プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GIGABYTE

GIGABYTE、好調の波に乗り、さらに2機種のHDMI 2.1対応4Kゲーミングディスプレイを発表

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107127562-O1-hiR7E5SE

AsiaNet 90445

【台北2021年7月12日PR Newswire】
最近の4Kゲーミングモニターの競争で、GIGABYTEはHDMI 2.1対応の世界初の4KタクティカルゲーミングモニターであるAORUS FV43Uで素晴らしいスタートを切った。FV43Uは4K画像品質、eスポーツグレードのリフレッシュレート、HDMI 2.1規格などの最高の仕様によって大きな期待を集め、発表されるとたちまち巨大な関心を集めてNeweggでの発売当日に売り切れた。FV43Uは世界的に有名なテックメディアのTom’s Hardwareでも称賛され、ゲーミング部門でクラスをリードする性能が認められてエディターズチョイス賞が授与され、「The King of the 43-Inch Class(43インチクラスの王者)」と呼ばれた。

GIGABYTEはFV43Uの人気と素晴らしい販売記録に乗り、同様にHDMI 2.1対応の4Kゲーミングモニター2機種を発売して勝者の走りを継続する。32インチのAORUS FI32Uと48インチのAORUS FO48Uが間もなく発売される。高度なハードウエア仕様に加え、この2機種の4Kディスプレーは解像度とサイズの完璧な調和を実現する。これはPCゲーマーと新世代のコンソールゲーマーが4Kゲーミングモニターを求める際に長い間待ち望んでいたものだ。

最速かつ最も優れた応答性の4KゲーミングモニターであるFI32Uは、スムーズな4Kゲームを実現するRTX3080のような最上位のグラフィックスカードを使いこなすPCゲーマーを主な対象にしている。この32インチモニターはHDMI 2.1と最大144Hz/1ms GTGのSuperSpeed IPSを搭載する、市場に出ている中で唯一の4Kゲーミングモニターであり、美しい色彩とコントラストを同時に実現して流れるように滑らかな4Kゲーミングを確実なものにする。

新世代のコンソールプレーヤーに向けた大型サイズのFO48Uは、高級OLEDパネルを使った世界初の48インチゲーミングモニターである。PlayStation 5やXbox Series XのようなデバイスはFO48UのHDMI 2.1の帯域幅によるメリットをフルに活用し、最新の4K/120Hzのゲーミングパフォーマンスを解き放つことができる。また、FO48Uはゲーマーを好みのゲーミングワールドにさらに引き込むため、サウンドバー仕様のSpace Audioも搭載している。

4Kプロゲーミングが始まる。GIGABYTE AORUS 4Kディスプレーのラインアップと、その強力なゲーミング機能一式について、より詳しくはhttps://www.aorus.com/monitors/4k を参照。

ソース:GIGABYTE

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=395338
(写真説明:GIGABYTE、好調の波に乗り、さらに2機種のHDMI 2.1対応4Kゲーミングディスプレイを発表)

 
(日本語リリース:クライアント提供)

GIGABYTE、好調の波に乗り、さらに2機種のHDMI 2.1対応4Kゲーミングディスプレイを発表
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ