プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Innodisk Corporation

Innodiskが産業グレードのDDR5 DRAMモジュールをリリース

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202107027195-O1-O778dHsj

 
AsiaNet 90412 (1513)

【台北2021年7月1日PR Newswire=共同通信JBN】Innodiskは、産業グレードのDDR5 DRAMモジュールのリリースを正式発表した。新しい標準規格は前規格よりも多大な大幅パフォーマンス向上、節電を提供し、規格の正式発表以来、期待が高まっている。義務化されたスピードおよびストレージの増大を含め多数の利点を誇るDDR5は最終的に最適なメモリーオプションの地位を占めることになる。

JESD79-5 DDR5 SDRAM仕様は、容量、スピード、電圧、ECC機能の大幅向上を伴うDDR5への移行を示唆していた。DDR5仕様は、ICあたり最大4倍の容量を詳細に規定しており、ダイ容量あたり達成可能な最大容量を64Gbまで増大させ、シングルDDR5 DIMMの最大可能な容量を128GBに引き上げる。

さらに、DDR5はDDR4のスピードの2倍にあたる6400MT/sの理論的最大転送スピードがある。同時に、電圧は1.2Vから1.1Vに減圧され、全体の電力消費を軽減する。さらに大きな構造変更は、パワーマネジメントがDIMMに移行され、マザーボード上にある未使用のDIMMスロット向けの冗長パワーマネジメント回路を縮小する。

もう1つの重要な構造変更は、デュアルチャンネルDIMMアーキテクチャーである。DDR5のために、各DIMMはより多いEECビットの同じデータ総量向けに2つの40ビット・チャンネル(それぞれ32データビット、8 ECCビット)を持つ。2つのより小型の独立チャンネルは、メモリーアクセス効率を向上させ、より効率的な速いスピードをもたらす。Innodiskは現在、最大32GBおよび4800MT/sのDDR5を提供している。

DDR5仕様のリリースから1年未満であるが、早期導入が第4四半期までに発生するはずである。InnodiskのSamson Chang本社副社長兼グローバルエンベデッド・サーバーDRAM事業部門GMは「当社の顧客は、DDR5がアプリケーション開発を活性化させる可能性について興奮している」と語った。同氏は「Innodiskは、顧客が当社から期待する産業グレードの信頼性によって、オリジナルIC、アンチサルフェーション、ヒートスプレッダー、コンフォーマルコーティング技術を備えた新しいDDR5 DIMMを発売することで産業に高品質製品を提供する」と語った。

ハイパースケーラーは早期導入の企業になるとみられるが、長期的には、大半の産業が5G、ディープラーニング、AI、エッジコンピューティング、スマートメディカル、スーパーコンピューティング、ミッションクリティカルアプリケーションにおけるDDR5の利点を理解することになる。

▽Innodiskについて
Innodiskは、産業およびエンタープライズアプリケーション向けのフラッシュメモリー、DRAMモジュール、組み込み式ペリフェラル製品のサービス重視のプロバイダーである。Innodiskに関する詳細な情報は、https://www.innodisk.com を参照。

ソース:Innodisk Corporation

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=395167
(画像説明:義務化されたスピードおよびストレージ増大を含む多数のメリットを誇るDDR5は最終的に最適なメモリーオプションの地位を占めることになる。1つの疑問が残る。それは、DDR5は信頼性を気にし、リスクを回避したがる産業の厳格な要望を満たすに十分な信頼性を証明できるかである。Samson Chang本社副社長兼DRAM事業部門GMは「Innodiskは、当社の顧客がわれわれに期待する産業グレードの信頼性を伴う高品質製品を提供してきた長年の経験を傾注している」と語った)

義務化されたスピードおよびストレージ増大を含む多数のメリットを誇るDDR5
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ