プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

南陽市

【山形県南陽市】CO2排出量ゼロの電気を市庁舎に利用開始

市庁舎等で使用する24パーセント相当のCO2排出量削減が可能に

南陽市では令和3年7月1日から市庁舎及び市水道庁舎で使用する電気の一部に、東北電力株式会社が提供する地元山形のCO2排出量ゼロの電気「やまがた水力プレミアム」を活用する。

東北電力の「やまがた水力プレミアム」は、山形県企業局の水力発電所で発電された電気を供給するCO2フリープラン 。この活用は東北及び新潟県の自治体では初の取り組みとなる。

南陽市は今年5月、「南陽市地球温暖化対策実行計画・事務事業編」を策定し、市庁舎と水道庁舎における温室効果ガス排出量を、令和12年度までに平成29年度比で20%削減する目標を掲げている。

南陽市庁舎と水道庁舎の東北電力の契約メニューを「CO2フリー比率30%」に切り替えることで、令和2年度のCO2総排出量413トンのうち約24%にあたる100トンを削減することができる。
 
本市では、2050年までにCO2の排出量実質ゼロを目指す「南陽市ゼロカーボンシティ宣言」を行っており、その取組の一環となる。
 
7月2日(金)に、市役所において、東北電力株式会社から「やまがた水力プレミアム」認証書が交付された。南陽市の白岩市長は、「2050年までの実質排出量ゼロを目指し、今後もCO2削減を進めたい。」としている。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ