プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Icertis

Icertis、Gartner Magic Quadrant for Contract Life Cycle Managementにおけるトップランナーに再び選出

AsiaNet 89638

–  Icertisは、契約ライフサイクル管理により、実行能力とビジョンの完全性の項目でガートナーのGartner Magic Quadrantのリーダーに2年連続で選出された

– Icertisは、ビジョンの完全性軸で最上位、実行能力軸では2020年のすでに強力な位置よりも高い位置にいる。

– CLMは最も急成長しているエンタープライズソフトウェアカテゴリーの1つであり、業界全体のあらゆる規模の企業にとって、普遍的で重要な資産としてますます認識されている。

ベルビュー、ワシントン、2021年5月25日 /PRNewswire/ — 契約ライフサイクル管理で可能性の限界を押し広げる、契約インテリジェンス会社、Icertis [ https://www.icertis.com/contract-management/platform/ ]は、本日「実行力」と「ビジョンの完全性」の項目で、2021Gartner Magic Quadrant(CLM)のリーダーに選出されたことを発表した。Gartnerのアナリストは、15の基準で15のCLMベンダーについて検討し、各ベンダーの順位を決定した。

Icertisは今年2年連続でGartner Magic Quadrantのリーダーに選出されたが、これは大胆なビジョン、比類のない専門知識、そしてCLMカテゴリーへのたゆまぬ取組みによるものだ。リーダーに指名されたことに加えて、Icertisは「ビジョンの完全性」で最高の位置にあり、「実行力」ではさらに高い位置に進んだ。Gartnerは、ビジョンの完全性を「現在および将来の市場および技術動向、顧客のニーズ、競争力を把握するベンダーの能力」と定義している。」

IcertisはCLMの真の変革の可能性を把握した最初の企業であり、10年以上にわたり組織全体の契約インテリジェンスのビジョンを大胆に追求してきた。アップル、BASF、ダイムラー、ゲートウェイヘルス、グーグル、ハーマンミラー、メルク、マイクロソフト、サノフィなど、世界で最も象徴的なブランド [ https://www.icertis.com/contract-management/customers/ ]や破壊的なイノベーター数百人は、Icertisの比類のない専門知識を信頼し、1,000万以上の契約の目的を完全に実現するというたゆまぬ取り組みを信頼している。

主要な ERP、CRM、および調達システムとシームレスに連携するように構築された、Icertis Contract Intelligence (ICI) プラットフォーム [ https://www.icertis.com/contract-management/platform/ ]は、契約やプロセスを効率化しリスクを軽減しビジネスを加速しながら、組織の運営方法を定義する重要な契約情報を構造化して接続することにより、静的ドキュメントの契約を戦略的利点へと転換する。Icertisは、AIとブロックチェーンの革新を通じてCLMに新しいレベルのインテリジェンスと透明性をもたらし、世界中の企業が契約ライフサイクル全体の精度とコンプライアンスができるようにしている。

「すべての真剣な企業が顧客とSRMを管理してサプライヤーを管理する必要があるのと同様に、すべての真剣な企業は契約管理のためにCLMを必要としている。」とIcertisのCEO兼共同創始者であるSamir Bodasは述べる。Icertisは、将来についての明確なビジョンと、それらを実行し実現する実証済みの能力を持つCLMパートナーを探している組織が選択すべきベンダーだ。ICIを使用すると、企業は企業全体で契約プロセスを簡単にデジタル化し、契約データからチャンスを見つける。そして、重要な点として、すべての権利が完全に実現され、契約締結後にすべてのコミットメントが完全に果たされていることを確認できる。

Gartner氏によると、「リーダーは市場の成長と方向性に影響を与える最も強力な立場にある。彼らは、CLMテクノロジーが、企業のコンプライアンス管理とプロセスのボトルネックの削減というビジネス目標の達成にどのように役立つかについて、市場を定義するビジョンを示している。リーダーは、製品やサービスを通じてそのビジョンに照らして実行し、収益と収入の形でビジネス成果を実証することができる。また彼らは、長期顧客の確立された基盤を維持しながら、市場理解、イノベーション、製品の特徴と機能、および全体的な実行可能性の組み合わせで優れている。リーダーは、取引に成功する能力を一貫して示してきた。Icertisは、最も多くの地域に顧客を持ち、多種多様な産業と規模の組織を対象としている。リーダーは、しばしば、他のベンダーの測定基準となる。」

アナリストレポートは、IcertisとCLM市場全体の爆発的な成長の時に来ている。CLMは、あらゆる規模の企業にとって、普遍的で重要な資産としてますます存在が知られている。このカテゴリーは、前年比35%以上の割合で成長しながら、$20B*以上の大きな市場に急成長してきた。

Icertisは、成長のマイルストーン、一流の賞、アナリストレポート、以下の主要項目で実証された、CLM市場で前例のない勢いを達成してきた。

・Icertisは2021年のSAP(R)Pinnacle Award、 SAP(R)Store Partner of the Year [ https://www.icertis.com/news/icertis-receives-2021-sap-pinnacle-award/ ]を受賞した。これは世界中の企業顧客の目標達成を支援するIcertisの実力を実証している、20,000社以上のSAPパートナーの中から選ばれたものだ。

・3年間でセグメントからの需要が400%増加したことに対応して、中堅企業向けにカスタマイズされた契約インテリジェンスソリューション [ https://www.icertis.com/news/icertis-brings-contract-intelligence-to-mid-market/ ]を提供。

・$80M シリーズ F の資金調達ラウンド [ https://www.icertis.com/news/icertis-series-f/ ]は、同社の総評価額を28 億ドルにし、2019 年の最後の資金調達ラウンドでぼ評価額のほぼ3倍となっている。

・独占的なForbes AI 50リストに3年連続で登場。

・北米で最も急成長しているテクノロジー、メディア、通信、ライフサイエンス、エネルギー技術企業のリストである、DeloitteのTechnology Fast 500(TM)で250位にランキング。

2021年5月10日、Patrick Connaughton、Kaitlynn Sommers、 Marko Sillanpaa、Jim Murphyが、契約ライフサイクル管理で、Gartner Magic Quadrantで表彰される。

読者は、ここでレポートの完全な無料コピーにアクセスすることができる: https://www.icertis.com/gartner-2021-leader-in-clm/

*MGI Research 2019:  https://www.mgiresearch.com/research/mgi-forecasts-contract-lifecycle-management-clm-total-addressable-market-tam-forecast-2018-2022/ 

Gartner免責事項* 

Gartnerは、研究出版物に掲載されたベンダー、製品、サービスを支持せず、最高の評価やその他の指定を持つベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに助言するものではない。Gartnerの研究出版物は、Gartonerの研究機関の意見で構成されており、事実の声明として解釈されるべきではない。Gartnerは、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関して、明示または黙示を問わず、すべての保証を拒否します。

Icertisについて 

比類のないテクノロジーと業界を先取するイノベーションにより、Icertisは契約ライフサイクル管理(CLM)の可能性を広げている。AIを活用したアナリスト検証型Icertis Contract Intelligence(ICI)プラットフォームは、組織の運営方法を定義する重要な契約情報を構造化し接続することで、契約を単なる書類から戦略的優位性のある資産へと変える。今日、世界で最も象徴的なブランドと破壊的イノベーターは、Icertisが、40以上の言語と90以上の国で、1兆ドルを超える価値のある1,000万以上の契約の権利と義務を管理することを信頼している。Icertisに関する詳しい情報はこちら www.icertis.com.

お問い合わせ先 
Liza Colburn 
Director of Corporate Communications, Icertis
CorpComm@icertis.com 

ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/1515204/icertis_Logo.jpg

ソース:Icertis

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ