プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

DriveNets

DriveNets、同社のネットワーククラウドの成長する勢いをサポートするためにアジア太平洋地域での事業を拡大

AsiaNet 90565

DriveNetsのネットワーククラウドが市場における先進的な高スケールの分離・分散型ネットワーキングソリューションとなる中、強力なベテラン業界リーダチームが同社に参画することになりました。 

イスラエル、ラーナナ、2021年7月13日/PRNewswire/ — ネットワーキングソフトウェア企業のDriveNetshttps://drivenets.com/ )は本日、DriveNetsネットワーククラウドでの通信サービスおよびクラウドプロバイダからの関心の高まりに対応するために、アジア太平洋地域での事業を拡大していくことを発表しました。DriveNetsは同地域の革新的通信サービスおよびクラウドプロバイダーと協力するためにCiscoやJuniperからの上級経営者を含め、極めて経験豊かな技術販売および事業の専門家を採用しました。新チームの中には、ラルフ・カンディロロ – DriveNetsアジア太平洋地域上級副社長 (元Juniperの上級副社長、元Tellabsでの副社長)(https://www.linkedin.com/in/ralph-candiloro-9157178/ )、そして井上雅雄 – DriveNets Japan社長(元シスコシステムズGK副社長、元日本アルカテル・ルーセント取締役副社長)の就任を含んでいます。

先行成功している米国市場に続き、ルータのホワイトボックス化をはじめとしたDriveNetsネットワーククラウドのビジョンに対する勢いは、アジア太平洋地域でも急激に高まっており、既に20社程度との営業活動が進行中です。通信サービスプロバイダやウェブスケーラーからの世界的な関心は、オープンで分離・分散型ネットワークモデルの採用要求が高まっています。

「DriveNetsは明確なビジョンを持つサービスおよびクラウドプロバイダ企業顧客のネットワーク変革や経済化をクラウドやモバイルの世界で加速させるお手伝いができることを大変楽しみにしております。近年の通信インフラプロジェクト(TIP)の要求仕様書(RFI)でも、市場の分離・分散型ネットワーキングに対する需要の高まりを示しており、当社は、アジア太平洋地域でのその勢いに注目しています。」とDriveNetsのCEOで共同創設者であるイド・スーザン氏は述べていました。「DriveNetsのアジア太平洋地域での適切なチームがいる事で、ビジネスモデルの変革、革新的新サービス創出、また、新たなレベルの規模で事業者の発展をドライブしてまいります。」

アジア太平洋地域チームは日本、インド、東南アジア、中国、オーストラリア、およびニュージーランドに特に重点を置き、DriveNetsがより強力な事業基盤で地域の顧客、また、DriveNetsネットワーククラウド展開のフルライフサイクル管理を共に行うパートナへのフルサポートを確実に行えるようにしていきます。秋には東京にオフィスを開設する予定です。

「当社では今後5年間にわたり、高スケールで、通信企業レベルのインフラの半数が分離・分散型ルーターに移行すると予想しています。」と650 Group技術アナリストのアラン・ウェッケル氏は述べていました。「DriveNetsネットワーククラウドはこの移行における主要リーダーです。アジア太平洋地域の通信企業は、この地域が分離・分散型ルーターの最大の消費地域の1つになるため、大きなメリットを受けることになります。」

DriveNetsについて

DriveNetsはクラウドなどのネットワーク構築する急成長ソフトウェア企業です。同社は、通信サービスプロバイダーやクラウドプロバイダーにネットワーク構築の急進的新手法を提供し、ネットワークの拡張をネットワークのコストから切り離し、ネットワークの収益性を向上させます。

2人の成功した通信会社の起業家、Ido SusanとHillel Kobrinskyによって設立されたDriveNetsネットワーク クラウドは、標準的なホワイトボックス上で動作するクラウドネイティブなソフトウェアとに基づく、トップレベルのオープンな分離・分散型ネットワーキングソリューションです。DriveNetsは、2020年のLeading Light賞でカンパニー・オブ・ザ・イヤー(未上場企業)、第21回年間World Communications賞でベンダー部門イノベーション賞を受賞しています。詳細については、www.drivenets.comにアクセスいただき、当社のメディアキットをご覧ください。

1月に、DriveNetsはシリーズBの資金調達において2億800万ドルとり、同社は企業評価額が10億ドル以上となったことを発表しましたhttps://www.prnewswire.com/il/news-releases/drivenets-raises-208-million-funding-to-build-the-network-cloud-infrastructure-of-the-future-837725644.html )。投資は、サービスプロバイダーとハイパースケーラーへ、より低コストでさらに高いキャパシティーと規模でネットワーク構築を行う急進的で新たな手法の提供を継続していく製品提供をさらに開発するために使われることになります。

メディア連絡先:

Judith Arkush
judith.arkush@si14global.com 
+972 52-351-7698

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ