プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社Pocket RD

完全自動アバター生成システムPocket RD「AVATARIUM」とバーチャル渋谷が連携

自分だけのオリジナルアバターとバーチャル空間の連携により、リアルとバーチャル両方で体験拡張を加速

  株式会社Pocket RD(本社:東京都渋谷区、代表取締役:籾倉宏哉)は、KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とし 、73社で運営する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト(以降、プロジェクト)」の展開する渋谷区公認プラットホーム「バーチャル渋谷」において、自社開発する業界最速(Pocket RD調べ)で自身のアバターを自動生成できる統合システム「AVATARIUM(アバタリウム)」の連動を開始いたします。
「AVATARIUM(アバタリウム)」の提供により、リアルの渋谷におけるエンターテイメント体験とバーチャル空間ならではのエンターテイメント体験の融合を加速するコラボレーションを始動します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107147654-O6-9tl35yJU

 本取り組みは、Pocket RDと「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」を主導しているKDDI・渋谷未来デザインによるコラボレーションプロジェクトです。
簡単に自分のアバターが作成でき、カスタマイズも楽しめる「AVATARIUM(アバタリウム)」を渋谷の街に展開します。

 「AVATARIUM(アバタリウム)」は全身を撮影したデータから、完全自動でオリジナルアバターの作成ができ、アプリから簡単にカスタマイズすることができるアバタープラットフォームです。今まで専門的な知識が必要だったオリジナルアバター作成をワンストップで簡単にできるようになります。
生成したアバターを「バーチャル渋谷」との機能連携を進め、自身のオリジナルアバターでバーチャル空間を回遊することが可能になります。

 
 今後の展望や期待について、一般社団法人 渋谷未来デザイン 理事・事務局次長 長田新子は次のように述べています。
「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは、我々が目指す官民組織連携のあり方〜多様な主体がこれまでにない仕組みで共創し実装すること〜をまさに体現しているプロジェクトであり、今回参画されたPocket RDと新たな取り組みがスタートすることにワクワクしています。
コロナ禍で生まれた「バーチャル渋谷」ですが、新しい都市体験のあり方として昨年の5月からスタートし、2年目となる今年は次なるチャレンジへのフェーズに突入しています。
個人的にもバーチャル渋谷をきっかけにアバターで多くのイベントに参加し、今までに触れたことがなかった世界の広がりやコミュニケーションが生まれ、ストレスが多かった時期にオルタナティブな楽しみ方を提供してもらいました。
今回の街中のスポットで自身を撮影しオリジナルアバターを自動生成できる「AVATARIUM」により、まさに世界で一つのオリジナルアバターでバーチャル空間を楽しめることが可能になることで、多様な人が集まる渋谷らしいボーダーレスな体験と新たな自分を発見するような時間を是非過ごしてもらえたらと思っています。」

 
 本取り組みは、今夏から順次開始を予定しており、アバターを接点にリアルの渋谷とバーチャルの渋谷との融合にて新しいエンターテイメント体験の提供を目指します。

 
AVATARIUMについて

 「AVATARIUM」は撮影から用途に合わせたアバターを全て同時に自動生成することを可能とし、外部環境へもシームレスなエクスポートを実現。エクスポート時の対応ファイル形式は、OBJ、FBX、PLY、glTF、VRMを実装。
特殊なアバターを活用するメタバースの対応も完了しており、今後も業界ニーズに合わせて順次機能追加して参ります。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107147654-O3-06uITWka

 
Pocket RDについて

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107147654-O4-FsGx4Yw3

 Pocket RDは世界中の人々のあらゆるコミュニケーションをより表現力豊かにするために、産声をあげました。
3D技術の向上は5G、6Gが整備される中、コンテンツビジネスを充実化するために全世界的に必須と考えます。
ゲーム、スポーツ、フィットネス、ヘルスケア、ファッション、映画、広告…活用の幅は広がり、その中核のすべてのコンテンツは、3Dによる知を得ることにより、画期的なビジネスが生まれると思います。
私たちは未知のミライへのステップとして、世界中の既存の3D技術の粋を集め、より新しく、より面白いを革新的な技術により、不可能を可能にし、ひとつひとつそのミライをカタチにしてまいります。

会社名 : 株式会社Pocket RD
代表者 : 代表取締役 籾倉 宏哉
所在地 : 東京都渋谷区東3-14-15 MOビル9F
URL   : https://pocket-rd.com/

 

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ