を1つにまとめたものだ。当社は、主要なビジネスの使用事例で増えつつある非構造化データ問題に対するプラットフォームベースのアプローチの自動化と適用のレベルを上げるべく、人材とプラットフォームに絶えず投資をしてきた。当社は、SDPを通じて、独自技術と、カスタマイズされた業界ソリューションを生み出して適用する特定分野に強い専門家チームによって、幅広い業界に対応できる体制を整えている」と語った。

Straive Data Platformの詳細については、以下を参照。
https://youtu.be/t0ypW4rhsdE

▽Straive(https://www.straive.com/ )(旧SPi Global)について
Straiveは、データサービス、特定分野の専門知識(SME)、テクノロジーソリューションを、調査コンテンツ、eラーニング/教育テクノロジー、データ/情報プロバイダーなど数多くの領域に提供している、市場をリードするコンテンツ・テクノロジー企業である。世界30カ国にまたがる顧客基盤を持つStraiveの地理的に多彩なリソースプールは、フィリピン、インド、米国、中国、ニカラグア、ベトナム、英国、そして本社のあるシンガポールの8カ国に戦略的に配置されている。グローバルな私募市場投資管理会社Partners Groupは2017年8月、顧客に代わってSPi Globalに投資した。

▽メディア問い合わせ先
Kshitiz Ahuja
Lead-Brand and PR
kshitiz.ahuja@straive.com

Photo:https://mma.prnewswire.com/media/1576533/Infographics_SDP.jpg
Logo:https://mma.prnewswire.com/media/1486326/Straive_Logo.jpg

ソース:Straive

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ