プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通

電通、スタートバーンおよび電通イノベーションイニシアティブと協働でNFT事業の構築支援サービスを開始

ブロックチェーン活用によりコンテンツホルダーとファンとの新たな関係構築のために

 2021 年 7 月 9 日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐 博、以下:電通)は、電通ジャパンネットワーク傘下でR&Dを推進する組織「電通イノベーションイニシアティブ」とアート作品のブロックチェーン流通基盤構築および証明書発行事業を手掛けるスタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井 泰平、以下:スタートバーン)と協働で、アニメやエンターテインメント、スポーツ領域などのコンテンツホルダーを対象に、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)事業の構築支援サービスを開発、本日より電通およびスタートバーンが提供を開始します。スタートバーンのブロックチェーン/NFTの技術と電通が長年培ってきたマーケティングの知見をかけあわせ、コンテンツホルダーやクリエイターとファンの新しい関係性、コミュニティーの構築を支援します。

 コピーが簡単なデジタルの分野にあって、NFTはブロックチェーン技術を活用して改ざんを防止し、コンテンツの所有者であることを証明でき、2次的、3次的な取引ごとに著作権者(制作者/アーティスト)に収益を還元できる仕組みが作れることから注目を集め、関連市場の拡大が見込まれています。しかし、各社のマーケットプレイス同士に互換性がなく、それらをまたいで当初の情報や設定ルールなどが継承されないなどの課題があります。この課題を解決し、さらにNFTを活用してよりよいコンテンツ体験を提供するため、スタートバーンとの協業による当サービスの提供に至りました。

 ファン心理やマーケティングに知見を持つ電通と、複数のマーケットプレイスを横断したアート作品の価値継承を支えるブロックチェーン基盤を提供するスタートバーンがタッグを組むことで、コンテンツホルダーとファンとの関係性がより良くなるようなユーザー体験の設計、NFT発行・販売の戦略策定、UI/UXデザイン、NFTの発行・販売に必要なシステムおよびインターフェイスの企画開発まで、NFT事業の構築に必要なサービスを一気通貫で提供します。また、コンテンツホルダーの持つコンテンツの特長や方針に合わせたNFT事業構築を支援します。

 電通およびスタートバーンは、ブロックチェーンの技術を活用することで、コンテンツの価値を守りながら、新しいファン体験や、コンテンツホルダーやクリエイターとファンとの新しい関係構築の支援を目指します。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107097466-O1-8qVt5J6Z

<スタートバーンのNFTインフラシステムの特長>
①コンテンツを長期的に守り育むために重要な2次流通管理の仕組み
 ・発行者やコンテンツの情報に加え、利用規約や還元金の設定がサービスをまたいで継承可能

②ユーザー(ファン)に暗号通貨を意識させない仕組み
 ・ユーザー側でウォレットを準備する必要がなく、メールアドレスやSNSアカウントでログイン可能
 ・法定通貨で決済可能(ガス代は運営サービス側が肩代わり可能)

③安価でサステナブルな仕組み
 ・新たに「Polygon」を採用することで、取引コストおよび電力消費量を削減

④モノとの紐付け
 ・ICタグの技術を活用することで、デジタルだけでなくリアルなモノとNFTの情報の紐付けが可能

<電通の役割>
①NFTのUXデザインコンサルティング
 - NFT化する対象物のデザイン
 - NFTを保有することで得られる特別な体験や権利などのユーティリティーデザイン
 - サービスをまたいだNFTのユーティリティーデザイン
②コンテンツやブランドの世界観を大切にしたUIの企画開発

以上

 

【事業に関する問い合わせ先】
株式会社電通 コンテンツ・ビジネス・デザイン・センター 
       武田、馬場
       Email:cbdc-info@dentsu.co.jp

株式会社電通 スポーツビジネスマネジメント室 
       安渕、村木
       Email:sportsdx@dentsu.co.jp

 

21-040スタートバーンとの協業図表
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ