プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

夜間・屋外の人数測定ができる混雑状況測定AIを取り扱い開始

~EDGEMATRIX版とAndroid版の2種類を同時リリース~

2021年7月1日
株式会社NTTドコモ

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、カメラに映った人数・位置・密度などのデータをリアルタイムに測定できる「混雑状況測定AI」を本日から取り扱い開始します。

 

 この混雑状況測定AIは、株式会社Ridge-i(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳原 尚史、以下「リッジアイ」)が開発し、2020年5月に発表した『Ridge Count』のEDGEMATRIX版とAndroid版になります。

 「EDGEMATRIX混雑状況測定AI」は、EDGEMATRIX社とドコモが展開するEDGEMATRIX® ※1に対応するAIアプリであり、Edge AI Box上で動作するものです。

 「混雑状況測定AI Android版」は、AIアプリを搭載したAndroid端末※2として提供します。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106307053-O3-8Bk5k8x3

<イメージ図>

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104717/202106307053/_prw_PT1fl_TXbA3QgS.png

 

 これにより、「混雑状況を把握したい」「密を回避したい」「マーケティングデータとして活用したい」といったニーズに対応した『Ridge Count』が、屋外イベントのように時間帯や天候で撮影環境が変わる場所や、薄暗い店内、PCが置けない環境でも利用可能となります。

 

 ドコモはEDGEMATRIX社とともに、さまざまなパートナーとの協業を通じて、映像エッジAIプラットフォームサービス「EDGEMATRIX」を、「AIを身近にするエコシステム」として国内外へ展開していくほか、「EDGEMATRIX」サービスや映像エッジAIソリューションの拡充を通じ、あんしん、安全、効率化などの課題解決に向け、取り組んでまいります。

 

 なお、本ソリューションは、ドコモが2021年7月16日(金)、19日(月)に開催する5Gソリューションの展示会「docomo 5G DX MEETUP for business」での出展を予定しております。「docomo 5G DX MEETUP for business」の詳細は、以下ホームページをご覧ください。

 docomo 5G DX MEETUP for businessホームページ : https://5g-dx-meetup.com/

 

※1 「EDGEMATRIX」は、現場 (エッジ)でカメラ映像などをAI処理する「エッジAI」を簡単に導入、管理できる映像エッジAIプラットフォームです。屋内外に設置する多数のエッジAIデバイス「Edge AI Box」の、設置場所の管理や稼働状況の監視のほか、遠隔操作を行うことができます。また、お客さまがご利用になるAIアプリを簡単に購入できる「EDGEMATRIXストア」も提供しており、AIソリューションの導入が容易となるサービスです。(https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/edgematrix/

※2 2021年7月1日現在、「Google Pixel 5」に対応しております。対応機種は今後、順次拡大予定です。

* 「EDGEMATRIX」は、EDGEMATRIX株式会社の登録商標です。

* Googleは、Google LLCの商標または登録商標です。

 

 

 

 

 

 

 

別紙

 

 

「混雑状況測定AI」の概要

 

1.「混雑状況測定AI」の特長

  カメラに映った人物の数をリアルタイムで測定し、人数・位置・密度などをさまざまな形式で出力可能です。昼夜・時間帯を問わず、大人数でも高い精度で人数測定が可能で、「照度」や「人の重なり」などの課題も独自の学習手法で解決しています。

  ● 精度 : 夜間の都内複数エリアおよびショッピングモールなどで誤差±10%程度

 

 (1) EDGEMATRIX混雑状況測定AI

  風雨にさらされるような屋外環境、定常的な設置が必要なシーンでご利用いただけるように、EDGEMATRIXストアに配信されるAIアプリに対応。EDGEMATRIX社の提供する「Edge AI Box」を利用することにより、利用者はAIアプリおよびエッジAIデバイスの選定・購入からデバイスの設置も含めて、容易かつ迅速にAIを活用したソリューションを導入・運用することが可能です。

 

 (2) 混雑状況測定AI Android版

  幅広いお客さまに手軽にご利用いただけるよう、消費電力が小さなAndroid端末へ実装しました。Android端末でのスタンドアローン利用が可能です。

 

2.主な活用シーン

  ● 駅や空港施設などの公共機関や屋外イベント・展示会などの混雑状況測定

  ● 人の通行量調査、商業施設やスマートシティ・都市開発における混雑状況測定

 

<参考>株式会社Ridge-iについて

AI・ディープラーニング領域において、社会課題・顧客課題に寄り添い、現場に入り込んだコンサルテーションに始まり、アセスメント、開発、導入、顧客による自走化までを一元的に提供するテックイノベーションファームです。

 <会社概要>

 会社名  : 株式会社Ridge-i

 所在地  : 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル438

 代表     : 代表取締役社長 柳原 尚史

 事業内容 : ① AI・ディープラーニング技術のコンサルティングおよび開発

        ② 共同事業、ライセンス、保守モデル、自社開発などによるプロダクトの提供

 URL   : https://ridge-i.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ