プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

富士森公園野球場(八王子市民球場)への 「モニュメント・クロック」寄附について

2021年7月20日
大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井 敬一
大阪市北区梅田3-3-5

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井 敬一)は、富士森公園野球場(八王子市民球場)に本日(2021年7月20日)「モニュメント・クロック」を寄附しました。

 富士森公園野球場は、65年前の1956年に開場した八王子市富士森公園内にある野球場です。全国高等学校野球選手権大会の西東京大会の予選会場になるなど、硬式野球の野球場として日々利用されています。
 当社は2016年、当野球場のネーミングライツを取得し、愛称を「ダイワハウススタジアム八王子」と決め、地域の皆様から親しまれてきましたが、2021年5月30日に契約満了を迎え、このたび「モニュメント・クロック」を寄附することになりました。
 今後は、「モニュメント・クロック」の設置により、スポーツ振興に寄与するとともに、地域の皆様と同じ時を刻み、地域の発展に貢献していきます。

■「モニュメント・クロック」概要
設置場所:富士森公園野球場入口広場
サイズ:幅500mm・奥行き400mm・高さ4,800mm
時計質量:10.7kg
駆動方式:交流式(電気)
時刻修正:長波電波
内部照明:白色LED
材質:ステンレス
メーカー:SEIKOグループ

■施設概要
施設名:富士森公園野球場(八王子市民球場、愛称「スリーボンドスタジアム八王子」)
所在地:東京都八王子市台町2-2(富士森公園内)
開場:1956年7月1日
所有者:八王子市
収容能力:最大11,289名(外野8,163名/内野3,126名)

 

 

release_20210720-2
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ