プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Enfusion Systems

Enfusionが完全外資企業を設立して中国でのプレゼンスを強化

AsiaNet 90500 (1551)

【ニューヨーク、ロンドン、香港2021年7月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*中国市場の開放が進む中、同社はアジア太平洋での記録的成長を経てこの地域での活動を一段と強化

クラウドを基盤とした投資管理ソフトウエア・サービスの大手プロバイダーEnfusion
https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3219123-1&h=2909008023&u=https%3A%2F%2Fwww.enfusionsystems.com%2F&a=Enfusion )は7日、中国で完全外資企業(WFOE)の Enfusion(Shanghai)Co., Ltd、(「Enfusion Shanghai」)を設立し、同社の中国本土への進出に正式な第1歩を記したと発表した。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/660825/ENFUSION_Logo.jpg

Enfusion Shanghaiの設立は、アジア太平洋地域(APAC)の投資管理会社に対するサービス提供へのEnfusionの長年の取り組みを改めて確認し、機関投資家とオルタナティブ投資管理会社の間で強まっている国内と世界の投資を支援する堅固なデジタルプラットフォームへの需要支援にEnfusionを位置付けるものである。APACの投資管理会社は現在、企業全体に及ぶリスクを軽減し、効率性を解き放つソリューションを伴ったテクノロジースタックの強化に取り組んでおり、これはEnfusionが年初来、APACでこれまでに中国投資家の10のオフショアファンドを含む24の新たな投資顧問会社と調印、オンボードしたことから歴然としている。Enfusion Shanghaiを通じた展開により、Enfusionはクラス最高のSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)製品を本土の投資管理会社に同様に提供することが可能になる。

EnfusionのThomas Kim最高経営責任者(CEO)は「APAC地域で過去最高の成長を遂げた1年を経て、Enfusion は中国本土と世界の投資管理会社の間で増している革新的なデジタルソリューションへの需要に応えるためにEnfusion Shanghaiを設立した。当社は長年、オフショア中国市場にサービスを提供し、クラウドネイティブプラットフォームとマネジドサービスソリューションによって当社の顧客が進化する複雑な課題を解決するのを支援してきた。旅の次の1歩を踏み出し、世界の資産運用エコシステムに破壊的影響を与えてきた最高クラスのサービスを本土にもたらすことを喜んでいる」と語った。

中国本土市場の市場規模と持続的成長は、それ自体を世界資本市場の優先地域へと確立させた。同時に中国での規制は開放が続き、オンショア投資家に世界的な展開拡大を奨励し、オフショア投資家を引き付けている。その結果、新たな運用上の課題の波が生じ、多くの中国と世界の管理会社は今や、自分のシステムがオンショアとオフショアの投資の多様な特質に適応できないことを目の当たりにしており、厄介で間違いを起こしやすい多様なシステムを利用し、貴重な時間を投資プロセスから奪い去ることを迫られている。Enfusionはこうした世界的な課題に対応するのに独自の立場にあることを立証しており、急速な国際的拡大の支援に必要とされる精度、透明性、効率性を提供するフロント/バックオフィスSaaS製品により中国市場にサービスを提供していく。

Enfusion Shanghaiの設立を含め、中国市場への参入を推進したのは、グローバル戦略責任者として最近、Enfusionに入社したIris Xinwei Wang氏である。Iris Xinwei Wang氏はEnfusionの世界戦略を統括し、自身の母国に関する専門知識を活用して中国本土における顧客ベースとパートナーシップを拡大する。Wang氏は12年以上にわたる戦略専門知識をもたらし、それにはBridgewater Associatesの戦略・事業計画分野での 6年間や、それに先立つボストンコンサルティンググループの市場参入・グローバル成長戦略分野での経験が含まれている。同氏は復旦大学で理学士号(金融)、ハーバードビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得している。

▽Enfusionについて
Enfusionの投資管理SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)プラットフォームは、フロントからミドル、バックオフィスに至るチームを1つのクラウドネイティブシステムと1つのゴールデンデータセット全域で統合し、従来からの情報の境界線を取り除く。業界をリードするソフトウエア、分析、ミドル/バックオフィス・マネジドサービスによって、同社はリアルタイム、データドリブンの情報、アジリティーの向上、成長の促進という企業全体に及ぶ文化を創出する。

革新的な金融技術ソリューション開発におけるフィンテックのリーダーでパイオニアとして、Enfusionは4大陸にまたがる9つのグローバルオフィスから600を上回る投資管理会社と連携している。2020年にHFMは、Enfusionを「Best Overall Technology Firm」、「Best Trading & Execution Technology」、「Best Integrated Solution」、「Best Managed Services Provider」に選定した。同社の技術とマネジドサービス機能の詳細は https://www.enfusion.com/ を参照。

ソース:Enfusion Systems

▽メディア問い合わせ先
Lorelei Skillman
Chief Marketing Officer
lorelei.skillman@enfusion.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ