プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

WIPジャパン株式会社

海外展開したい経営者の約9割が、「事業再構築補助金」を活用した「ECやオンラインショップ」構築に興味

〜 海外展開への不安、現地の言語に対応できない、海外市場がわからない等が判明 〜

2021年7月20日
WIPジャパン株式会社

 WIPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表:上田輝彦)は、今後海外でEコマース、オンラインショップを構築したい製造業の経営者・役員105名を対象に、「事業再構築補助金」の利用に関する意識調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O1-oZ5c628T
調査概要
調査概要:「事業再構築補助金」の利用に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年7月6日〜同年7月7日
有効回答:「今後海外でEC、オンラインショップをしたい」製造業の経営者・役員105名

「事業再構築補助金」の存在を知っている経営者は87.6%
「Q1.あなたは、コロナ禍の経済社会の変化に対応するために経済産業省が発表した「事業再構築補助金」の存在を知っていますか。」(n=105)と質問したところ、

・「内容まで詳しく知っている」が51.4%
・「名前だけ知っている」が36.2%

という回答となりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O2-cFbAbqst
・内容まで詳しく知っている:51.4%
・名前だけ知っている:36.2%
・知らない:12.4%

8割以上の経営者が、事業の再構築や、経営活動のために事業再構築補助金を「活用したい」と回答 
 
「Q2.事業の再構築や、その他の経営活動のために「事業再構築補助金」を活用したいですか。」(n=105)と質問したところ、

・「とても活用したい」が47.6%
・「活用したい」が35.2%

という回答となりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O3-wmjKt0n8
・とても活用したい:47.6%
・活用したい:35.2%
・あまり活用したくない:8.6%
・全く活用したくない:1.0%
・分からない:7.6%

コロナ禍における「ECやオンラインショップ」での海外展開、難しいと思う経営者は約7割
 「Q3.コロナ禍においてEコマースやオンラインショップなどによる海外展開は難しいと思いますか。」(n=105)と質問したところ、

・「かなり難しいと思う」が20.1%
・「やや難しいと思う」が53.2%

という回答となりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O4-O6Y4D2X2
・かなり難しいと思う:20.1%
・やや難しいと思う:53.2%
・あまり難しいと思わない:24.8%
・全く難しいと思わない:1.9%

海外展開の不安、約半数が「現地の言語に対応できない」
 「Q4.コロナ禍におけるEコマースやオンラインショップなどによる海外展開の不安を教えてください(複数回答)」(n=105)と質問したところ、

・「物流・法律などの知識が足りない」が59.0%
・「売れるかどうかの判断が難しい」が54.3%
・「現地の言語に対応できない」が45.7%

という回答となりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O5-pPZ7gyv3
・物流・法律などの知識が足りない:59.0%
・売れるかどうかの判断が難しい:54.3%
・現地の言語に対応できない:45.7%
・現地の購買の文化を知らない:37.1%
・限られた予算で翻訳を対応できるかわからない:31.4%
・その他:7.6%
・特にない:2.9%

その他の不安として、「外国語の理解力不足」「海外用ホームページの構築」などの声
 Q4で「特にない」と回答した方以外に
「Q5.海外展開の不安をQ4以外にあれば教えてください(自由回答)」(n=102)と質問したところ、

・「外国語の理解力不足」「海外用ホームページの構築」など

76の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・58歳:外国語の理解力不足。
・67歳:海外用ホームページの構築。
・26歳:言語が通じない。
・49歳:海外マーケット調査、ニーズ対応、文化。
・55歳:トレンドの把握。
・71歳:現地の商いの慣習がよくわからないのが不安。

 経営者の約9割が、「事業再構築補助金」を活用した「Eコマースやオンラインショップ」構築に興味
 「Q6.事業再構築補助金を利用できるとしたら、Eコマースやオンラインショップ構築についてご興味ありますか。」(n=105)と質問したところ、

・「かなり興味がある」が43.8%
・「やや興味がある」が41.9%

という回答となりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O6-xGC2obo1
・かなり興味がある:43.8%
・やや興味がある:41.9%
・あまり興味がない:10.5%
・全く興味がない:3.8%

多言語ECサービスの魅力、「コスパ」に続き、「専門分野に対応」「取扱言語が多い」など
 「Q7.どのような多言語ECサービスに魅力を感じますか。(複数回答)」(n=105)と質問したところ、

・「コストパフォーマンスが高い」が59.0%
・「自社の専門分野に対応している」が49.5%
・「取扱言語が多い」が48.6%

という回答となりました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O7-us5FukIR
・コストパフォーマンスが高い:59.0%
・自社の専門分野に対応している:49.5%
・取扱言語が多い:48.6%
・ネイティブ特有の言い回しにも配慮している:47.6%
・コンテンツに左右されず、翻訳品質を一定に保ってくれる:36.2%
・SEO対策の意図を汲んでくれる:29.5%
・わからない/特にない:8.6%
・その他:1.0%

まとめ
 本調査では、「今後海外でEC、オンラインショップをしたい」製造業の経営者・役員105名を対象に、「事業再構築補助金」の利用に関する意識調査を行いました。
 
 結果として、87.6%の経営者が「事業再構築補助金」の存在を認知しており、8割以上の経営者が、事業の再構築、経営活動のために事業再構築補助金を「活用したい」ことが明らかになりました。
 
 また、約7割の経営者が、コロナ禍における「Eコマースやオンラインショップ」での海外展開は「難しい」と実感しており、その不安要素として、「現地の言語に対応できない」や、「外国語の理解力不足」「海外用ホームページの構築」などが挙げられました。
 
 一方で、「事業再構築補助金」を活用した「Eコマースやオンラインショップ」の構築には、約9割の経営者が興味を示しており、「コスパ」が高く、「専門分野に対応」し、「取扱言語が多い」多言語ECサービスが求められています。
 
 コロナの影響で経済社会が大きく変化しています。経営活動を継続するために、多くの経営者が、事業の再構築を検討しているのではないでしょうか。

 「ECやオンラインショップ」を活用した海外展開は、まさにコロナ禍において需要を高めており、「事業再構築補助金」を上手に活用することで、現地言語への対応などの課題も解決できそうです。

参考:
近日、関連セミナーを開催します。詳細は以下に掲載します。

急速な経済回復に備えよ!「事業再構築補助金(最大1億円)」を活用して売上を上げるオンライン説明会(無料)
7月27日(火)17:30~19:00 オンライン(Zoom)開催https://japan.wipgroup.com/about/seminar/210715

—————————————————–
WIPジャパンについて 
1995年に、「もっと理解しあえる世界をつくりたい」を理念として創業。世界400以上の都市に拡がるネットワークを活用し、官公庁・地方自治体・国内外有力企業・調査研究機関など約8,000社(2021年2月現在)の顧客に、高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供し続けています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107197834-O8-35K5B4gU
—————————————————–
参考

【認証に関する他情報】

登録番号:JSAT 054 
適用規格:ISO 17100:2015
認証機関:日本規格協会ソリューションズ株式会社
登録日:2021年2月1日
※WIPジャパンの翻訳サービスの全てがISO17100に準拠しているわけではない点ご留意ください。

【会社概要】

社名:WIPジャパン株式会社
代表取締役社長:上田輝彦
所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町1-6-8
電話(代表):03-3230-8000
創業:1995年11月
資本金:9125万円
事業内容:翻訳・通訳・外国語人材派遣紹介・海外調査マーケティング
—————————————————-

「事業再構築補助金」の利用に関する意識調査
Q1
Q2
Q3
Q4
Q6
Q7
wip
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ