プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

日本初のドローン向け新料金プラン「LTE上空利用プラン」の提供を開始

~レベル4時代における目視外飛行の社会実装に向けてセルラードローンを実用化~

2021年7月8日
株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、無人航空機(以下、ドローン)向けに、月額49,800円(税込)で上空におけるLTE通信を月間データ容量120GBまでご利用いただける新たな料金プラン「LTE上空利用プラン」(以下、本料金プラン)を、本日から提供開始いたします。また、本プランのご契約者がドローンをご利用の際に、利用場所や日時、台数、高度などを事前に予約していただく「LTE上空利用予約」もセットで提供いたします。ドローンを用いて上空でモバイルネットワークを利用することが可能となる料金プランの提供は国内初※1となります。

 

 上空におけるモバイルネットワークの利用は、地上で利用する電波への干渉を避けるため、電波法による監理のもと限定的な利用となっておりましたが、関係省庁や企業団体等による官民協議会が提唱する「空の産業革命」の実現に向け、上空での送信電力制御や、上空で利用する周波数帯の限定などを条件に、2020年12月に上空におけるモバイルネットワーク利用を拡大する制度が整備されました。

 

 ドコモは、上空でのLTE通信端末の送信電力を最適化するネットワーク機能である「送信電力最適化機能」を開発し、すでに運用を開始しておりましたが、さらに今回上空で利用可能な周波数を限定する「周波数帯域制限(band制限)機能」も開発しました。これらの機能を活用し、上空でのLTE通信を基地局から適切に制御することで、地上でモバイルネットワークを利用する端末への電波干渉を軽減することが可能となります。また、LTE通信モジュール内蔵型ドローンを活用した実証実験として、中北薬品株式会社およびICソリューションズ株式会社、エアロセンス株式会社の協力のもと、「LTEを活用した医薬品ドローン物流実証」を実施し、片道10kmを往復する目視外飛行に成功しました。

 

 これらの取り組みにより、今後は「上空でモバイルネットワークを利用するドローン(以下、セルラードローン®)」の活用が可能となることから、本料金プランを提供することとなりました。本料金プランは、月間データ容量120GBまでを定額でご利用いただくことができるプランとなっており、上空でもドコモの高品質なネットワークを安心してご利用いただけます※2。

 

 これまでドローンは目視内での短距離飛行による上空からの撮影や録画データによる点検が一般的でしたが、本料金プランをご契約いただき、LTE通信が可能なセルラードローンをご利用いただくことで、目視外での長距離飛行やリアルタイムのデータ伝送も可能となり、広範囲の農薬散布や生育監視、遠隔地への長距離物流、災害発生時における遠隔地のリアルタイム映像伝送など、さらに幅広いシーンで活用することが可能となります。

 

 また、同時に提供を開始する「LTE上空利用予約」は、本料金プランのご契約者がセルラードローンの利用場所や日時、台数、高度などを事前に予約していただくサービスです。事前に予約いただくことで、同一空域、同一時間に上空でのLTE通信の利用が集中することを防ぐことができるため、過度な電波干渉が発生しないことを確認したうえで、セルラードローンを安心してご利用いただくことができます。

 

 今後もドコモは社会課題の解決や、より豊かな社会の実現に向けて、これまで培ってきたネットワーク技術やプラットフォームビジネスなどにおけるさまざまなアセットやノウハウを活用し、パートナー企業とさらなる協創に取り組み、ドローン向けの先進的なサービスを創出してまいります。

 

 なお、本料金プランおよびご提供するサービス内容については、ドコモが2021年7月16日(金)、19日(月)に開催する5Gソリューションの展示会「docomo 5G DX MEETUP for business」への出展を予定しております。「docomo 5G DX MEETUP for business」の詳細は、以下ホームページをご覧ください。

 docomo 5G DX MEETUP for businessホームページ : https://5g-dx-meetup.com/

 

<セルラードローンの活用イメージ>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107087421-O2-c8d3dicv

   農業

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107087421-O3-8yi6uK5I

   物流

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107087421-O4-zkmomM2Z

   災害対策

                                  

 

※1 2021年7月8日(木)時点、ドコモ調べ。

※2 ご利用には、本プラン対応のSIM カードが必要です。

* 「セルラードローン」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

 

 

 

 

別紙1

 

 

「LTE上空利用プラン」および「LTE上空利用予約」の概要

 

1.サービス概要

 月額49,800円(税込)で月間データ容量120GBまでのLTE通信を上空でご利用いただけるドローン向け料金プランです。

 ドローン本体に本プラン対応のSIM カードを挿入、もしくはSIM カードを挿入したLTE 通信端末をドローンに搭載することで、上空でLTE通信をご利用いただけます。なお、上空のモバイルネットワークをご利用いただく際は、本プラン契約後、ご契約者専用の「LTE 上空利用予約サイト」で利用日時、台数、高度などの事前予約が必要となります。

 

2.提供開始日

 2021年7月8日(木)

 

3.提供内容など

(1)「LTE上空利用プラン」月額料金など※1

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202107087421/_prw_PT1fl_Kxu5j8oK.png

※1 上記のほか、「契約事務手数料」:3,300円、「名義変更手数料」:2,200円、「カード発行手数料」:2,200円がかかります。

※2 通信時の送受信最大速度は、ご利用頂く場所および通信機器のスペックにより異なります。通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。

 

 

(2)「LTE上空利用予約」

 セルラードローンを上空で利用される際は、事前に必ずご契約者専用の「LTE上空利用予約」サイトから利用場所や日時、台数、高度など必要事項を入力の上、上空利用予約が必要となります。

 ※「LTE上空利用予約」のご利用には、dアカウントもしくはビジネスdアカウントが必要です。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107087421-O6-0b5WE3kW
<LTE上空利用予約サイトイメージ>

 

(3)注意事項

 ドコモもしくは第三者が不利益になる行為、またその恐れとなる行為を禁止しております。以下に定める禁止行為の違反を確認した場合は「LTE上空利用プラン」および「LTE上空利用予約」の利用を停止することがあります。「LTE上空利用プラン」および「LTE上空利用予約」の利用を停止したことにより、利用者に損害が生じた場合があっても、ドコモは責任を負いません。

 ①「LTE上空利用プラン」を契約していないSIMを使ってサービスを利用すること

 ② 電波法に基づく特定無線設備の技術基準適合証明等、及び電気通信事業法に基づく端末機器の技術基準適合認定等を取得していない端末(技適マークの付されていない端末)でサービスを利用すること

 ③ 機器の制御又は監視等以外の用途でサービスを利用すること

 ④ 高度150m以上でサービスを利用すること

 ⑤「LTE上空利用予約」サイトでの事前予約なしにサービスを利用すること

 ⑥「LTE上空利用予約」サイトの予約内容(日時・場所等)と異なる内容でサービスを利用すること

 

4.対象となるお客さま

 個人・法人のお客さま

 

5.対応端末

 ドコモが定めるLTE対応端末およびLTEモジュール

 詳細は以下ホームページをご確認ください。

 https://www.cellular.docomosky.jp/

 

6.販売および受付窓口

 ・ドコモショップ

 ・全国のドコモ法人営業担当

 

7.サービスサイト

 https://www.cellular.docomosky.jp/

 

8・お問い合わせ先

 <個人のお客さま>

  ・一般のお客さま

   ドコモの携帯電話から:151

   一般電話等から:0120-800-000

 <法人のお客さま>

  ・全国のドコモ法人営業担当

  ・「ドコモのホームページ 法人のお客さま」お問い合わせページ

 

 

 

別紙2

 

 

LTEを活用した医薬品ドローン物流実証の概要

 

1.実証実験概要

 上空でLTEを活用したドローンによる物資輸送の有用性を確認するため、中北薬品株式会社およびICソリューションズ株式会社、エアロセンス株式会社の協力のもと、災害時を想定した医薬品ドローン物流実証実験を実施し、LTEを活用して片道10kmを往復する目視外での飛行に成功しました。

 

 昨今自然災害が多いなか、道路が損壊するなど通行が制限された場合、緊急性の高い必要物資を陸路で輸送しづらくなるため、ドローンを活用した物資輸送へのニーズが高まってきています。

本実証実験では、LTE通信モジュール内蔵型の垂直水平飛行が可能な国産機VTOL(エアロボウイング AS-VT01)を活用することで、映像伝送および機体制御をLTE通信にて行い、離陸から着陸まで操縦者の手動操作を必要としない自動制御での飛行に成功しました。

 

2.実施場所

 北海道北広島市 千歳川上空

 (北広島市防災センター~舞鶴橋ふれあい公園付近)

 

3.実証実験の様子

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107087421-O7-ZC7JzD1w】 <実験で利用したドローン(エアロボウイング AS-VT01)>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107087421-O8-zFRSp3Ll

<飛行ルート(一部)およびLTE通信による映像伝送画面>

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ