プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Saildrone, Inc.

世界で最も先進的な自律調査艇がサンフランシスコからハワイへの洋上横断を達成

AsiaNet 90544 (1572)

【ホノルル2021年7月9日PR Newswire=共同通信JBN】自律型の無人艇Saildrone Surveyorが、サンフランシスコからホノルルへの画期的な処女航海を終え、9日にホノルルに到着する。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1560420/Saildrone_Surveyor.jpg

Saildroneの自律水上艇の洋上横断は目新しいことではないが、Saildrone Surveyorは、深海マッピング用に最適化された、はるかに大きなクラスの新型水上艇だ。28日間の航海で、Saildrone Surveyorは2250海里(4167キロメートル)を走破し、6400平方海里(11852.8平方キロメートル)の海底をマッピングした。

再生可能な風力と太陽エネルギーを主動力としているSaildrone Surveyorは、長距離耐久性に優れ無人の海洋マッピング操作が可能な世界で唯一の水上艇だ。収集した貴重なデータは、気候変動、オフショア再生可能エネルギー、天然資源管理、海洋安全など、世界に影響を与える問題に対処するのに役立つ。

長さ72フィート(22メートル)、重さ14トンのSaildrone Surveyorは、通常は大型の有人測量船で運ばれる高度な一連の音響機器を登載している。Saildrone Surveyorのセンサーは、水柱を詮索して水中生態系を観察し、海底2万3000フィート(7000メートル)の深さまで高解像度でマッピングする。

Saildrone Surveyorのマ​​ルチビームデータは、米ニューハンプシャー大学(UNH)の外部チームによって測定および評価された。このチームは通常、大型の政府測量船を測定している。UNH Center for Coastal and Ocean Mapping(CCOM)のディレクターであるLarry Mayer氏は「Surveyorのデータ品質は非常に高く、これまでに船から見てきたものと同様の品質である。この水上艇は風力発電であることから非常に静かで、それによってこれだけの深さをマッピングするのに必要な非常に正確な音響測定が可能になる」と述べた。

海洋は地球の70%以上を占めるが、その80%以上がまだマッピングされず、探査されていない。海洋探査が実施されていない主な原因は、従来から大型船によって行われていたことから海洋アクセスコストが高いためである。これらの船は、建造に数億米ドル、運航に1日あたり数十万ドルの費用がかかる可能性がある。Saildrone Surveyorは、海洋アクセスコストのパラダイムシフトを実現して測量船と同様の業務を行っているが、それをわずかなコストと二酸化炭素排出量で達成できる。

SaildroneのRichard Jenkins創業者兼最高経営責任者(CEO)は「今回の処女航海の成功は、地球を理解するための当社の能力における革命を示すものだ。当社は信頼性の高い長距離かつ大容量のペイロードの遠隔海洋運用の課題を解決した。大型艇と乗組員がいなくてもオフショア調査の遂行が可能になったことにより、当社の顧客の運用経済は一変される。今回の成果に基づいて、国土の安全保障や防衛用途といった通常は大型船専用である他の市場に、Saildrone Surveyorのテクノロジーを適用することを楽しみにしている。これらの重要な海事任務に対して低炭素ソリューションが持つ意味は大きい」と述べた。

この概念実証の航海の成功により、米カリフォルニア州のSaildrone, Inc.はいま、米国の造船所で製造されるSurveyorのフリートを構築できるようになる。Saildroneは、今後10年で地球全体の海をマッピングする予定だ。

▽Saildroneについて(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3222018-1&h=4085293978&u=https%3A%2F%2Fwww.saildrone.com%2F&a=About+Saildrone

Saildroneは、世界で最も能力と実績があり、信頼できる無人水上艇(USV)のフリートを設計、製造、運用する米国の小規模企業だ。Saildrone USVは風力と太陽光を主たる動力源とし、炭素排出量を最小限に抑え、高度なセンサーとMLテクノロジーを備えており、1年中いつでもあらゆる海から重要なデータとインテリジェンスを提供する。ソリューションには、海事領域の認識、海洋データ、海洋マッピングが含まれる。Saildroneの運用とデータ収集サービスは暗号化されており、安全だ。

画像と映像資料はこちらをクリック(https://saildrone.mediavalet.com/portals/saildrone-surveyor-completes-ocean-crossing-san-francisco-hawaii )。

▽問い合わせ先
Susan Ryan
Vice President Marketing
(314) 914-5008
susan.ryan@saildrone.com

ソース:Saildrone, Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ