プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ALBERT

モビルスの有人チャットサービスとALBERTのAIチャットボットの連携によりサービス品質の向上を実現

2021年7月1日

株式会社ALBERT

モビルスの有人チャットサービスとALBERTのAIチャットボットの連携によりサービス品質の向上を実現
~クライアントのDX促進と顧客満足度向上を支援~

モビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井智宏、以下 モビルス)と株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下ALBERT)は、有人チャットサービス「MOBI AGENT」とAI・高性能チャットボット「スグレス」を連携させ、7月1日よりサービス提供を開始します。これにより、チャットボットとオペレーターによるシームレスな対応が可能となりユーザーの満足度向上と業務効率化を目指します。また、両社のネットワークを活用した販売チャネルの拡大を推進します。

■取り組みの背景
昨今、リモートワークの浸透やECサイトを通じた買い物の増加などニューノーマルな生活や働き方への移行に伴いコミュニケーション手段が大きく変化する中、業務効率化・生産性向上を目的とした非接触型サービスやデジタル変革(DX)への需要が高まっています。

モビルスは、企業のコンタクトセンターや自治体向けに、チャットから電話までサポート領域を幅広くカバーするソリューションを開発し、200社以上に導入されています。主力製品の「MOBI AGENT」は、AIチャットボットとオペレーターによるチャット対応のスムーズな連携が特徴のチャットシステムです。
一方、ALBERTが提供するAI・高性能チャットボット「スグレス」は、AIと独自の「自然言語処理エンジン」を搭載しており、自動学習機能により誰でも簡単に精度向上が可能です。2017年4月のサービス開始以来、BtoC企業に留まらず自治体など業種業態を問わず幅広い業界に導入されています。

今回の連携により、例えばスグレスの高精度なFAQ回答がMOBI AGENT上で利用可能になるなど、スグレスの強みを活かし、チャットボットとオペレーターの連携が可能となり、ユーザーの満足度向上だけでなく、オペレーター業務の効率化や利便性向上につながります。また、両社のネットワークを活用することで販売チャネルを拡大し、サービス導入の推進を図ります。

■サービス概要
【特徴】
・チャットボットが24時間365日、問合せに自動応答。
・オリジナルの「自然言語処理エンジン」が搭載されており、ユーザーの意図を瞬時に判断し、適切に回答。さらに、最適な回答をAIが自動で学習し回答精度を向上させるため、メンテナンスの手間がかからない。

【使用用途(例)】
顧客・法人向け窓口業務のコスト削減 / 社内ヘルプデスクの効率化 /
ナレッジの蓄積と実践的な活用/サービス利用ユーザーのロイヤリティ向上 など

【サービスに関するお問合せはこちら】
・MOBI AGENT:https://mobilus.co.jp/contact
・スグレス:https://www.albert2005.co.jp/sugures/contact/

■サービス紹介
・MOBI AGENT(モビエージェント)(https://mobilus.co.jp/solution/agent):
MOBI AGENTは、コンタクトセンター向けチャットシステムです。ウェブサイト上のチャット小窓や、LINE・Facebook Messenger などのメッセージングアプリなど多様なインターフェースと連携できるほか、FAQシステムやAI(人工知能)との接続によって、自動応答とオペレーターによる有人応答のハイブリッド対応をシームレスに実現できます。また、CRMやRPAなど外部システムとの連携を得意にしています。

・スグレス(https://www.albert2005.co.jp/sugures/):
スグレスは、人工知能(AI)を搭載した高性能チャットボットサービスです。オリジナルの自然言語処理エンジンを搭載し、問い合わせ自動応答機能や自動学習機能により、簡単な導入・運用で回答精度を向上します。また、LINEをはじめ様々なツールと連携でき、ユーザー毎に最適化されたコミュニケーションを実現することが可能です。

■今後の展望
今後、両社の持つサービスの強みを掛け合わせ、さらに利便性の高いサービスの提供を推進するとともに、両社の営業基盤を活用したサービス導入の拡大に取り組みます。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ