プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ガスプロム・国際子どものための社会プログラム

F4Fグローバルアンバサダーのロベルト・カルロス氏が世界の若い参加者の質問に回答

AsiaNet 89778 (1190)

【モスクワ2021年5月28日PR Newswire=共同通信JBN】ブラジル代表チームの元メンバーでチャンピオンズリーグに3回優勝し、ガスプロム・国際子どものための社会プログラム(Gazprom International Children’s Social Programme)Football for Friendship(F4F)のグローバルアンバサダーでもあるロベルト・カルロス(Roberto Carlos)氏が若いプレーヤー、ジャーナリストとの独占記者会見に応じ、人生や選手歴、F4Fへの支持について語った。

ロベルト・カルロス氏は2002年にブラジル代表チームとワールドカップに優勝、レアル・マドリードと欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグに3回優勝し、現在そこでユースコーチを務めている。彼は2020年からフットボール・フォー・フレンドシップのグローバルアンバサダーである。

最も有名なゴールについて質問されたロベルト・カルロス氏は、1997年のフランス戦のフリーキックを挙げ、1998年2月のCDテネリフェに対するスーパーゴールにも言及した。2002年のブラジル代表チームとレアル・マドリードが好きなチームと話した。

彼は家庭が貧しく、12歳のときは弁護士になりたかったと説明した。しかし、全てが異なる結果になり、ブラジルのサッカー選手生活、代表チームを経て、欧州に招待されてプレーした。家族はいつも支えてくれたという。

彼は人生の全てがうまくいき、個人としてプロとして、成長する役に立ったと付け加えた。恐れたことは一度もなかった。しかし、両親に家を建てることなどもちろん夢はあった。チームワークは勝利の重要な前提条件だった。F4Fのいいところは、極めて多くの若者が出会って交流できることだとしている。

F4F第9シーズンは2021年5月14日から29日までオンライン形式で行われている。12歳の若いプレーヤーが2021年Football for Friendship eWorld Championship(eF4F)に参加しており、大会はサッカーシミュレーターの「F4F World」で争われている。

若いジャーナリストはF4F第9シーズンのイベントについて、International Children’s Press Centre(国際子どもプレスセンター)でリポートし、プログラムの最重要価値―友好、平等、公正、健全、平和、専念、成功、伝統、敬意―を仲間と共有している。

記者会見動画リンク: https://www.youtube.com/watch?v=mi6qD7wkhWA

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1502205/F4F_Gazprom_Logo.jpg/

ソース:Gazprom International Children’s Social Programme Football for Friendship

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ