プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

CStone Pharmaceuticals

CStoneはスゲマリマブのクラス初の登録臨床試験がステージ3の非小細胞肺がん(NSCLC)で主要評価項目を達成と発表、新薬承認申請を提出へ

AsiaNet 89783 (1192)

 

【蘇州(中国)2021年5月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*スゲマリマブは、同時ないし連続化学放射線療法後の疾患進行のないステージ3の非小細胞肺がん(NSCLC)患者の無増悪生存期間(PFS)を改善する世界初の抗PD-1/PD-L1モノクローナル抗体となる
*スゲマリマブは、局所進行/切除不能(ステージ3)および転移性(ステージ4)の両方のNSCLC患者を対象とする世界初の抗PD-1/PD-L1モノクローナル抗体でもある
*CStoneは、National Medical Products Administration (NMPA) of China(中国国家医薬品管理局)にスゲマリマブのステージ3のNSCLC患者を対象とする新薬承認申請(NDA)を提出する方針で、米国など複数の国でのステージ3およびステージ4のNSCLC患者の2つの適応症に対する新薬承認申請の規制に関する当局との協議でEQRxと緊密に連携する

革新的な免疫腫瘍療法と精密医薬品の研究、開発、商品化に注力する大手バイオ医薬品企業、CStone Pharmaceuticals(CStone、HKEX:2616)は28日、ステージ3の非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とした抗PD-L1モノクローナル抗体、スゲマリマブの登録臨床試験(GEMSTONE-301試験)が、独立したData Monitoring Committee(iDMC、データ監視委員会)によってレビューされた中間分析計画で主要評価項目を満たしたと発表した。試験結果は、地固め療法としてのスゲマリマブが、同時ないし連続化学放射線療法後の疾患進行のない局所進行/切除不能NSCLC患者を対象とした盲検独立中央レビュー(BICR)により評価された無増悪生存期間(PFS)に統計的に有意で臨床的に意味のある改善をもたらしたことを示した。治験責任医師が評価したPFSは、主要評価項目と一致した結果を示した。スゲマリマブは忍容性が高く、新たな安全性シグナルはなかった。サブグループ分析は、患者がスゲマリマブの前に同時ないし連続の化学放射線療法を受けたかどうかに関係なく、スゲマリマブが臨床的利点と関連していることを示した。

GEMSTONE-301試験のLeading Principal Investigator(筆頭治験責任者)であるGuangdong Provincial People’s Hospital(広東省人民病院)のYi-long Wu教授は「肺がんは、世界的にがん関連の死亡の主な原因である。現在、連続化学放射線療法後に疾患が進行しなかったステージ3のNSCLC患者に対する効果的な治療法はほとんどない。この成功した試験結果は、スゲマリマブがこれらの患者の緊急治療のニーズを満たすことを示している」と語った。

CStoneの会長兼最高経営責任者(CEO)であるFrank Jiang博士は「スゲマリマブがステージ3とステージ4の両方のNSCLC患者をカバーする世界初の抗PD-1 / PD-L1モノクローナル抗体になることをうれしく思う。肺がんにおけるスゲマリマブの継続的な成功は、免疫腫瘍学の分野におけるCStoneの主要な研究開発能力を示すものだ。当社は、スゲマリマブの商業パートナーであるファイザーおよびEQRxと、このクラス最高の薬剤を世界中の患者に提供するための共同の取り組みにおける次のステップで緊密に協力している」と語った。

CStoneの最高医療責任者であるJason Yang博士は「現在、連続化学放射線療法後に疾患の進行が見られないステージ3のNSCLC患者を治療するためのPD-1ないしPD-L1モノクローナル抗体は認可されてない。GEMSTONE-301は、実際の臨床診療をより適切に反映し、より広い人口をカバーするため、同時ないし連続の化学放射線療法のいずれかで患者を登録した、クラス初の臨床研究デザインである。CStoneは、満たされていない医療ニーズに対応するための治療オプションの提供に取り組んでいる。GEMSTONE-301試験は、ステージ3のNSCLC患者の診断と治療の質を向上させるため、中国での学際的治療アプローチの使用を促進する。血液悪性腫瘍および進行胃がんおよび食道がんの患者を対象とした登録臨床試験において、スゲマリマブの可能性を引き続き探っていく」と語った。

CStoneは、NMPAにステージ3のNSCLC患者を対象にしたスゲマリマブのNDAを提出する方針であり、ステージ3およびステージ4のNSCLC患者の適応症に対する新薬承認申請の規制に関する米食品医薬品局(FDA)など複数の国の規制当局との協議でEQRxと緊密に連携する。具体的な試験データは、次回の学会で発表される。

CStoneは、中国本土でのスゲマリマブの開発と商業化、および中華圏市場に追加の腫瘍学資産をもたらすためのフレームワークを含む、ファイザーとの戦略的提携契約を締結した。その後、CStoneはEQRxと戦略的提携契約を結び、2つの主要な後期免疫腫瘍療法アセットであるスゲマリマブとCS1003(抗PD-1抗体)の中華圏以外でのグローバルな開発と商業化の独占権をEQRxにライセンス供与した。

▽非小細胞肺がん(NSCLC)について
近年、中国では肺がんの発症率が上昇している。国際がん研究機関(IARC)が発表したがんの世界的負担に関する最新の推計によると、2020年には中国で推定82万人の新規肺がん症例と71万人の新規肺がん死亡が発生した。すべての中国のがん患者の中で、肺がんはがん関連死の主原因である。NSCLCは最も一般的なタイプの肺がんである。

現在、局所進行/切除不能(ステージ3)のNSCLC患者に対する治療選択肢は限られている。中国では、連続化学放射線療法が広く使用されているが、同時化学放射線療法の使用は限定的である。だがいずれも効果が不十分である。

▽スゲマリマブ(抗PD-L1抗体)
スゲマリマブは、CStoneが発見した治験中の抗PD-L1モノクローナル抗体である。米国に本拠を置くLigand Corporationによって認可されたスゲマリマブは、完全なヒト抗体をワンストップで生成することができるOmniRat(R)トランスジェニック動物プラットフォームによって開発されている。完全ヒトの完全長抗PD-L1モノクローナル抗体であるスゲマリマブは、天然のG型免疫グロブリン4(IgG4)ヒト抗体を反映しており、患者の免疫原性と潜在的な毒性のリスクを軽減し、類似医薬品に比べて独自の優位性がある。

現在、スゲマリマブは、リンパ腫の第2相登録試験(CS1001-201)1件とステージ3のNSCLC、ステージ4のNSCLC、胃がん、食道がんの第3相登録試験4件を含む進行中の多くの臨床試験を受けている。

CS1001-201は、再発または難治性の節外ナチュラルキラー/ T細胞リンパ腫(R / R ENKTL)の成人患者を治療するための単剤療法としてのスゲマリマブの有効性と安全性を評価するために設計された、シングルアーム、多施設、第2相の重要な試験である。有望な予備的有効性の結果に基づき、スゲマリマブは、FDAからT細胞リンパ腫治療のための希少疾病用医薬品指定およびR / RENKTLの治療のための画期的治療薬指定を付与された。また、National Medical Products Administration of China(中国国家医薬品局)からBreakthrough Therapy Designation(画期的治療薬指定)を受けている。提案された適応症はR / RENKTLである。

▽GEMSTONE-301試験
GEMSTONE-301試験(clinicaltrials.gov登録番号:NCT03728556;薬物臨床試験登録番号:CTR20181429)は、同時ないし連続の化学放射線療法後の疾患進行のない局所進行/切除不能なステージ3の非小細胞肺がん(NSCLC)初回患者における一次治療として、化学療法と組み合わせた抗PD-L1モノクローナル抗体、スゲマリマブを化学療法と組み合わせたプラセボと比較して有効性と安全性を評価するために設計された多施設無作為化二重盲検第3相臨床試験である。試験の主要評価項目は、BICRによりRECISTv1.1に準拠して評価されたPFSだった。副次的評価項目には、全生存期間、治験責任医師が評価したPFS、および安全性プロフィルなどがあった。

▽GEMSTONE-302試験
GEMSTONE-302(clinicaltrials.gov登録番号:NCT03789604;薬物臨床試験登録番号:CTR20181452)は、ステージ4の非小細胞肺がん(NSCLC)初回患者における一次治療として、化学療法と組み合わせた抗PD-L1モノクローナル抗体スゲマリマブを化学療法と組み合わせたプラセボと比較して有効性と安全性を評価するために設計されたランダム化二重盲検第3相試験である。研究の主要評価項目は、治験責任医師が評価したPFSだった。副次的評価項目には、全生存期間、BICR評価のPFSおよび安全性などがあった。

2020年8月、GEMSTONE-302試験は、iDMCによる計画された中間分析評価で、無増悪生存期間(PFS)を大幅に延長し、化学療法と組み合わせたプラセボと比較して、化学療法と組み合わせたスゲマリマブで疾患の進行または死亡のリスクを50%低減するという主要評価項目を達成した。

サブグループ分析では、扁平上皮がんと非扁平上皮がんのNSCLC患者、およびPD-L1発現> = 1%対PD-L1発現<1%の患者で臨床的有益性が示された。

化学療法と組み合わせたスゲマリマブは忍容性が高く、新たな安全性シグナルは確認されなかった。具体的な研究データは、ESMO Asia2020でのProffered Paper Oral Presentation(Late-Breaking Abstract)で発表された。National Medical Product Administration of China(中国国立医薬品局)は2020年11月、化学療法と組み合わせたスゲマリマブの新薬申請を、進行した扁平上皮および非扁平上皮非小細胞肺がん患者の初回治療薬として承認した。

▽CStoneについて
CStoneは、中国および世界中のがん患者の満たされていない医療ニーズに合致する、革新的な腫瘍免疫療法と精密医療の研究、開発、商品化に力を注ぐバイオ医薬品企業である。2015年末に設立されたCStoneは、革新的医薬品の開発、臨床研究、商品化の経験が豊富なワールドクラスの経営チームを編成した。同社は腫瘍の併用免疫療法に戦略的重点を置き、腫瘍に焦点を絞った14の薬剤候補パイプラインをつくり上げた。現在、CStoneは、中国本土で2つ、台湾で1つを含む、中華圏で3つの医薬品承認を受けている。CStoneのビジョンは、革新的な腫瘍治療を世界中のがん患者に提供することにより、世界的に有名なバイオ医薬品企業として世界で認知されるようになることである。

CStoneの詳細については、www.cstonepharma.com を参照。

▽ファイザー(Pfizer)について
ファイザーでは、科学とグローバルリソースを活用し、人々の寿命を延ばし、生活を大幅に改善する治療法を提供している。同社は、革新的な医薬品やワクチンを含むヘルスケア製品の発見、開発、製造において、品質、安全性、価値の基準を設定するべく努めている。ファイザーの従業員は毎日、先進国と新興国の市場全体で働き、現代で最も恐れられている病気に挑戦する健康、予防、治療、治療法を進歩させている。同社は世界有数の革新的なバイオ医薬品企業の1つとしての責任と一致して医療提供者、政府、地域社会と協力し、世界中の信頼性のある手頃な価格の医療へのアクセスを支援、拡大している。同社は170年以上にわたり、同社を信頼するすべての人に変化をもたらすために取り組んできた。当社は、投資家にとって重要と思われる情報を自社ウェブサイト、www.Pfizer.com に定期的に掲載している。

▽EQRxについて
EQRxは、重要な新薬を開発し、それらを低価格で提供することにより、社会の最大のヘルスケアの課題の1つに対する市場ベースのソリューションを促進することにコミットしている。同社はヘルスケアシステム全体の利害関係者との戦略的パートナーシップおよび最先端の科学技術を通じて、これまで以上に効率的かつ費用効果の高い高品質で特許保護された医薬品の提供を目指している。EQRxは大規模な専門のディスラプターであり、薬価設定のコスト曲線をカーブさせるために医薬品を改変している。詳細については、www.eqrx.com を参照。

ソース:CStone Pharmaceuticals

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ