プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KPS Capital Partners, LP

KPS Capital PartnersがDexKoをBrookfield Business Partnersに売却へ

AsiaNet 90457 (1536)

【ニューヨーク2021年7月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*DexKoはKPS傘下で利益を倍増

KPS Capital Partners, LP(「KPS」)は5日、同社ポートフォリオ企業のDexKo Global Inc. (「DexKo」ないし「同社」)をBrookfield Business Partners L.P.(NYSE:BBU)(TSX:BBU.UN)およびその組織的パートナー(集合的に「Brookfield」)に34億ドルで売却する最終契約書にこのほど調印したと発表した。Brookfield Business Partners L.P.はBrookfield Asset Managementの主要上場事業サービス・産業企業である。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1023167/KPS_Logo.jpg

DexKoは、トレーラーおよびキャラバン部品で130年以上の経験を持つ、高度なシャーシテクノロジー、シャーシアセンブリー、および関連部品の世界有数のサプライヤーである。DexKoは、DexterとAL-KO VehicleTechnologyの合併により2015年末に設立された。KPSは2017年、The Sterling Group L.P.からDexKoを買収し、The Sterling Group はDexKoの少数株式を保持した。ミシガン州ノバイに本社を置くDexKoは、世界中に50の生産施設と50の流通センターを擁し、6000人以上の従業員を雇用している。

KPSとDexKoの経営陣は、成功裡に成長戦略を実行し、大規模で世界をリードする産業用部品メーカーをつくり上げた。DexKoはKPSによる買収から4年以内に15件の買収を完了し、6億ドル以上を投資して、DexKoの製品内容を大幅に拡大し、同社の地理的、最終市場とチャネルの範囲を拡大し、既存市場におけるDexKoの地位を強化した。KPSと経営陣は、自動化に投資し、製造の複雑さを軽減し、同社の調達プロセスを強化し、DexKoの商業戦略を改善することにより、DexKoを変革した。こうした取り組みの結果、DexKoはKPS傘下で利益を倍増し、業界をリードする利益率を達成し、大幅なフリーキャッシュフローを生み出した。

KPSのRaquel Palmer共同マネジングパートナーは以下のように語った。

「DexKoは、何十年にもわたり、経済・景気循環、地域、産業の中で、他の人々には見えない価値を見出し、適切な買収を行い、事業を改善するというKPS投資戦略の好例となっている」

「KPS傘下でのDexKoの並外れた変革を誇りに思う。DexKoは、世界クラスの経営チームと提携し、業界をリードする製造会社をグローバルに構築するというわれわれの能力を実証している。同社の成功は、DexKoの有機的かつ戦略的な成長イニシアチブとその人材へのKPSの揺るぎない取り組み、および投資による直接の結果である。同社は、Brookfield傘下で継続的な成長と業界のリーダーシップを発揮できる好位置にある」

「DexKoのFred Bentley最高経営責任者(CEO)および、同社上級経営陣の戦略的ビジョンと見事な実行力がKPS傘下での同社の大幅な成長と価値創造をもたらしたことを祝い、感謝する。また、過去4年間にわたりKPSと同社の優れたパートナーだったThe Sterling Groupにも感謝する」

DexKoのFred Bentley CEOは「KPSとのパートナーシップは並外れたものだった。KPSは当初からDexKoの長所と潜在的可能性を認識し、DexKoの成長の大志をサポートするため投資した。DexKoは、KPSによる当社事業と人材への投資の結果、より優れた事業となった。KPSは、比類のない品質、テクノロジー、カスタマーサービスを顧客に提供する当社の取り組みをサポートした。KPSはさらに、同社の相当規模の資本リソースと専門知識を展開し、DexKoの買収成長戦略を支援した。DexKoは将来の成長に向けて好位置にあり、Brookfieldとのパートナーシップにおいて将来の成長を追求することを楽しみにしている」と語った。

Paul Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison LLPが法律顧問を務め、クレディ・スイスおよびJ.P. Morgan Securities LLCの支援の下でゴールドマン・サックスがKPSおよびDexKoの主任財務顧問を務めた。取引完了は現在、慣習法による完了条件および承認待ちである。

▽DexKo Global Inc.について
DexKoは、トレーラーおよびキャラバン部品で130年以上の経験を持つ、高度なシャーシテクノロジー、シャーシアセンブリー、および関連部品の世界有数のサプライヤーである。DexKoは、DexterとAL-KO VehicleTechnologyの合併により2015年末に設立された。ミシガン州ノバイに本社を置く同社は、世界中に50の生産施設と50の流通センターを擁し、6000人以上の従業員を雇用している。

▽KPS Capital Partnersについて
KPSは傘下の管理会社を通じて、約128億ドルの運用資産(2021年3月31日時点)を擁する投資ファンドのファミリーであるKPS Special Situations Fundsを管理している。KPSのパートナーは約30年にわたり、素材、消費者・医療・高級品の各ブランド製品、自動車部品、設備機器、一般製造業などの幅広い業界において製造業・工業企業の支配的株式に投資することにより、資本の大幅評価増に専門的に取り組んできた。KPSは主として財務レバレッジに頼ることなく、有能な経営チームと建設的に協力し、ポートフォリオ企業の戦略的地位、競争力、収益性を構造的に向上させることによって事業を改善し、投資収益を生み出し、投資家のために価値を創出する。KPS Fundsのポートフォリオ企業の年間総売上高は約109億ドルで、22カ国で149の製造施設を運営し、世界中で直接ないし合弁事業を通じて約3万5000人を雇用している(2021年3月31日現在、最近の買収見積り)。KPSの投資戦略とポートフォリオ企業の詳細はwww.kpsfund.com を参照。

ソース:KPS Capital Partners, LP

▽問い合わせ先
ビジネス関係
KPS
212.338.5100

メディア関係
Jennifer Prosek or Trevor Gibbons
646.818.9246

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ