プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HRDグループ・プロファイルズ株式会社

厚労省・O-NETと連動、雇用変化の適応を支援するワークブック「キャリア開発とProfileXT」がリリースされる

リーダーシップ・キャリア開発の専門家と複数の企業人事による共同開発

個人特性データを元にしたキャリア開発のためのワークブック
元アップル人事本部長、キャリア・リーダシップ専門家、小杉俊哉氏による監修
厚生労働省・日本版O-NETとの連動で仕事への興味を深堀り
既に国内デジタル企業での導入・エンジニアのキャリア形成に貢献

HRDグループ・プロファイルズ株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:韮原光雄)は、働く人が自分の特性や強みを知り、自分らしさを活かした働き方を見つけることを目的に、「キャリア開発とProfileXT 」を発行しました。自己啓発を促すためのワークブックとして活用いただけます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107027187-O4-UK8TAJ7w

今、世界が大きく変わろうとしています。これまで当たり前と思われてきた常識が変わり、これまでは考えられないような変化が社会や経済に影響を与えています。
この変化を前向きに捉え、変革の好機と捉えるマインドセット構築とあるべき将来に向かった確かな方策を選択し、実行していくことが私たちには求められています。 これは企業だけが考えるテーマではなく、企業で働くビジネスパーソン一人ひとりが考えるべきテーマと言えます。

ProfileXT (以下、PXT)を活用することで、働く人の潜在的な特性を測定することが可能です。PXTとは、オンライン/自己回答方式で個人毎の特性を見いだす人材アセスメントツールで、思考スタイル/行動特性/仕事への興味(全20項目)にて総合的な人物像を測定します。
個人の特性や強みを知ることは、自分らしい働き方を考えるヒントになります。PXTの結果レポートには個人の行動特性や仕事への興味といった情報が掲載されており、キャリアを効果的に振り返るための有用な情報となっています。

この度リリースされたワークブックには、キャリアを棚卸しするための質問やキャリア観に対する問いがいくつか用意されています。これらの質問に答えるためのスペースがたくさんあり、どんどん書き込んでいただけるようなレイアウトになっており、ワークを進めるうちに自分らしさや向上させたいスキルを整理することができます。また、e-ラーニング学習により、自分自身の過去・現在の仕事における体験を振り返ることも可能です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107027187-O3-ocq58O50

今回のワークブックは、リーダーシップ開発・キャリア開発の専門家である小杉俊哉氏の監修や企業内でキャリア開発に関わる複数の企業人事の責任者のフィードバックを元に開発されました。

【小杉俊哉氏・プロフィール】
合同会社THS経営組織研究所代表社員                      
慶應義塾大学大学院理工学研究科 特任教授
NEC、マッキンゼー・アンド・カンパニー インク、ユニデン株式会社人事総務部長、    
アップルコンピュータ株式会社人事総務本部長などを経て、現職に至る。 
 <監修コメント>
「 なりたいと思うような自分になる人、すなわち、将来の自分のビジョンを持っている人は強い。長年に亘り多くの企業で次世代リーダー研修やキャリア開発研修を通じて接した、社内起業家や企業内のエースと呼ばれる方々と接してきて感じるのは、彼らが単に能力が優れているからそうなった訳ではないということです。たとえ、学歴がなくとも、資格はなくとも、明確なビジョン、なりたい自分像があったから、そのために必要なことをやってきた結果がそうさせています。自分自身の特性を知りキャリアを意識することが、益々重要な時代になっています。このワークブックを通じて、一人でも多く方が自律的なキャリアを歩むきっかけになることを期待しています。 」

 
日本版O-NETとProfileXT
職業情報サイト(厚労省・日本版O-NET)との連動で充実したキャリア形成へと繋げます

職業情報提供サイト(日本版O-NET)は職業について、内容、就労する方法、求められる知識・スキル、どのような人が向いているかが総合的にわかるサイトです。将来に備えた自己啓発内容を検討したり、キャリア開発に役立つ情報が掲載されています。
当サイトでは、将来やりたい仕事を考える(フリーワード検索)が可能です。検索結果として示される職業興味はPXTの「仕事への興味」と同じ領域を測定していますので、連動した活用が可能です。

気になる職業を検索して、ご自身のPXT結果と比べることで、職業に対する視野を広げたり、職業に関する理解を深める、身につけるとよいスキルなどを調べることができるため、より自身の特性に沿ったキャリア形成へと繋がります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107027187-O2-ASY2VC3o

 
●職業情報サイト(日本版O-NET)
https://shigoto.mhlw.go.jp/User/

 
国内デジタル企業・人事責任者の声
「 事業戦略を実現するための組織戦略・人材確保が求められています。このワークブックの活用は、エンジニアのモチベーション向上と戦略遂行の2つの側面の支援になります。」

このワークブックは企業で働く人材のキャリア開発を支援することができます。個人の強みや仕事への興味への理解をきっかけにこれからの職業選択の支えとすることが可能です。

デジタル化の加速は、企業を取り巻く環境を変え、雇用における変化をもたらしています。 企業経営はデジタル化へのインフラ構築と働く人たちへのリスキルを促す方向へと進んでいます。

環境変化に対応するための人事マネジメント刷新の中、個人の働きがい向上と戦略遂行の両面の実現が必要とされる企業における活用事例があります。

あるデジタル企業では、プロジェクト・アサインメントが勘と経験に偏りがちで、本人の特性などが活かしきれないという課題に対して、このコンテンツを通じて得られた個人のキャリア意向と特性データを活用しています。本人意向と特性が反映されたアサインメントにより、仕事へのエンゲージメントの高まりが期待されています。

人事責任者からは、「事業戦略を実現するための組織戦略・人材確保が求められています。エンジニア個人のモチベーション向上と戦略遂行の両側面の実現にこのワークブックの活用が役立ちます」というコメントが寄せられています。

 
個人のパフォーマンス向上だけでなく、戦略人事にまで応用可能です

PXTは人材の潜在的な特性を明らかにするだけでなく、組織内の特定の職務に対するマッチ度を測定することが可能です。この職務マッチングの機能は、経営層や人事部門が戦略的なタレントマネジメントを実現するための手段となります。具体的には、採用や適材配置、サクセッションプランニング、管理職登用、人材選抜などの組織再編を支援します 。

ーーーー

ビジネスパートナー募集!

私たちプロファイルズ株式会社は、「ヒトの可能性を信じるすべての組織へ」というキーワードを基に人材アセスメントデータの活用を通じて、組織と人材の成長に貢献したいと考えています。人事領域にかかわらず、様々な業界や事業領域においてコンサルティングサービスを提供する企業や、個人で活動するプロフェッショナルの方々とのパートナー関係を構築することで、産業界全体の発展に寄与したいと考えております。少しでも興味を持たれた方は、お気軽にお問合せください。

<パートナーになる/経営戦略と人事戦略を繋げるコンサルティングの実現>
https://www.profiles.co.jp/partnerrecruitment.html

日本版O-NETとPXTの関係
キャリア開発とPXT_全体像
「キャリア開発とPXT」ワークブック
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ